Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


【備忘録】アメリカの連邦政府系通訳資格リスト


- Old Counter



以下、備忘録としてアメリカの連邦政府系通訳資格リストをまとめます。

筆者は通訳を続けたとしても、せいぜいあと10年くらいしか出来ないだろうと思っているので、厳しい連邦政府の資格取得をトライするつもりは(NLSC以外は)無いですが、若い人でアメリカ国内でのプロ最高レベルの通訳を目指す人は、目標の一つにしてください。

なお、今後も新しくわかれば、追加していきます。

■ 連邦裁判所認定法廷通訳者

連邦法廷通訳者は連邦法廷関連の裁判、または、証人喚問、などに派遣される通訳者です。連邦法廷通訳者には3つのレベルがあり、
● Certified interpreters
● Professionally qualified interpreter 
● Language skilled interpreters
があります。

Certified interpretersはスペイン語、ナバホ(インディアン)語、ハイチ・クレオール語(Haitian Creole)の3言語のみで、資格を取得するためには口頭試験も合格する必要があります。日本語通訳者でこのレベルの通訳者は、存在しません。

Professionally qualified interpreterは、上記3言語以外の全ての言語で資格を与えられます。Department of State Seminar Interpreter(同時通訳)通訳テストに合格したのと同等の通訳スキルを要求されます。
日本語通訳者では連邦裁判所レベルで、取得出来る最も高いレベルです。

Language skilled interpretersは、Certified interpretersまたはProfessionally qualified interpreterの条件は満足しないが、連邦法廷で通訳として許可されるレベルの人。日本語通訳者でも取得出来ます。

なお、各通訳レベルの通訳料は、
● Certified interpreters (1日$412、半日$223、オーバータイム$58/時)
● Professionally qualified interpreter (1日$412、半日$223、オーバータイム$58/時)
● Language skilled interpreters (1日$198、半日$109、オーバータイム$34/時)

【United States Courts】FEDERAL COURT INTERPRETERS

■ アメリカ合衆国国務省(Department of State)認定通訳者

合衆国国務省(Department of State)のOffice of Language Servicesには、3つのレベルの通訳認定試験があります。
● Conference Interpreters
● Seminar Interpreters
● Liaison Interpreters

それぞれ、
● Conference Interpretersは、国際会議の同時通訳または逐次通訳を出来るレベル。ホワイトハウス、国務省の主要会議、その他の連邦機関のトップ国賓レベルの参加する会議、などで通訳します。同時通訳はブースで行うことが多いです。
● Seminar Interpretersは、非公式(インフォーマル)な場での同時通訳や逐次通訳が出来るレベル。国務省のInternational Visitor ProgramやBureau of Educational and Cultural Affairsのセミナーなどでの通訳を担当します。同時通訳は、モバイルのマイクとヘッドフォンを使って行うことが多いです。
● Liaison Interpretersは、逐次通訳が出来るレベル。

応募するとワシントンDCに招待され(旅費は自費払い)、インタビューと試験を受けます。

国務省Seminar Interpretersに認定されると、連邦裁判所認定法廷通訳者Professionally qualified interpreter資格に申し込み出来ます。

【United States Department of States】Under Secretary for Management » Bureau of Administration » Office of Language Services » Information for Freelance Linguists » Interpreting

■ その他のアメリカ連邦省庁の通訳者

上記以外にも各連邦省庁で別途、通訳を募集していることがあります。ただし、省庁が個人的に通訳者を雇うわけではなく、省庁が通訳エージェントを通訳サービス業者として認定し、通訳サービス業者が資格のある個人を「下請け」として雇う場合も有ります。

例:Social Security Administration、Department of Homeland Security
募集は、連邦政府機関と契約を締結した各通訳エージェントが行います。

上記3種の連邦レベルの通訳者は、それぞれのレベルに応じた「連邦セキュリティーチェック(バックグラウンドチェック)」を通過しないといけません。

NLSC(National Language Service Corps)

応募にはアメリカ市民権を必要とし、特にアメリカ軍、FBI、警察機関、またはそれに関連した機関からの要請に応じて、通訳を派遣する連邦機関です。アメリカ国外からの同等機関の訓練や訪問、会議、などに雇われます。

【NLS Corps】Home

■ 国連通訳者

国連(United Nations)に雇われ、国連の総会などで同時通訳する通訳者。
残念ですが、国連の公式言語は英語、アラビア語、中国語、フランス語、ロシア語、スペイン語、のみ。日本語は入っていません。したがって、国連本部に雇われる公式日本語通訳者ポジションというものは、存在しません。
また、基本的に国連公式言語6ヵ国語のうちの3ヵ国語を話すことが要求されます。当然、口頭試験があります。

国連で日本語通訳が必要な場合には、当該依頼部署から、一般のフリーランス通訳者に依頼されます。 よって、国連で日本語通訳したかったら特に資格は無いものの、依頼が来るようにハイレベルの国際会議同時通訳の経験を積み、日頃から質の高い通訳サービスを提供することです。

【United Nations】Language Carriers - Interpreters











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>