Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年2月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

アクセス数(このカウンターは2015年8月1日にリセットされました。)

über ecSTATic
累積訪問者数:2,018,287
累積閲覧頁数:4,077,057
累積RSS数:1,374,097
累積Bots頁数:2,944,490
当頁累積閲覧数:15,190
昨日訪問者数:2,161
昨日閲覧頁数:3,917
昨日RSS数:1,585
昨日Bots頁数:3,582
直近5分以内の訪問者数:39


SIMフリーiPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデルの日米SIM対応表




結局、毎年、ここまで具体的に書かないと分からない人がいるので、何度も同じ説明をしたくないので、書きます。

参考:
iPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデル の周波数対応表 – 2015年9月9日
【最終結果】今年のiPhone 6s/iPhone 6s Plus最強モデル – 2015年9月27日

過去のモデルでの実績、筆者の経験と予想、人柱報告、の総合結果です。
注意:新しい事実がわかれば、予告無く変更することがあります。

      使用するSIM
iPhone 6s/
6s plus
モデル
技適
マーク
シャッター音
消音可否
ドコモ ドコモMVNO ソフトバンク
Y!Mobile
ソフトバンクMVNO
(将来)
KDDI au KDDI au MVNO
(mineo)
AT&T
AT&T MVNO
T-Mobile US
T-Mobile US MVNO
Verizon
Verizon MVNO
Sprint
Sprint MVNO
日本アップルSIMフリー版

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA

不可
(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(V)
X
(SS)
ドコモ版
SIMロック解除前

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA

不可
(1)
X X X X X X X X
ドコモ版
SIMロック解除後

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA

不可
(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(V)
X
(SS)
ソフトバンク版
SIMロック解除前

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA

不可 X X
(1)
X X X X X X
(SS)
ソフトバンク版
SIMロック解除後

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA

不可
(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(V)
X
(SS)
KDDI au版
SIMロック解除前

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA

不可 X X X X
(2)

(A)
X X X
KDDI au版
SIMロック解除後

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA

不可
(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(V)
X
(SS)
アメリカアップル公式SIMフリー版
2015年10月8日販売開始

6s A1633 CDMA
6s+ A1634 CDMA


(5)

(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(VP)
X(SP)
(SS)?
(検証要)
T-Mobile US版SIMフリー
(米アップルストア「Pay-in-Full」
またはSIMロック解除後)

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA


(5)

(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(V)
X
(SS)?
(検証要)
AT&T版SIMフリー
(米アップルストア定価で購入
またはSIMロック解除後)

6s A1633 CDMA
6s+ A1634 CDMA


(5)

(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(V)
X
(SS)?
(検証要)
Verizon版

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA


(5)

(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(VP)
X
(SS)?
(検証要)
Sprint版SIMフリー
(米アップルストア定価で購入
またはSIMロック解除後)

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA


(5)

(1)

(1)

(2)
X
(SA)
X
(ST)
X X(SP)
(SS)?
(検証要)
Sprint版SIMフリー、
かつ、
米国内SIMロック解除後

6s A1688 CDMA
6s+ A1687 CDMA


(5)

(1)

(1)

(2)

(A)

(3)
(〇)
(V)
X(SP)
(SS)?
(検証要)
香港版
シンガポール版
台湾版
オーストラリア版SIMフリー
ニュージーランド版SIMフリー
カナダ版SIMフリー
欧州版SIMフリー

6s A1688 GSM
6s+ A1687 GSM


(5)

(1)

(1)

(4)
X?
(検証要)

(A)

(3)
(〇?)
(V)
3Gは不可
(検証要)
X
iPhone 6s/
6s plus
モデル
技適
マーク
シャッター音
消音可否
ドコモ ドコモMVNO ソフトバンク
Y!Mobile
ソフトバンクMVNO
(将来)
KDDI au KDDI au MVNO
(mineo)
AT&T
AT&T MVNO
T-Mobile US
T-Mobile US MVNO
Verizon
Verizon MVNO
Sprint
Sprint MVNO
      使用するSIM


※ (1)⇒ 各社提供のAPN構成プロファイルをインストールする必要有り。
※ (2)⇒ Cellular Payload版のAPN構成プロファイルをインストールする必要有り。
※ (3)⇒ MVNOは手動でAPNを設定する必要有り。
※ (4)⇒ KDDI auの契約済みiPhone 6以上SIMで、VoLTEで通話は可能。LTEでデータ通信も可能。3G CDMAは不可。新規契約はたぶん不可。
※ (5)⇒ 既存のドコモ契約のiPhone SIMは使用可。新規契約ではspモード契約不可 新規契約でもspモード契約可になった。mopera U契約は可。
※ (A)⇒ AT&TのMVNOは、各社提供のAPN構成プロファイルをインストールする必要有り。AT&T/GoPhoneは、APN設定不要。
※ (V)⇒ SIMのアクチは出来ないが、既にアクチされているVerizonのSIMを挿入すれば3G/LTEで使用可能。
※ (VP)⇒ iPhone 6s/6s plusでVerizonプリペイドプランのSIMのアクチは出来ないが、既にアクチされているVerizonのSIMを挿入すれば3G/LTEで使用可能。Verizonポストペイドの契約は可能。
※ (SS)⇒ ソフトバンクのiPhone 6/6s/6 plus/6s plus用SIMで、アメリカ放題でSprint回線は使用可能。
※ (SA)⇒ ドコモ/ソフトバンク/KDDI auのSIMでAT&Tローミングは可能。
※ (ST)⇒ ドコモ/ソフトバンク/KDDI auのSIMでT-Mobile USローミングは可能。
※ (SP)⇒ Sprintポストペイドの契約は可能。

注意:Sprintはシリアル番号で回線接続を制御しているため、Sprint版またはアメリカ公式SIMフリー版以外はSprintで加入できないし、回線接続できない。ソフトバンクiPhoneは、アメリカ放題でSprint回線へ接続できる。
注意:「技適」マークの無いiPhoneを持ち込んでは、日本のキャリアショップではSIMを発行してもらえない。
注意:カメラのシャッター音の消音可否は本体(モデル、国バージョン)の問題であり、挿入するSIMやアクチするSIMには関係無い。
注意:Sprint版は、そのままではアメリカ国内SIM(AT&T、T-Mobile US、Verizon、および、そのMVNO)に対して「アメリカ国内SIMロック」。「アメリカ国内SIMロック」を解除してもらうには、Sprintのカスタマーサービスに申請する必要があります。
注意:CDMA版(日本SIMフリー版、Sprint版、Verizon版)にGSMキャリア(ドコモ、ソフトバンク、AT&T、T-Mobile US、およびそのMVNO)のSIMを挿入して使用し、その後にCDMAキャリア(KDDI au、Verizon、Sprint)のSIMを再度挿入して使用する場合には、CDMAキャリアのSIMを挿入したまま「設定 ⇒ 一般 ⇒ リセット ⇒ ネットワークのリセット ⇒ ネットワークのリセット」を行うか、それでもダメな場合には、CDMAキャリアのSIMを挿入したままiTunesでiOSの復元をする必要がある場合があります。











――<●>――
関連すると思われる記事:

9 comments to SIMフリーiPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデルの日米SIM対応表

  • […] 較 SIMフリーiPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデルの日米SIM対応表 http://blogfromamerica.com/?p=29496 iPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデル の周波数対応表 http://blogfro […]

  • tak

    はじめまして

    この度ハワイに行くことになり、色々調べているうちにたどり着きました。

    AU版iphone6s、iphone5sを所持しており、H2Oのsimが使えるとの情報があったため
    購入しようと考えています。

    H2Oのプランにデータ専用プランがBOLT 4Gという名称であるようなのですが、
    Tablet等にしか使えない記述もありました。
    https://bolt.h2owirelessnow.com/mainControl.php?page=index

    iphoneでの使用可否等情報ありますでしょうか?

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    H2Oの説明によれば、

    H2O BOLT 4G LTE
    Internet Anywhere, Anytime
    Experience lightning fast 4G LTE speeds with nationwide coverage. Take the internet on-the-go or activate your own tablet, iPad, smartphone and more to stay connected.

    [返信]

  • tak

    HP確認すればわかることでしたね。。すみません。
    日本の代理店に電話したときにWIFIルーターでの使用を前提にしてますと言われたので質問してしまいました。

    ありがとうございました。

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    H2OのBolt 4Gのサイト、わかりにくいですね。
    まあ、実際にやってみるまでは確信できませんが。

    [返信]

  • Yasuda

    iPhone 6Sの購入を考えています。

    現在H2OのSIMをiPhone5米国SIMフリー版に差して使っているのですが、iPhone6S Verizon版もしくはiPhone Upgrade Program版に今使っているSIM(H2O)をそのまま差して使うことはできるんでしょうか?

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    H2Oは、このページの表で「AT&TのMVNO(AT&T MVNO)」に該当します。

    また、iPhone Upgrade Program版も同じですが、iPhone Upgrade Program版は購入時にアメリカキャリア4社のどれかひとつとポストペイド契約が必要です。購入後にそのポストペイド契約のSIMを抜き取ってH2O SIMに差し替えるのは構いませんが、意味が無いでしょう。

    公式「SIM Free」版が先週末から発売されているので、iPhone Upgrade Program版を買うなら公式「SIM Free」版を買われたほうが良いと思います。(LTEバンドもひとつ多いし。)
    「アメリカ・アップルストアが公式SIMフリーiPhone 6s/6s Plusを販売開始。」
    http://blogfromamerica.com/?p=29598
    もしアメリカ在住で、公式「SIM Free」版の分割払いを希望であれば、かつ、その与信審査にパスすれば、公式「SIM Free」版も分割払いが出来ます。

    [返信]

  • tak

    Tmobile店頭で購入したiPhone 6s / 6s Plus は日本のキャリアで使用する事はできないのでしょうか?

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    SIMロック解除したら、使えます。
    「アメリカ携帯キャリアのSIMロック解除ポリシー、一覧」
    http://blogfromamerica.com/?p=25617
    の「■ T-Mobile US」参照。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>