Rebel Micro SIMファームウェアを更新してみました


- Old Counter



Rebel Micro SIMアダプター、使い物にならない。 – 2011年5月5日
の続報です。

Rebelサイトにv4ファームウェアのアップデートがあるので、期待はしていなかったのですが、せっかくSIM Programmerも持っているし、試しにRebel Micro SIMのROMを更新してみました。
http://rebelsimcard.com/downloads-en.html

事前の予想としては、おそらく今出荷されているのは最新のファームウェア(v4)を搭載しているものだろうし、ROMを入れ替えてもなんら改善されないだろう・・・とは思ったのですが、せっかくSIM Programmerも持っているし、うまくいかなくとも、持っているSIM ProgrammerがRebel Micro SIMに使えるかどうかの確認と、次のファームウェア更新の事前練習と手順の確認になる・・・と思って、やってみることにしました。


Rebelで販売しているSIM Programmerは2種類あります。

4.99ポンド(送料別)の低価格版のSIM Lite Programmer (pKey Reader/Write  ⇒ 他でも買える。)

39.99ポンド(送料別)のRebel Pro Full Size Programmer & Rebel Full Size Professional SIM Adaptor

なお、後者は別売の2.99ポンド(送料別)のRebel SimCard Professional SIM adapter が一枚付属してきます。

どちらも標準SIM用なので、マイクロSIM下駄をこれらにうまい具合に嵌めるのがなかなか大変でした。

結論から言うと、USBスティック型のSIM Lite Programmerでは、Rebel Micro SIM下駄のSIMの金属部分との接触ががなかなか旨く合わせられず、ファームウェアの更新作業へ進みません。また、薄っぺらなフィルムのRebel Micro SIM下駄を挿入途中に曲げて損傷させてしまう恐れもあります。

OmniKey CardMouse(Rebel Pro Full Size Programmer)にRebel Full Size Professional SIM Adaptorを使って、何回かのトライの末、旨くいきました。

そして、最後の結論は、・・・
V4 Firmwareに更新しても、SIMロック解除の状況は同じです。(SIMロック解除ができません。)
「機内モード(Airplane Mode)をオンにする」ところまでは順調に進むのですが、そのあと、SIMのキャリアの電波をまったく拾ってくれません。「No Service(圏外)」になります。
まあ、更新前のFirmwareも多分v4だったと思うので、ROM内容は新しくなっていないであろうとは、想像されます。

■ファームウェアのダウンロード

Rebelのダウンロードページ
http://rebelsimcard.com/downloads-en.html
にアクセスします。
サイトにログインしないとダウンロード出来ないようになっています。
画面右上の「Sign in」をクリックし、

購入時に登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「Sign in」をクリックします。

「Rebel Micro Sim V4 Flashing Software (Rebel_Micro_simcard_v4_firmware.zip, 975 Kb) 」の右横の「Download」をクリックします。

圧縮(ZIP)ファイルをダウンロードします。

ダウンロード後、ZIPファイルを解凍しておきます。

■Rebel SIM下駄をProgrammerにセット

Rebel SimCard Professional SIM adapter のSIMホルダーを(写真では)左へ少し指で押し、

SIMホルダーの蓋を上に上げます。
SIMホルダーの蓋のヒンジの部分は非常に細いプラスチックで出来ており、デリケートにやらないと簡単にヒンジが壊れてしまうので、注意してください。

SIM下駄がフィルム製で薄いので、SIMアダプターの基盤の接点にSIM下駄の接点を押さえておくのに、プラスチック製の「SIM押さえ」が必要です。
一緒に付いてくるプラスチック製の「SIM押さえ」を、SIM下駄のIC部分の出っ張りにあわせて、切っておきます。(ICの出っ張り部分は、「SIM押さえ」に当たらないようにしないといけない。)

「SIM押さえ」を、Rebel SimCard Professional SIM adapter のSIMホルダーの蓋に差し込んでおきます。

Rebel Micro SIM下駄をRebel SimCard Professional SIM adapter のSIMホルダーの下(基盤側)のほうに、IC部分を上向きにして、SIMの接点を合わせて固定します。
そのSIMホルダーは標準SIM用なので、マイクロSIMサイズのRebel Micro SIM下駄を固定して、しかもSIMホルダーの蓋を閉じる際にそれを動かないようにするのは、まず、不可能です。
何度も試した結果、ご覧のように、スコッチテープ(セロハンテープ)でSIM下駄を基盤に軽く張り付けることにしました。

SIMホルダーの蓋を閉じて、指で右に少し移動し、蓋をロックします。

SIM Programmerに基盤を差し込みます。

PCのUSBポートにSIM Programmerを接続します。

■ファームウェア更新ソフトのインストール

ダウンロードしたファームウェア更新ソフトを解凍し、実行します。

「Next >」ボタンをクリックします。

インストール先のフォルダーの確認です。もう一度「Next >」ボタンをクリックします。

スタートメニューのショートカット名の確認です。もう一度「Next >」ボタンをクリックします。

「Install」ボタンをクリックします。

ファームウェア更新プログラムのインストールが始まります。

インストールが終了しました。

■ファームウェアの更新

PCのUSBポートに、Rebel SIM下駄を装着したSIM Programmerを繋げ、インストールしたファームウェアアップデートプログラムを実行します。
「WRITE CARD or READ NETWORK FROM SIM CARD」バーをクリックします。

ProgrammerとRebel SIM下駄が認識されれば、新しいファームウェアの書き込みが始まります。

数秒で書き込みが終了します。SIM下駄を取り外します。

USB SIM Programmerや、SIM下駄の認識に失敗すると、ファームウェアの書き込みが始まらず、エラーメッセージが表示されます。











――<●>――
関連すると思われる記事: