Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


「T-Mobile USのカバレッジが大きく広がっている」ってのは、ポストペイド契約の場合。




昨日、T-Mobile USは「Lifetime Coverage Guarantee」で、新しくLTE Band 12が追加された新iPhone(iPhone 6s/6s Plus)ユーザーで電波のカバレッジに不満のある場合は、
 - 購入後30日は返金・返品可能、
 - T-Mobile USとの通信契約を解約し、他キャリアへ移る場合には、無料でSIMロック解除してくれて、さらに、解約月の料金を最大1ヵ月分無料にする、
という保証を約束することを、発表しました。

このときに一緒に出されたカバレッジマップですが・・・
これ、非常に誤解を招きますので、注意しておきます。
この地図のマジェンタ色で塗り潰されている地域は、実は、ローミングパートナーの電波も含まれて居ます。確かに、T-Mobile USとポストペイド契約すれば、これらのローミングパートナーの電波にも接続できます。しかし、プリペイドではこのローミングパートナーの電波には接続できません。

正確なT-Mobile USおよびローミングパートナーのカバレッジエリアの違いはT-Mobile USのCoverageページをアクセスし、地図をズームイン(拡大)してみれば、分かります。薄い灰色の地域はT-Mobile USの自社電波ではなく、ローミングパートナーの電波です。
【T-Mobile US】Coverage

プリペイドの現在のカバレッジエリア(つまり、T-Mobile USが実際に発信している電波のカバレッジエリア)は、以前よりは増えたとしても、以下の地図程度でしかありませんので、ご注意ください。特に、アラスカはT-Mobile USはプリペイドでは通話もデータ通信も、一切出来ませんよ。











――<●>――
関連すると思われる記事:

3 comments to 「T-Mobile USのカバレッジが大きく広がっている」ってのは、ポストペイド契約の場合。

  • やまゆう

    この前ハワイ島に行った時にT-モバイルsimを購入し(正規ショップなのにショップSIM代がなぜかタダ)、マウナケア近郊へ行きましたが、帰り道に携帯をふと見たらR表示でAT&Tにローミング接続していました。
    ローミングパートナーによってはプリペイドでも接続を許しているのでしょうか?

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    この記事を書く前にチェックしたのですが、詳しく書くと長くなるので、省略しました。
    1。プリペイド契約の場合、ローミングパートナーで「通話」ができるかどうかは、その地域とローミングパートナーの相手次第です。一概にどの基地局運営会社、とは言えません。(特にルーラル・エリア=過疎地では、小さな地域携帯会社がアラスカのように州政府などとパートナーを組んで、あるいは、補助金を貰って、基地局を運営している場合があります。)
    3-4年前にAT&TがT-Mobile US買収に失敗したときに、そのときの条件として、T-Mobile USがAT&Tの2G、または2G/3Gでローミングを継続する契約を交わしたことは、事実です。(2Gローミングは間違いないですが、そのときの契約が3Gローミングを含んでいたかは、私の記憶にありません。当時のT-Mobileの3Gの周波数がAT&Tの3Gの周波数と違うので、3Gローミングには合意していなかった可能性もあります。)
    2。もし、運良く、ローミングパートナーの電波を使える場合、データ通信に関しては、T-Mobile USのプリペイドに関しては以下の制限があります。
    (1)月$40以上のプランしか国内データローミングができない。Pay-as-you-goでは(たとえフィーチャーフォンでも)国内データローミングはできません。
    (2)月1GBプランでは、月10MBまでしか国内データローミングができません。
    月3GBと使い放題(Unlimited)プランでは、月50MBまでしか国内データローミングができません。
    (なぜか)月5GBプランでは、月100MBまでしか国内データローミングができません。
    http://prepaid.t-mobile.com/
    の下の小さい文字を良く読んでください。
    つまり、数日滞在の旅行者にも、長く滞在する人にとっても、ほとんどの場合、国内データローミングのバイト制限数は少ないので、実質的には役に立ちません。たまたま、T-Mobileの電波が一時的に切れるところでも、ある程度スムーズにデータ通信が途切れずに使えるかどうか・・・くらいの意味しかないでしょう。

    以上の理由から、T-Mobile USのプリペイド契約の国内データローミング、特に、データ通信の国内データローミングは、「実質的に役に立たない」という判断で、「四捨五入」して、「使い物にならない」という意味を含めて、このページの記事を書きました。

    [返信]

  • やまゆう

    t-モバイル公式サイトをよく見たらたしかにそうありました…
    正直プランを理解するのがやっとな私には小さい文字での注意書きを最初から読む気もなかったのが原因ですが…
    それでもこんな英語能力でもプリペイドなら会社側もとりっぱぐれがないし、こちらとしても後から高額請求なんてこともないので助かります。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>