Sprintの日本でのデータ通信国際ローミングが、International Data Pack Add-on割引が使えるようになっていた。


- Old Counter



Sprint携帯(スマホ)での日本での国際ローミングは以前までデータ通信の割引が適用されず、1KBあたり$0.004(100MB使うと$409.60)という完全度数制でしたが、それが国際データ通信割引(International Data Pack Add-on)の割引が使える国のリストに追加されていました。
【Sprint】International Roaming – Search Coverage Areas
で「Country」を「Japan」に選択して下さい。

料金は
● $40で、40MB/最大30日
● $80で、85MB/最大30日
 - 超過分は1MBあたり$10.00
で、他社に比べてまだまだ高いですが・・・

でも、International Data Pack Add-on割引に加入しないと、(値上がりして)1KBあたり$0.005(40MB使うと$204.80、80MB使うと$409.60)で課金されます。

日本でのローミングキャリアは、KDDI au(CDMA2000 800MHz)またはソフトバンク(3G W-CDMA 2100MHz)です。もちろん、ソフトバンクの回線を使うためにはiPhoneやスマホなど、CDMA2000/W-CDMA両通信モード対応の端末が必要です。昨年まではドコモも入っていたのですが、現在は抹消されています。田舎では繋がりにくいか、KDDIに繋がる・・・ってことでしょうか。

AT&T、T-Mobile US、Verizon、Sprintの4社比較は、情報を更新した次のページを参照してください。
アメリカ4大キャリアの国際ローミング価格比較(日本で使用する場合) - 2013年10月13日 【最終編集日:2014年8月20日】

あとはシナジー効果で、ソフトバンク回線でローミングした場合にはもっと割引して欲しいところですね。タダにしても良いくらい・・・とはいかないですかね。











――<●>――
関連すると思われる記事: