Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカから海外へのFirst ClassまたはPriority Mailの手書き簡易関税申告書の番号での郵便追跡が出来なくなっている。


- Old Counter



数ヶ月前まで、アメリカの郵便局のFirst Class MailとPriority Mailに関税申告書を添付した場合には、その手書き簡易関税申告書(CN22、総金額$400以下の内容物に使用する)の「LC・・・・・・・・・US」番号で郵便の追跡が途中まで出来ました。(通常、日本の成田通関まで。日本の国内の配達の詳細は、通常、追跡不可。)

それが、カナダ以外は全くできなくなったようです。

本日(2014年7月12日)、日本へPriority Mailを郵送発送し、追跡しようと思ったら、アメリカ郵便局のサイトでは次の様な画面になって、カナダ以外は追跡できません。

「Tracking for this product is only available to Canada. For future shipments, tracking is available for this country through Priority Mail International with some exclusions, Priority Mail Express International or Global Express Guaranteed® services. For more information visit: https://www.usps.com/international」

同じ簡易関税申告書(CN22)でも、USPS.comのサイトでウェブから入力するフォームの「LJ・・・・・・・・・US」番号は、追跡出来るようです。
※ ウェブ入力フォームでは単品の1個あたりの重さが小数点以下で入力できないので、SIMとか軽い商品は困るんです。したがって、手書き簡易関税申告書を使わないといけないことがあるんです。

レシートを見たら、そっちにも「Scan event information is available only to Canada at this time.」と書いてあります。でも、2014年5月21日のレシートにも、同じ事が書いてあったので、こっちは前から書かれている注意書きそのままのようですね。しかし、2014年4月21日のレシートには、そのときも簡易手書き関税申告書を使ったのにもかかわらず。書いていない。
ん~、いつ、変わったんだ。

う~ん、これからは、カナダ以外への国際郵便で追跡できるのは、EMS(最低$46.50)になってしまうのでしょうか?

追記:手書き詳細(フル)関税申告書のCP72の番号「CW・・・・・・・・・US」は、追跡出来るようです。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>