Net10とStraightTalkのブランドで「Unlimitedデータ」月極めプランを提供しているTracfoneが、不透明広告でFTC(公正取引委員会)から4000万ドルの罰金。


- Old Counter



Net10のブランドで「月$50 Unlimited」プラン、StraighTalkのブランドで「月$45 Unlimited」プランを提供している、アメリカのプリペイド携帯会社Tracfoneが、本日(2015年1月28日)、アメリカのFTC(公正取引委員会)により「虚偽/不透明広告」で4000万ドルの罰金を課されました。

両ブランドともに「通話・テキスト・データ使い放題」プランを2012年2月または3月から、SIMオンリーの「Unlimited」プランを提供しています。(Unlimitedプラン自体は、2009年から販売開始。)しかし、当初は高速データ使用量の制限が明記されていなく、データを多く使用する利用者が突然Net10/StraightTalkからテキストや電話を受けてデータ通信を止められたり、速度制限されるトラブルが、ネット上で報告されていました。

同様な「Unlimitedデータ・・・ただし、xxギガバイト以上は請求月末まで速度制限。」というプランは、T-Mobile USのプリペイド/ポストペイドプラン、H2O Wireless、最近ではAT&T GoPhoneでも提供されています。Tracfone傘下のNet10、StraighTalk、2012年6月にTracfoneが買収したSimpleMobileの場合は、この帯域(速度)制限となるデータ使用量が明記されておらなかったことが問題で、利用者は何の理由もわからず、突然「データ使用量が多く、乱用している」と宣言されて、データ通信がカットオフされたことにあります。

ユーザーの非難に答え、StraightTalkおよびNet10は2013年9月からデータ速度制限が対象となる通信量条件を公表(1.5GB~2.5GBなど)しましたが、FTCの発表によると、これらの表記が必ずしも加入者にわかるようにはっきり明記されていない、というのが今回の苦情のポイントです。

現在のところ、StraihtTalkもNet10も月3GBで速度制限と明記されています。また、Net10は高速データバイト数に応じて月$40(500MBまで高速)~$75(5GBまで高速)までのプランも用意しています。

Tracfoneが支払う4000万ドルの罰金は、影響を受けた利用者に還元されます。
2015年1月1日以前(2009年7月9日~2014年12月31日)にStraight Talk, Net10, Simple Mobile, Telcel AmericaのTracfoneグループのUnlimitedデータプランに加入したことのある利用者は、FTCの以下のURL
【FTC】Straight Talk, Net10, Simple Mobile, and Telcel America Refunds
Prepaid Phone Refundクレーム申請サイト
にアクセスし、自分の住所氏名と、Unlimitedデータ通信プラン加入時の電話番号と加入期間(後者は推測で良し)を入力することで、この集団訴訟の示談が法廷に認可された後に、和解条件に基づいてリファンドが送られてくる予定です。

なお、Tracfoneは罰金の課金は認めているものの、各加入者に対する返金条件が決定されるまではまだまだ数ヶ月は掛かると思われます。リファンドのクレームを入力しても、実際の返金までには数ヶ月掛かるでしょう。金額も、1ヶ月あたり数ドル(一桁)と、少ないと思われますが、数ヶ月以上の期間にわたって長期的に加入した方は、リファンドをリクエストする意味があると思います。

FTCのプレスリリース:
【FTC】Prepaid Mobile Provider TracFone to Pay $40 Million to Settle FTC Charges It Deceived Consumers About ‘Unlimited’ Data Plans - 2015年1月28日
【FTC】Tracfoneとの公式和解ドキュメント - 2015年1月28日











――<●>――
関連すると思われる記事: