Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間、RTDバス(公共バス)の乗り方




デンバー国際空港からボルダーに行くには、現在、4通りの方法があります。

1.タクシー ・・・ Metro Taxi(地元のタクシー会社)はボルダーまでの片道定額料金が$88.15(プラス、チップ)、距離45マイル(約72キロメートル)、乗車時間約50分。交通渋滞のときは有料高速道路を通ると早いが、追加料金約$10を徴収される可能性がある。タクシー乗り場は、メインターミナル外の「Island 1」、東ターミナルのドア507~511または西ターミナルのドア506~510の外。
 - 空港でタクシーが待っていれば、すぐに乗れる。
2.空港シャトル(Supershuttle、Boulder Green Ride)・・・ Super Shuttleは片道$30~41(プラス、チップ)、Green Rideは片道$30~36(プラス、チップ)。乗客の宿泊ホテルや自宅を順番に巡回して行くので、時間が掛かることがある。カウンターがメインターミナルの到着広場(空港内地下鉄から降りて、エスカレーターを上がったところ)にありますので、そこでチェックインして、あとは係員の指示に従ってください。
 - 乗客が一定人数集まるまで待つことがある。
3.公共バス(デンバー/ボルダーでは「RTDバス」と呼ぶ)・・・ 片道$9.00。(チップ不要。)ボルダー市内と、途中のバスセンターに停車する。乗車時間約1時間15分。そこからは別のバス、タクシー、徒歩で目的地へ向かう。
 - 基本的に1時間に一本。
4.レンタカー ・・・ 1日数十ドル。

ここでは一番コストの安い方法で公共バス(RTDバス)でデンバー国際空港からボルダー、またはその逆、に行く方法を書きます。

※ 赤い印は、デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間のバス停。

■ デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間、RTDバス(公共バス)料金

まずは、料金です。デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間のバス料金は、(2016年1月現在)片道$9.00です。
毎年1月2日に料金改定が実施されます。ここ数年は料金は上がっていません。料金はRTD-Denverのサイトで確認できます。
「Fares」で、「Skyride」の「DIA/Suburban」欄の料金がデンバー国際空港 ⇔ ボルダー(など郊外都市)間の片道料金です。
【RTD Denver】ホームページ

なお、65歳以上は半額(ID必要)、13歳以下も半額(ID不要)、5歳以下は無料。14-19歳は、学生の証明(学生証)が提示できれば半額。コロラド大学学生は、現在在学中であることを証明する学生証(授業料でEco Pass料金支払い済み)を見せると、$2.50(無料?)。

注意:アメリカのほとんどの市のバスの運転手は、どの路線でもお釣りを持っていません。現金を持っているバスの運転手は運行中に強盗被害に会う可能性があるため、それを未然に防ぐ為に、アメリカのバス運転手はお釣り用の現金を持っていません。
たまに「I need change.」と運転手に言うと、運転手が乗客全員に大声で、両替してくれるだけの小銭や小額紙幣を持っているお客さんが乗っていないかどうか聞いてくれますが、毎回そんな乗客が現れるとは限りませんので、期待しないでください。

RTD公共バス利用の場合は、料金きっちりの現金を事前に用意するか、乗車前にRTDの有人駅の窓口か自動券売機でチケットを購入するか、空港内売店などで両替をするか、小物を買ってバス代きっちりを手元に用意してください。
デンバー国際空港内ではメインターミナルの、空港内地下鉄を降りてエスカレーターで地上階へ上がったところの広場の階(5階)から、それを挟んで両側にあるセキュリティ・エリアのWestin Hotel側(壁に大きなアメリカの国旗が吊り下げられている側)のガラスドアを外に出て、すぐ目の前にあるエスカレーターを降りたところに、Transit Centerがあります。
エスカレーターを降りた(確か、左側)にRTDの有人ウィンドウがあるので、ここでRTD Daypass(regional/airport)$9、または、Daypass(regional/airport)5枚綴り(往復、または、数人で片道使用)$45のチケットが購入できます。
または、エスカレーターの両側にある自動券売機でも$9 Day PassまたはAirportチケットが購入できます。(どちらでも同じく使えます。)現金で$9を用意しても良いですが、バスの運転手はお釣りを持っていないので、お釣りの無いようにきっちり金額を揃えてください。(または、自動券売機を使ってチケットを買ってください。)
デンバーRTD(公共バス、電車)のチケットの買い方 – 2016年5月6日

自動券売機の片道Airportチケットは、発券から3時間有効です。Day Pass(一日乗り放題)は、翌日午前2時59分まで有効です。

※ 同じく、有人RTD駅、スーパーマーケットのKing SoopersまたはSafewayのカスタマーサービスのカウンターでは、同じDaypass(regional/airport)$9、または、Daypass(regional/airport)5枚綴り(往復、または、数人で片道使用)$45のチケットを購入できます。
デンバー国際空港から乗る場合や、市内を同じ日に往復でバスや電車を利用する場合には、現金で払うオプションの他に、Day Passチケットを使用することによって、乗り継ぎも可能だし、その日の他のバスや電車の利用も追加料金無しで可能になるので、お得です。

運転手が荷物(スーツケースなど)の出し入れをしてくれますが、一応、バス運転手は「公務員」とみなされていますので、チップは不要です。(契約バス運転手派遣会社が運行している場合も多いですが・・・)ただし、乗客の中には荷物を受け取るときに$1-3(平均$2)のチップを運転手にあげる乗客も居ます。

■ デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間、RTDバス(公共バス)の運行時間とスケジュール

ボルダーから空港行きは午前3時から午後11時頃まで基本的に1時間に一本、空港からボルダー行きは午前4時台から24時台まで1時間に一本の割合で、運行しています。
詳しいスケジュールは
【RTD Denver】ホームページ
のSchedulesでチェックしてください。デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間のバスはSkyride「AB」または「ABA」です。
スケジュール表で、「Eastbound」はデンバー空港行き、「Westbound」はボルダー行き、です。

ボルダーから空港へ向かう場合は、飛行機出発時刻の3時間前にボルダー市内を出発するバスに乗ってください。


空港のバス出発ターミナルにはスケジュール表が張ってあります。

■ デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間、RTDバス(公共バス)は、どこで乗るの?

デンバー国際空港のRTDバス乗り場は、隣接するWestin Hotelとの間の下の一階のTransit Centerになります。
バスは出発時刻の5分前に発車ホームに来ます。

デンバー国際空港内ではメインターミナルの、空港内地下鉄を降りてエスカレーターで地上階へ上がったところの広場の階(5階)から、それを挟んで両側にあるセキュリティ・エリアのWestin Hotel側(壁に大きなアメリカの国旗が吊り下げられている側)のガラスドアを外に出て、すぐ目の前にあるエスカレーターを降りたところに、Transit Centerがあります。



エスカレーターを降りた(確か、左側)にRTDの有人ウィンドウがあるので、ここでRTD Daypass(regional/airport)$9、または、Daypass(regional/airport)5枚綴り(往復、または、数人で片道使用)$45のチケットが購入できます。
または、エスカレーターの両側にある自動券売機でも$9 Day PassまたはAirportチケットが購入できます。(どちらでも同じく使えます。)現金で$9を用意しても良いですが、バスの運転手はお釣りを持っていないので、お釣りの無いようにきっちり金額を揃えてください。(または、自動券売機を使ってチケットを買ってください。)
デンバーRTD(公共バス、電車)のチケットの買い方 – 2016年5月6日




自動券売機の片道Airportチケットは、発券から3時間有効です。Day Pass(一日乗り放題)は、翌日午前2時59分まで有効です。

エスカレーターを回り込んで反対側に、バスの発着所があります。

ボルダーは、Walnutと14th Streetのバスセンターのビル内発着場、

または、以下のバス停です。バス停に「AB」の文字が書いてあるかどうか、確認してください。(書いていなければ、空港行きバスは停車しません。)
 - Broadway & University Avenue(コロラド大学前)
 - Broadway & College Avenue(コロラド大学前)
 - Broadway & Euclid Avenue(コロラド大学前)
 - Broadway & 20th Street(コロラド大学前)
 - Broadway & Baseline
 - Broadway & 27th Street(商務省ボルダー研究所前)
 - Broadway & Dartmouth
 - Table Mesa Drive & 39th
 - Table Mesa & Tantra Dr
 - Table Mesa(US36)(駐車場の建物がある側)

■ デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間、途中停車と、所要時間は?

デンバー国際空港 ⇔ ボルダー間のバス、「AB」または「ABA」は、急行バスです。デンバー空港を出発すると、途中、Flatiron Crossing、McCaslin(Louisville/Superior)の各Park’nRide(駐車場付きバス停)に停まり、その後、Table Mesa Park’n Ride以降は前節に書いたボルダー市内のバス停に、降車希望者があれば、停車します。

「空港行き」も同様に、ボルダー市内はTable Mesa Park’n Rideまで各駅停車、その後はMcCaslin(Louisville/Superior)、Flatiron Crossingrに停車し、その後は空港ターミナルです。空港ビルでは1ヵ所(1階のTransit Center)に到着します。

所要時間は、ボルダーダウンタウンのバスセンターまで、または、同バスセンターから、片道約1時間15分です。
ボルダーから空港へ向かう場合は、飛行機出発時刻の約3時間前にボルダー市内を出発するバスに乗ってください。

これから出発する場合には、Transit Centerには預かり荷物チェックインカウンターがありますので、すぐに荷物は預けてしまいましょう。

その後、エスカレーターで5階到着ロビーへ。

チェックインの必要な人は更に一階上がって、6階出発ロビーの各航空会社カウンターへ行ってください。

■ スーツケースなどの大型荷物は、どうするの?

バスに乗車する前に、運転手がバスの車体下部の荷物室に入れてくれて、到着したら、出してくれます。
荷物を積んでもらうときに、運転手が「どこで降りるか」を聞きます。それによって、どの荷物室に荷物を分けて入れるか、決めるためです。聞かれたら、降車するバス停の名前を言えるようにしてください。終点であれば、「Boulder Transit Center」、「Boulder Downtown」または「Boulder Bus Center」で結構です。

■ RTDバスの料金の払い方

料金は、先払いです。
バスに乗車する際に、運転席横の運賃箱に、紙幣またはチケットはスロットに横から差し込んで投入します。コインはその左横に投入口があります。

Day Pass(1日乗車券)を利用する場合は、Day Passチケットを運転手に見せるだけでよいです。(運賃箱にはDay Passチケットを入れないでください。)ただし、Day Pass回数券を最初にバス乗車で使うときには、Day Pass回数券をバス運転手に見せて、「Day Pass、Please」を言って、それからDay Passを運賃箱の右横のスロット(紙幣を投入するスロット)に入れてください。バス運転手から日付けスタンプの付いた実際のDay Passを受け取ってください。


また、乗るときにステップの右側に非接触型ターミナルがありますが、これは所謂「定期券」利用で地元住民で頻繁に利用する人のためのSmart Card用なので、旅行者には利用するシステムやチャンスは全くありません。


■ 無料乗り継ぎ(Transfer)チケットをリクエストする

※ 2016年から乗り継ぎチケットのシステムが変わります。わかり次第、追記します。

料金を払うときに運転手に「Transfer、Please」というと、乗り継ぎチケットをもらえます。
この乗り継ぎチケットはパンチ穴が押され、その時刻(発券から3時間以内)まで別の路線に無料で乗り継ぐことが出来ます。
(ただし、もちろん、同じ路線の反対方向バスには乗れません。)
乗り継ぎ後の路線の料金のほうが高い場合には、差額を支払う必要があります。
したがって、別のバスに乗り換える予定の人は、料金を払うとき(=乗車するとき)に運転手にTransferチケットをリクエストしてください。
Transferチケットは乗り継ぎのバスに乗るときに運転手に見せて、指示に従ってください。(最終的には料金箱に入れるのかな?・・・一度やったことあるけど、数年前のことなのでそのときどうしたか忘れました。)


もちろん、空港行きではTransferチケットのリクエストは意味無いし、有り得ないですね。

■ RTDバス、降りたいバス停の前で運転手に知らせる方法

始発駅で乗車し、終点で降りる場合は問題ありませんが、途中のバス停で降りたい場合は、次の方法で運転手に知らせます。特に、空港とTable Mesa Park’nRideの間は無条件に全部停車しますが、Table Mesa Park’nRide以降のボルダー市内で、終点以外で降りるときは、必ず降車の意思を運転手に知らせてください。

RTDバス内には窓の中ほどにロープが張られています。これを下に引っ張ると、「次のバス停で降車」の石のあることを運転手に伝え、


バスの前方上のところに「STOP REQUESTED」という文字が表示されます。

新しいバスの場合には、ロープの代わりに、窓の下に黄色いバーが付いているバスがあります。この場合は、この黄色いバーを手で押します。

■ ボルダーダウンタウン到着後の、ホテルまで行く方法

徒歩、または、別のローカル路線バス。
ボルダーダウンタウンのホテル(Boulderado Hotel、St Julien Hotel)は、徒歩で行けます。
ボルダー市内ではタクシーは基本的に流していないので、到着したバス停でタクシーを捕まえるのはほぼ不可能(タクシー会社に電話して、呼べば、別)と考えてください。
ボルダー市内は、Yellow Cab Boulder (電話 (303) 777-7777)が車は多いです。

もし、ボルダーで誰か地元の人に迎えに来てもらうのであれば、ボルダー市内の最初のバス停である「Table Mesa(テーブルメサ)Park’nRide」が、迎える人の駐車場もあるので、便利です。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>