ウェアラブル・ビデオカメラのParaShoot、ファーストインプレッション。


- Old Counter



昨年春にクラウド・ファンディングを募集していたウェアラブル・ビデオカメラのParaShoot、今年(2015年)1月初めからやっと出荷開始。筆者の手元にもシンガポールから1月28日配達されました。

ParaShootホームページ

出資時は$139、現在の価格は$189です。

高級感のあるパッケージ外観ですが、


まあ、「こんなもんだろう」という内容。
首に吊ったり、クリップで衣服などに留めたり、磁石で金属版に付けたり、車窓マウント、といくつかのマウント・アクセサリーが付いてきます。
プラス、マイクロUSBケーブル。
※ 初期出荷分は、磁石マウントの片側の接着剤が弱く、外れています。この問題は、メーカーも認識済みです。プラスチック用接着剤で自分で付けます。

そして、カメラ本体表に付けられる、裏に接着テープの付いた何枚かの「スキン」。

本体のサイズは、36mmx52mm、厚さ15mm。重さは42.5グラムです。
連続バッテリー使用時間は、連続ビデオ撮影で約2時間くらいですね。

これを他の静止画像専用ライフログ・カメラ、Narrative Clipと比べると、

ParaShoot Narrative Clip
撮影モード 静止写真
連続ビデオ
タイムラプス(5秒に1枚~1時間に1枚、可変)
タイムラプス(30秒に1枚)
静止写真
メモリー 64GB MicroSDXCまで 内臓8GBメモリー、4000枚
連続バッテリー使用時間 連続ビデオで約2時間 2日
画像保存 マイクロSD/SDXCカード
スマホへダウンロード
PC保存
クラウド保存
WiFi WiFi  
センサー   GPS
加速度計
Magnetometer
イメージセンサー
アプリ iOS/アンドロイド
リアルタイム画像モニター
シャッター
撮影済み画像閲覧(直前撮影を含む)
設定変更
iOS/アンドロイド
アップロード済み画像閲覧
サイズ 36mmx52mmx15mm
42.5グラム
36mmx36mmx9mm
20グラム

連続バッテリー使用時間や約2時間で短いですが、充電中も撮影を継続可能なので、車のシガレットライターソケットや、スマホ充電用外付けバッテリーで充電しながら撮影時間を長くすることが出来ます。

こちらはParaShoot本体のカメラ側の写真。

裏にはマイクロSDカード挿入スロット。SDXC 64GBまで使用できます。
 

横には充電のためのマイクロUSBポート、静止写真撮影ボタン(中ほど)と、ビデオ撮影ボタン(下)

下部には電源スイッチ、

上部にはアダプターのスロット。

クリップや、車装マウントが付けられます。
 


スマホへの接続は、ParaShootが発するWiFiへ接続。

ParaShootアプリを起動し、


iPhone/アンドロイド画面で映像モニターできます。

設定メニューでは、タイムラプスの間隔を5秒から1時間まで設定可能です。
 

タイムラプス撮影時間(撮影の長さ)も設定可能なので、一定時間撮影したら、撮影が終了するように事前設定できます。
 

静止写真の解像度は 12メガピクセル(4000×3000)、8メガピクセル(3264×2448)、5メガピクセル(2592×1944)での撮影


ビデオの解像度はFHD 1080p 30fps、HD 720p 60fps、HD 720p 30fpsの撮影が可能です。


「静止画像ではあるものの、連続電池使用時間が2日間ある」Narrative Clipとは用途を区別する必要はありますが、これはこれで、GoProよりは安く、小型で、使えるかな、と思います。
Narrative Clipは一日付けっぱなしで、忘れてしまえる。ParaShootは、撮影したいときに起動する必要がありますね。

※ WiFi内臓のNarrative Clip2が待ちどうしいです。











――<●>――
関連すると思われる記事:

  • 関連すると思われる記事が見付かりませんでした。