AT&Tがニューヨーク市周辺に設置する太陽光発電による携帯電話充電ステーションを、今夏は増やす計画


- Old Counter



数日前からこのニュースが何度かツイートされていて、気になるんですよね(笑)

AT&Tは昨年(2013年)夏の間、以下の写真のような、太陽光発電による携帯電話充電ステーションを、「ニューヨーク世界博50周年記念」としてクイーンズ区の1964年世界博の場所に設置しました。このニューヨーク博では、世界で始めてAT&Tベル研究所開発の「ビデオ電話(Picturephone)」も紹介されたゆかりもあります。

この屋外携帯電話充電ステーションが非常に好評だったことから、AT&Tは今年はこの太陽光発電による携帯電話充電ステーションを、ニューヨーク市内20ヵ所に設置します。この充電ステーションは、日中、太陽光パネルで発電された電力を、内部電池に充電して蓄積しています。したがって、内部電池の蓄電が残っているうちは、夜でも携帯を充電できるそうです。

このAT&T Street Chargeは、夏の間、以下の20ヵ所に合計45台設置されます。充電ポートは、USBとマイクロUSBがあるようです。
ニューヨークに住んでいる方、ニューヨークを訪問する方、見かけたら、使ってみてください。
※ 充電ケーブルは、持っていたほうが良いと思います。しかし、写真で見る限り、「MicroUSB」のポートの方は自分のケーブルを持参しなくとも、直接アンドロイド携帯などに繋げられる仕組みなのかな?

■ Manhattan:
Central Park
Marcus Garvey Park
Coenties Slip
Old Slip
Mannahatta
Pier 15
East River Esplanade
Bowling Green Park
South Street Seaport
Edgar Plaza
Union Square
Governor’s Island

■ Queens:
Flushing Meadows Corona Park
Rockaway Beach

■ The Bronx:
Orchard Beach

■ Brooklyn:
Brooklyn Bridge Park
Coney Island
Brighton Beach

■ Staten Island:
South Beach
Midland Beach

なお、AT&Tはニューヨーク市内5区の25の公園で、無料WiFiも提供しています。


リンク:
【AT&T】Back By Popular Demand: AT&T Expands Solar Mobile Charging Initiative to Give New Yorkers a Free Charge All Summer Long – 2014年5月18日
【Cult for Android】AT&T solar charging stations are reproducing on the streets of New York – 2014年5月20日











――<●>――
関連すると思われる記事: