Verizon、AT&T、T-Mobile USの2014年第3四半期結果


- Old Counter



T-Mobile USは本日(2014年10月27日)、ニューヨーク株式市場終了後に2014年第3四半期業績を発表。これで、既に2014年10月21日に四半期業績を発表しているVerizon、翌2014年10月22日に発表しているAT&Tと、3大キャリアの四半期業績が発表となりました。残るSprintは、2014年11月3日のNY市場終了後に発表する予定です。

以下、3社の業績ハイライトです。

Verizon(ワイヤレス部門)
 - 当期ポストペイド加入携帯純増 45万7000回線
 - 当期ポストペイド加入タブレット純増 105万9000回線
 - 当期プリペイド加入純増 9000回線
 - 当期合計純増 152万5000回線
 - 期末加入者総数 1億620万回線 (うち、1億10万回線がポストペイド、510万回線がプリペイド)
 - 20MHz+20MHz Band 4 LTE (XLTE)は、Verizonの500マーケット(都市)中、400マーケットに拡大。
 - 端末代インセンティブ無しの分割払い(Verizon Edgeプログラム)で端末を買っている人は、加入者全体の12%のみ。

AT&T(ワイヤレス部門)
 - ポストペイド加入携帯純増 35万1000回線
 - ポストペイド加入タブレット純増 43万4000回線
 - IoT(Connected Device)純増 127万5000回線 (うち、50万回線はConnected Car)
 - プリペイド加入純減 14万回線
 - MVNO経由の加入純増 8万7000回線

T-Mobile US
 - ポストペイド加入携帯純増 120万回線
 - ポストペイド加入タブレット純増 20万回線
 - プリペイド加入純増 41万1000回線
 - 当期合計純増 230万回線(うち、181万1000回線はT-Mobileブランド、48万9000回線はMVNO。)
 - 期末加入者総数 5300万回線
 - LTE人口カバー2億5000万人(80%弱)、2015年末までに3億人カバー(95.6%)
 - 15MHz+15MHz、20MHz+20MHz ワイドバンド(高速)LTEへの拡張を継続
 - 700 MHz A-Block (Band 12)と1900 MHz (Band 2)のLTE導入を急ぐ

参考:
Sprint
 - 前期(2014年6月末)現在の加入者総数 5460万回線 











――<●>――
関連すると思われる記事: