Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


Amazon Local Registerクレジットカード決済を登録しました

ページ: 1 2 3 4 次へ>

 

- Old Counter



Amazon Local Registerクレジットカード決済を登録を登録しました。

手順は大まかに
■ ステップ1:基本情報の登録
■ ステップ2:Eメールアドレスの確認
■ ステップ3:Amazonへ銀行口座情報と住所の提出
■ ステップ4:Amazonへ銀行口座情報と住所の確認完了Eメールを待つ(1~2日後)
となります。

筆者は法人として登録しましたが、もちろん、個人または個人事業者(Sole Proprietor)としても登録できます。

始める前に全ての手順を見てみたい人も居るでしょうから、以下、画像が多いですが、記録も兼ねて手順を辿ってみます。

Amazon Local Registerのパッケージの中に入っている案内書の中に書いてあるURLアドレス、
http://local.amazon.com/register
にアクセスします。

■ ステップ1:基本情報の登録

最初のページで、「Sign Up」をクリックします。

既にAmazon.comに個人購入のために登録している人は、そのID(Eメールアドレスとパスワード)をそのままAmazon Local Registerの登録に使用できます。
同じIDで「Sign in」します。

このEメールアドレスとAmazon Local Registerの登録とを紐付けることに問題が無ければ、「Continue」をクリックします。

登録タイプを選択します。個人または個人事業は「Individual、Sole Proprietor」を選択します。そうすると、あとでソーシャルセキュリティ番号の入力を要求されます。
法人は「LLC、Partnership、Corporation」で、、あとでソーシャルセキュリティ番号またはFEIN(Federal Employer Identification Number)の入力を要求されます。

事業の業種を選択します。正確に合う業種がリストに無ければ、「Everything Else」でOK。

オウナータイプは、「Individual」「Sole Proprietor」または「LLC」「Partnership」「Corporation」など。

その次の画面でTax ID(ソーシャルセキュリティ番号またはFEIN)などを入力します。

住所の確認(デフォルトは、Amazon.comに登録されているEメールアドレスの住所)、または、新しい住所の入力。

全ての入力住所を確認し、「I Agree」ボタンをクリックします。

ステップ1の登録が終了しました。

次のページ

 
 











――<●>――
関連すると思われる記事:

ページ: 1 2 3 4 次へ>

 

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>