Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


Verizonポストペイド契約のデータ通信量を変更した。


- Old Counter



Verizonが、T-Mobile USをはじめとする他社の低価格競争と転入者獲得競争に対抗するために、2014年1月21日より導入した月250MBデータ通信プラン(月$20)を導入しました。
Verizonがポストペイド契約のスマホ/iPhone最低加入料金を月$20引き下げて、月$60からに。 – 2014年1月22日

これにより、VerizonでiPhone/スマホをポストペイドで1台契約する際の最低料金が、これまでの月$80+諸税(約10%)から月$60+諸税(約10%)に減ったので、筆者もサブアカウントとしてしか使っていないVerizonのiPhone契約のデータ通信プランを変更しました。

iPhoneのMyVerizonアプリからも出来ると思いますが、今回は、PC(ブラウザー)を使います。

MyVerizonのアカウントにログインするために
http://www.verizonwireless.com/
または
http://www.vzw.com/
にアクセスし、「My Personal Account」を選択し、電話番号(またはログインID)を入力し、「Sign In」をクリック。

パスワードを入力して、「Continue」をクリック。

左側メニューから「Change Minutes、Text or Data」をクリック。

現在のデータ容量プランがハイライトされています。
変更したいデータ容量プランをクリックします。

変更したいデータ容量プランがハイライトされ、右下の毎月の合計通信料金が変わったら、「Next」をクリックします。

変更を今日からする(上)か、次の請求月サイクル開始日からするか(下)を選択します。

今日からする場合には、日割り計算で今月分の通信料金と、それまでのデータ通信バイト数制限が調整されます。
「Next」をクリックします。

確認して、「Submit Changes」をクリックします。

変更が適用されました。

アメリカのポストペイド契約の請求書は、毎月の基本通信料は前払い、超過分は後払いで次月の(前払い分)請求時に請求、です。
したがって、データ容量を「減らした」場合には、翌月の請求書は安くなります。

同じように、現在、少ないデータ容量を選択している場合で、新たに容量を増やした場合には、翌月の請求書は「前月分の調整」が加わるので、日割り計算で通常よりも多く請求されます。

この契約は、ポストペイド2年契約ですが、「データ通信オプション」を変更しても、(2年契約)契約終了日は変わりません。
「2年契約」は音声通話部分に付帯するため、データ通信の容量をいつ変更しても、2年契約の終了日は変わらないのです。
逆に言うと、「2年契約」の期間でも、データ通信容量は、必要に応じて毎月変えることが出来ます。

たとえば、旅行の予定があって、その期間はバイト数を多く使うようであれば、その月だけ容量を増やすことが可能です。旅行が済んだら、また元の低い容量に戻して毎月の料金を安くすることが出来ます。











――<●>――
関連すると思われる記事:

9 comments to Verizonポストペイド契約のデータ通信量を変更した。

  • Sasaki

    初めまして。留学生の私にとってはとても有益な情報ばかりなので、いつも楽しみに拝見しています。
    ひとつ、Verizonの二年契約についてお伺いしたいことがあります。私は先月からシカゴに住み始めて、先々週にはVerizonでiPhone 5Sを二年契約で購入しました。こっちの大学に通い始めたばかりの私にはもちろんSSNもなければ、クレジットヒストリーもございません。なのでiPhoneを購入した際はデポジットで$400払いました。ここまではよかったのですが、いざ家に帰ってからMy Verizonのアカウントを作ろうとしたらSSNの下4桁を打ち込む必須欄があり、SSNを持っていない私はMy Verizonのアカウントを作ることができませんでした。そこで後日ショップに行きそのことを説明したら店員さんがカスタマーサービスに電話してくれたのですが、やはりSSN無しじゃアカウント作れないんじゃないかな?といわれました。(店員さんのなかには作れるんじゃない?と言ってくれた人もいたのですが英語がよく聞き取れませんでした)月々の支払いはどうすればいいのか。毎月カードから引き落としてほしいのですが。と聞いたところ、毎月店にきて支払って。と言われました。SSNを持たずに二年契約した人は皆毎月店に出向いて支払っているのでしょうか?来年の夏休みには日本に3ヶ月ほど一時帰国するのでその間は支払えません。なにか打開策がありましたら是非とも教えてください。よろしくお願いします。

    [返信]

    管理人 返信:

    通常、アメリカでは毎月の請求書を郵便で貰って、チェック(小切手)で支払期日までに支払いを郵送するのが、一般的です。
    もちろん、最近ではオンラインで毎月クレジットカードやデビットカードで支払う人もいます。
    また、毎月自動でクレジットカード、デビットカード、銀行口座(Checking Account)から引き落としで支払う設定をする人も、居ますが。

    アメリカの銀行口座は作ったのですか?

    まだ請求書は郵便で一度も来ていない段階ですね。
    請求書が郵便で届くと、小切手で毎月支払えます。
    そのときに、小切手と一緒に送る部分(請求書の最初のページにした1/3部分)の裏の
    ● 「Check this box」の白いBox内に「X」を書き、その横の箱に署名(サイン)し、日付を書きます。
    こうすると、毎月、銀行口座から自動的に料金が引き落としされます。

    また、Verizonは電話番号を維持しながら6ヶ月までアカウントを「Suspend」しておくことが出来ます。この間は請求が発生しません。
    したがって、日本に帰る前に電話番号(口座)を「Suspend」しておけば、その間は請求が発生しません。もちろん、アメリカで出来た友達からのVoice Mailもテキストメッセージも受けられませんが、Verizonの国際ローミングはAT&TやT-Mobile USに比べて高いので、日本で使うのはやめたほうが良いと思います。アメリカへ帰ったらSuspendを解除すれば、また同じ電話番号で使用できます。

    [返信]

    Sasaki 返信:

    早速のご返信ありがとうございます。
    はい。1月中にCHASE BANKでChecking Accountは作りました。請求書はまだ一度もきてないです。
    となると、私はCHASEの小切手を毎月振込専用の封筒にいれて郵送するか、CHASEの口座から毎月自動引き落としの二択を選べるということですね。
    私は絶対に振込期日を遅らせたくないので(デポジットを取り返すためにも)毎月CHASEのカードから引き落としを選びたいと思います。(CHASEの口座には充分なお金を入れているのでOverdraftにはならないと思いますし…)
    その場合、最初の月は小切手を郵送し、その時に”Check this box”にチェック、署名すると翌月から自動引き落としになるという解釈でよろしいでしょうか?
    私はまだCHASEの小切手を使ったことがないのですが、CHASEカードの番号や有効期限、セキュリティーナンバーなども一緒に記入しなくともよろしいのでしょうか?

    また重ねてSuspendについても教えていただきありがとうございます。日本での携帯も一番安いプランにして契約続行している状態なので、一時帰国中にVerizonのiPhoneを日本で使う予定は全くありません。
    また、来年の夏休み中にSuspendしたいのですが、その時はまだ二年契約が続いている時期です。それでもSuspendできますか?もしできたとしたら、Suspendしていた分二年契約が延長されるということですか?
    お答えできる範囲で構いませんので返信お待ちしてます。

    [返信]

    管理人 返信:

    >私はまだCHASEの小切手を使ったことがないのですが、CHASEカードの番号や有効期限、セキュリティーナンバーなども一緒に記入しなくともよろしいのでしょうか?

    必要な口座情報(Routing Number、Account Number、口座名義=名前)は小切手に書いてあり、相手はそれを使います。
    ATMカード(デビットカード)に書いてある情報(カード番号、期限など)は、口座番号とは違う番号です。
    まあ、どっちも支払いに使えるし、最終的に同じ口座から引き出されますが・・・
    口座番号(Routing Number、Account Number)から直接引き出すと、直接引き出されます。
    ATMカード(デビットカード)の番号を教えると、VISA/MasterCardのネットワークで認証・課金され、VISA/MasterCardのシステムから自分の口座に即金で課金され、口座からその金額が引かれます。最終結果は同じですが、途中の経路が違います。

    クレジットカードは、また別です。アメリカのクレジットカードは、後払いです。クレジットカード会社から毎月一回まとめて前月分に使った課金の請求書が来るので、その請求書に対して小切手でまとめて支払います。

    >それでもSuspendできますか?

    できます。

    >もしできたとしたら、Suspendしていた分二年契約が延長されるということですか?

    その通りです。Suspend期間は、「2年契約期間」にカウントされません。

    [返信]

    管理人 返信:

    書き忘れましたが、まだ読んでいない場合は、
    「アメリカ:ポストペイド携帯料金の支払い方(小切手を使う編)」
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=20337
    も参照。

    [返信]

    Sasaki 返信:

    ご丁寧な回答、誠にありがとうございます。
    ブログも一通り目を通したつもりでいましたが小切手編は見落としていました。申し訳ございません。
    小切手とカードは似たようで違うものなんですね。小切手支払いが主流ではない日本人(私)にとってはなかなか興味深く、また、慣れないものです。
    初めての請求書がきましたら、教えていただいたようにトライしてみます。ありがとうございました。

    [返信]

    管理人 返信:

    小切手編は、Sasakiさんの質問の後に書いたものです。
    以前から他Q&Aサイトでも同様な質問を多く見かけていたので、この際に書いてみました。

    初めてアメリカ(外国)で生活を始めると、日本の常識がそのまま使えず、困ったものです。
    たとえば、散髪するにも、アメリカでは散髪屋でどう言っていいのかわからない。
    今まで日本で習得した「日本の常識」って、何だったの?・・・って思うことがありますよね。(笑)

    [返信]

    Sasaki 返信:

    本日Verizonから初めての請求書が届いたので、もう一度”ポストペイド携帯の支払い方法(小切手編)”を自分の請求書と照らし合わせながら拝見いたしましたが、とても分かりやすく、迷うことなくしっかり理解することができました。全ての携帯会社からの請求書をお持ちなことには驚きましたが…笑

    ですね…郷に入っては郷に従えというように、一から文化や習慣を学び、適応しなければいけませんしね。そこがまた新鮮でおもしろいところなのですが。

    [返信]

    管理人 返信:

    >全ての携帯会社からの請求書をお持ちなことには驚きましたが…笑

    T-Mobile USだけ、無いです。(笑)

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>