Google Project Fiの「未使用データ分」割引適用請求書が届いた。




T-Mobile US、Sprint、WiFi回線を自動的に切り替えて利用できるGoogle Project Fiの2ヵ月目の請求書が届きました。
これには、先月分の未使用データ分の割引が計上されています。

ちなみに、筆者はメインラインは15年近く継続して使用しているSprintをiPhone 5sで使用。(早く変えたいが、ファミリープランに州外の息子がまだ一人入っているので、面倒なので変えていない。)日々持って歩いているサブはAT&TのiPhone 6。
そして、当然このようなブログサイトを書いていますから、VerizonをiPhone 5cとポケットWiFiで、T-Mobile USをiPhone 5sとポケットWiFiとiPad Air 2で契約していますが、iPad Air 2以外はこちらの使用頻度はほとんど無いです。

それに2015年7月初めにNexus 6(北米版)でGoogle Project Fiに加入したわけですが、いつもかばんの中に入れて持ち歩いてはいるものの、使用頻度は殆どありません。

当然、7月のデータ使用量は0.124GB(約124MB)。

契約したプランは「基本料金($20=アメリカ国内通話・テキスト使い放題) + データ通信1GB($10)」でしたので、未使用分は0.876GB。
クレジット(リファンド)は、未使用分0.001GB(約1MB)に付き、$0.01の返金。つまり、先月のリファンドは$8.76です。

このリファンドは、今月の料金に適用されます。
先月は税込み$34.22だった料金が、今月は$8.68低い$25.54です。

え?未使用データ分のリファンドは$8.76なのに、今月の請求書は$8.68しか下がらない?
差額の$0.08は、今月の請求書で税金類が$0.08増えたからですね。

まあ、
 - WiFiを出来るだけ多く使って、セルラー通信を使用しなければ、2ヵ月目からは「$20、プラスアルファ、プラス諸税」で継続できる、
ってことと、
 - 未使用データ分の返金は0.001GB(約1MB)ごとに$0.01だ、
ということが確認できました。

今月のGoogle Project Fi請求メール

Google Project Fi請求書明細
明細には、テザリングの明細も別途付いてくるのね(先月はテザリングしていないけど・・・)











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です