顧客としてSprintが信用できない、例


- Old Counter



顧客としてSprintが信用できない、例:

2014年5月2日、SprintからEメールが届く。「Your new network has arrived.」...おっ、遂にLTEアップグレードが近所で完了したか!と、束の間の喜び。


2014年5月9日、もう一度、Sprintから同じ内容のEメールが届く。念押し!

本日2014年5月28日現在、相変わらず3G!

スピードテストは、0.50~1.9Mbps。
 

2回も念を押して送ってきたEメールの「ネットワーク更新」通知は、なんだったの?











――<●>――
関連すると思われる記事: