iPhoneのアクティベーション・ロックって、どんな現象?


- Old Counter



つい最近、iPhoneのアクティベーション・ロック(Activation Lock、iCloud Lock)に関して、知恵袋で「iOSを復元したら直る」とか言う回答があって、それがベストアンサーに選ばれていて、呆れてしまいました。こんな間違った回答がベストアンサーに選ばれるシステムって、おかしいですよね。

おそらく、皆さん、実際にアクティベーションロックでトラブったことがまだ殆ど無いので、言葉は聞いたことがあっても、その現象や、対応方法が直接体験的にわかっていないのだと思います。
他人から貰った(iOS 7の)iPhoneを触ったり、中古iPhoneを買ったり、したこと無いんでしょう!

そこで、ここでiOS 7のアクティベーション・ロックを検証します。

まず、アップルの公式サポートサイトで、アクティベーション・ロックについて調べましょう。
【アップル公式サポートページ】iCloud: アクティベーションロック

アクティベーションロックをオンにすると、以下のことを行うときに Apple ID とパスワードが必要になります。
● デバイスの「iPhone を探す」をオフにする
● デバイスで iCloud からサインアウトする
● デバイスのデータを消去して再アクティベート(初期化)する

アクティベーションロックが掛かっていると、「Apple ID とパスワードが必要になる」場合は、他にも以下の場合があります。
● iOSを復元するとき
● 他人がアクティベーションロックを掛けているiPhone/iPadを、初期化するとき
● 強制的にリカバリーモードにして復元した後

知恵袋で質問していた人は、
● iPhoneを盗まれた。
● 盗難されたiPhoneが見つかって、戻って来た。
● そのiPhoneのApple IDとパスワードが、犯人に変更されていた。
● 初期化したものの、Apple IDとパスワードの入力を画面に求められていて、それが分からないので、その先へ進めない。
結果的に、iPhoneは文鎮と同じで、使用不可能(下記検証(5)の状態。)、というものです。

以下、順番に状況を再現していきましょう。
■ (1)デバイスの「iPhone を探す」をオフにするとき・・・ページ 1
■ (2)デバイスでiCloudからサインアウトするとき・・・ページ 2
■ (3)デバイスのデータを消去して初期化するとき・・・ページ 3
■ (4)デバイスのiOSを復元するとき・・・ページ 4
■ (5)他人がアクティベーションロックを掛けているiPhone/iPadを初期化するとき・・・ページ 5
■ (6)強制的にリカバリーモードにして復元した後・・・ページ 6
■ (結論)なぜアクティベーション・ロックは、Apple IDのパスワードを知らないと、解除できないの?・・・ページ 7

 

■ (1)デバイスの「iPhone を探す」をオフにするとき

iOS 7以上のデバイスで、すでに「iPhone(iPad) を探す」が有効になっているときに、その「iPhone(iPad) を探す」を無効にしようとすると、iCouldのApple IDのパスワードの入力が必要になります。
もちろん、自分が設定したのなら、パスワードを覚えているでしょう。
でも、他の人のiPhoneやiPadだったり、または、自分のiPhoneやiPadの「iPhone(iPad) を探す」の設定を幼い子供や他人、あるいは、盗んだ人が設定して、それが自分の手元に戻ってきたら、どうでしょう?

「iPhone(iPad) を探す」を無効にする手順:

「設定(Settings)⇒」

「iCloud⇒」

「iPhoneを探す(Find My iPhone)⇒」

iCloudサインイン・アカウントのパスワードを入力し、「オフにする(Turn Off)」をタップ。

パスワードが正しくなければ、「再試行(Retry)」をタップし、

パスワードを再入力し、「オフにする(Turn Off)」をタップ。

パスワードが分からないので「キャンセル(Cancel)」をタップすると、

「iPhoneを探す(Find My iPhone)」は、「有効」のまま。

つまり、あなたのiPhoneを誰かが拾ったり盗んだりしても、その拾った人・盗んだ犯人は、簡単には「iPhoneを探す(Find My iPhone)」を無効に出来ないということ。iOS 7から採用しているアップルの盗難防止対策の一つです。

ここで、ホーム画面のパスコードと違って、何度パスワードの「再試行(Retry)」を試しても、「1分後、5分後、・・・・ 60分後に試してください。」といった警告は現れません。
したがって、パスワードを順番に試していけば(ブルートフォース攻撃)そのうち当たる可能性はありますが、4桁のパスコードと違って、当たる可能性は低いですね。

次のページ











――<●>――
関連すると思われる記事: