Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年3月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



Sprintが自社ブランドのプリペイド携帯料金を刷新


- Old Counter



Sprintが自社ブランドのプリペイド携帯料金を、昨日(2014年3月14日)刷新しました。
【Sprint】Welcome to Sprint Prepaid

・・・と言っても、ほとんどの人には向かないので、この情報はスルーで結構です。

理由は、
● 使用できる携帯(スマホ)が、Sprint版として発売された携帯でないといけない。
● 現在Sprintプリペイドで使用できる携帯は、以下のモデルに限る:
 - Sprint版Samsung Galaxy S4 Mini(LTE、Spark互換機)
 - Sprint版Samsung Galaxy S3 (LTE互換機)
 - Motorola Moto G(3G通信のみ)
 - Sprint版iPhone 4s(3G通信のみ)
● 通信料は自社プリペイド専用ブランドのVirgin Mobile USAやBoostMobileよりも高い。
よって、中古のSprint版携帯(スマホ)が余っていて、なんとか回線を安く再アクティベートしたい場合以外は、Sprintでプリペイドを契約する意味がありません。

しかも、現在、SprintのMVNOのTingでは、多くのSprint版(中古モデル)スマホをそのまま使用できます。最近では2014年3月12日からSprint版iPhone 5の利用が、Tingで可能になっています。(つまり、Sprint版のiPhone 4/4s/5がTingで使用できます。)

※ TingでSprint版iPhone 5を使用するためには、そのIPHONE 5にもともと付いてきたSIM(もちろん、Sprintとは解約済みであること)が必要です。それは、SprintはSIMと本体が紐付きになっていて、他のSprintのSIMでは本体が使用できないからです。
Tingは、将来的にはSIMの発行が出来るよう、期待していると言うことです。(Tingは現在はNexus 5北米版以外には、新規SIMは発行できない。)

Tingの毎月の最低料金は、月$6からです。

Sprintの今回のプリペイド携帯料金刷新では、次の改訂があります。
● 名前を旧Sprint As You Goから、Sprint Prepaidに変更
● データ通信が旧3Gオンリーから、新しいプランではLTE通信まで可能に変更
● データ通信は、月2.5GBまで高速。それ以上は、3G速度に減速して使い放題)
料金は、

プラン名 月料金 対応携帯種類 具体的なモデル 通話 テキスト モバイルデータ通信
Basic $35 フィーチャーフォン 提供機種未発表 アメリカ国内500分まで アメリカ国内テキストし放題 使い放題
Basic Plus $50 フィーチャーフォン 提供機種未発表 アメリカ国内電話し放題 アメリカ国内テキストし放題 使い放題
Smart $45 スマートフォン Galaxy S4 Mini(LTE、Spark互換機)
Sprint版Samsung Galaxy S3 (LTE互換機)
Motorola Moto G(3G通信のみ)
Sprint版iPhone 4s
アメリカ国内電話し放題 アメリカ国内テキストし放題 不可
Smart Plus $60 スマートフォン Galaxy S4 Mini(LTE、Spark互換機)
Sprint版Samsung Galaxy S3 (LTE互換機)
Motorola Moto G(3G通信のみ)
Sprint版iPhone 4s
アメリカ国内電話し放題 アメリカ国内テキストし放題 使い放題
(2.5GBまでLTE
2.5GB以上は3G速度)

先に書いたように、Virgin Mobile USAやBoost Mobileも同じようにデータ速度制限をしており、料金はSprint Prepaidよりも安いので、これから新しい端末を購入してSprint回線でプリペイド契約するなら、Virgin Mobile USAやBoost Mobileで契約したほうが良いでしょう。既にSprintの中古スマホ持っているならば、その端末がTingで使用できるかどうか調べましょう。
【Ting】Give your phone a new home! Activate your used Sprint® device at Ting.











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>