Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



Gevey Pro(新)版、同時に2枚のSIMが使えるiPhone4用ジャケット、iPhone 5の話題


- Old Counter



■ iPhone 4のSIM解除用Gevey SIM下駄の正式販売代理店AppleNBerryで、新しい改良版のGevey Proの製品案内が出ています。
2011年4月16日に更新されたらしい。
http://applenberry.com/store/gevey-sim/gevey-sim-pro.html

改良点は、
•更に安定
•マイナー・バグ修正
•より多くのSIMとの互換性
だそうです。

掲載3週間でアクセス数7780を超えた「Geveyの使用法」ページの責任を感じて、本日、注文しましたので、届いたらGeveyオリジナルとの違いも含めて、報告します。

しかし、たった1ヶ月で、オリジナル版$70が、どうして改良版$35に値下がりすんの!?

■ Rebel Micro SIMは、筆者にもまだ届いていませんし、発送メールも来ていません。

筆者は2011年3月28日に注文しました。

■ そのRebel(英国Solutions Point Limited社)ですが、数日前に彼らのホームページで気がつきましたが、また、面白いものを作りましたね。

同時に2枚のSIMが使えて、同時にその2つの電話番号で着信・発信できる、iPhone 4用ジャケットです。

Rebel iPhone 4 2Phone Dual Standby SIM Case


要は、このジャケットが2G GSMクアドバンド(850/900/1800/1900MHz)対応の携帯電話になっていて、それをiPhone4にガッチャンコさせて使うというもの。
つまり、2台の携帯(うち、ひとつはiPhone 4)をくっつけて持っているようなもの。

残念ながらこのジャケットは2Gしか対応していませんから、日本国内では使っても意味無いですね。
しかし海外出張を頻繁にする人は、自国(例:日本のソフトバンク)のiPhone 4に自国のSIMを入れておいて本社からの電話を待機し、ジャケットの方に現地SIMを入れて現地の連絡は格安の現地SIMで(かつ、現地の電話番号で)する・・・ということが出来ますね。
しかも、この使い方ならiPhone 4はSIMロック解除されている必要はありませんね。(多分、です。確認はしていません。)
「iPhone 4 本体とジャケットの2G GSM電話とを制御するアプリ」をインストールするために、iPhone 4はJailbreak(脱獄)はする必要がありますが。

面白いガジェットだけど、149.99ポンド(約247.84USドル、約20284円)は高い。
まあ、2G GSM携帯を一台買うのと同じことだから、仕方が無いか。

ただ試すだけには、高いなぁ。

追記:
iPhone 4用同時着信デュアルSIM装置、2Phoneを使ってみた – 2011年9月19日
参照。

■ 昨日はロイターの報道「iPhone 5は2011年7-8月から中国の工場で最終組み立ての生産工程に入り、2011年9月に出荷されるであろう」というニュースがあちこちで取り上げられていました。
出荷時期は別として、iPhone 5の発表は2011年6月6日のWWDCで行われるだろうと自分的には思っているのですが・・・
それとも、例年新作iPod/iPod Touchの発表が行われる2011年9月初めでしょうかね。

で、今日はRedmond Pieサイトで、「iPhone 5は1台で(Verizon社の)CDMA2000と(AT&Tその他の)W-CDMA/GSMの両方に対応するのを、確認した」と言うオンライン記事が出ています。
iPhone 5 Will Be A Dual Mode GSM/CDMA Global Phone, Confirms Verizon CFO
これでiPhone 5購入者は、アメリカなら同じiPhone 5本体でVerizonからAT&Tへ、また、AT&TからVerizonへキャリアの変更が可能になります。(ただし、2年契約満了前の解約料を忘れないように。)

また、現在、アメリカVerizon社のiPhone 4利用者は、AUの電波で日本でローミング使用した場合には、日本での国際データローミング割引プランが無く、非常に高いパケット通信料になるために、実質、日本でのパケットローミングは経済的に不可能です。
しかし、Verizon社がドコモやソフトバンクと国際データローミング割引契約を整備してくれれば、アメリカVerizon社のiPhone 5利用者は日本でもAT&T並の国際データローミング割引料金でインターネットを使えるようになるかもしれません。

そして・・・
日本のKDDI by AUは、iPhone 5獲得成るか?











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>