Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


T-Mobile USの中古端末を購入する際には、ご注意を


- Old Counter



1ヶ月前に自分の体験を紹介しました。
アメリカの盗難・紛失・残債未払いブラックリスト端末のチェックサイト – 2014年5月27日

セラーがT-Mobile USの中古携帯や通信端末を売る時点では、盗難・紛失携帯であるかの状況を知るためにIMEIチェッカーで調べても問題が無いものの、実はセラーは分割払い(24ヶ月)で購入しており、セラーは端末を売って手放した後にその残債を完済しない。その後、数週間~数ヶ月してセラーがその端末代の残債を不払いのため、T-Mobile USが端末の使用が出来ないようにIMEI番号をブラックリスト化する。このときには既に新しいバイヤーが使用しており、自分の責任とは無関係に突然、ある日、使えなくなる・・・というもの。

この問題が広く拡大しているようで、中古携帯の買い取りサイトのひとつであるUpgradeSwap.orgは昨日自社のブログで、T-Mobile USがこの状況を改善しない限り、T-Mobile USの中古携帯の買取を全て停止する、発表しました。
【UpgradeSwap.org】WHY WE’LL NEVER BUY USED T-MOBILE PHONES AGAIN – 2014年6月23日

筆者もバイヤーとして同じ体験をしたわけですが、筆者の場合は購入したのはスマホやiPhoneではなく、ポケットWiFiだったため、被害額は$146.19で済んでいますが、これがiPhoneやアンドロイドスマホなら数百ドルの被害です。

問題は、複数の公開されているIMEI番号チェック・サイトで盗難・紛失携帯のチェックをしても、T-Mobile USの端末の場合にはその端末が「分割払いで購入されていて、まだ分割が終わっていない」ということが判断できないこと。他のキャリア(AT&T、Verizon、Sprint)の場合には、各社に電話をすれば「分割払いが終わっているかどうか」の情報は教えてもらえるそうですが、T-Mobile USの場合はその情報が無いか、オンラインIMEI番号チェックサイトで正確に表示されないそうです。

したがって、AT&T版/Verizon版/Sprint版の携帯・通信端末を信頼できる中古携帯販売サイトで購入する場合は、購入後に問題が発生する可能性は少ないようです。しかし、現在のところ、T-Mobile US版の中古携帯を購入する際には、このようなリスクもあることを考える必要があります。

今回、情報が公開されたことから、そして、T-Mobile US版端末だけが問題の可能性が大きいことから、T-Mobile USがじきに対策を講じてくる可能性もあるので、今後の状況を良くフォローしておく必要があります。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>