Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


Belkin WiFi Range Extenderを自宅に設置し、WiFiの距離を拡張してみた。


- Old Counter



Belkin WiFi Range Extenderを自宅に設置し、自宅内のWiFi電波の弱いところを改善してみました。

Belkin WiFi Range Extenderは2つのモデルがあり、モデルN300は定価$59.99で最大速度300Mbps(150Mbps+150Mbps)、モデルN600は定価$79.99で最大速度600Mbps(300Mbps+300Mbps)です。周波数は2チャンネル(2.4GHzと5GHz)に対応しています。

実は、筆者の自宅は「L」字形平屋(プラス、地下室)なのですが、その「L」の端のほうにはWiFi電波が届きにくいため、以前から別のWiFiアクセスポイントを設置していました。

ネットワーク構成図は結果的に、こんな形です。「WiFiアクセスポイントA」と「WiFiアクセスポイントB」のSSIDは、別にしてあります。

ところが、この状態では、「WiFiアクセスポイントA」にアクセスしている部屋から、そのiOS(iPhoneまたはiPad)端末を持って、別の離れている部屋に移って「WiFiアクセスポイントB」にアクセスしようとすると、以下の画面のように頻繁にWiFiにアクセスできないことがあります。

(※ この原因がわかる方は、教えてください。謎で、困っています。)

こうなった場合、WiFiアクセスポイントの電源をリセットすると、またアクセスできるようになります。
したがって、アクセスポイントに保存された、端末のMACアドレスが何か悪さをしているのだろうとは察しが付くのですが、・・・
で、いちいちWiFiアクセスポイントの電源をリセットするのは面倒なので、何か他に対策は無いかと探していました。

そこで、同じWiFi SSIDでWiFiの距離(レンジ)だけを延長する「WiFi Range Extender」を設置してみることにしました。

この「WiFi Range Extender」は、片側で「親(元)」のWiFiアクセスポイントに「WiFi経由」で接続し、別に、機器周囲の端末とWiFi電波で送受信します。

この時、WiFiのSSIDとパスワードは、子機である「WiFi Range Extender」は、親機である「WiFiアクセスポイント」と同じ値を使うので、端末側も新しいSSDIへのアクセス設定が不要。
また、端末からルーターへのネットワーク経路も一つになりますので、ネットワーク接続のトラブルが減るのではないかと思い、使ってみることにしました。

Belkin WiFi Range Extenderは、コンセントに差し込むだけの機器です。

パッケージにはCDも入っていましたが、結局使わずじまいでした。

したがって、PCでも、iPhoneやiPadでも、この「WiFi Range Extender」を設定できます。

まず、Belkin WiFi Range Extenderをコンセントに差し込みます。

PCやスマートフォン、タブレットをこのBelkin WiFi Range ExtenderのWiFi(Belkin.setup)に接続します。パスワードは不要です。


ブラウザーを開きます。「Get Started」をクリックします。


検知された周囲のSSIDがリストアップされるので、WiFi距離を拡張したいSSIDを選択し、「Next」をクリックます。


選択したWiFi SSIDのパスワードを入力し、「Next」をクリックします。


SSIDの選択は、2.4GHzのSSIDが一つと、5GHzのSSIDが一つ、選択できます。もし、5GHzのWiFiアクセスポイントを使用していない場合には、デフォルトの「I do not want or need to extend a 5ghz Network.」を選択します。もし、5GHzのWiFiアクセスポイントを使用していて、距離を拡張する必要がある場合には、そのSSIDを選択します。
「Next」をクリックします。


選択項目が表示されます。
2つ目のSSIDを選択した後にパスワードを聞いて来ないのは、最初のパスワードと同じと仮定するものと思います。パスワードが違えば、2つ目のSSIDへのパスワードも聞いてくると思います。
「Create Extended Network」をクリックします。

設定が終了しました。

このWiFi Range Extenderは、設定後、別の部屋や、屋外で使用するために、持ち運んでコンセントに填め込むと、その周囲で使用できます。(もちろん、WiFi Range Extenderは、親WiFiアクセスポイントの電波の受けられる範囲に無ければなりません。)

Belkin WiFi Range Extenderの設定を工場出荷状態に戻す場合には、電源を入れたまま(つまり、コンセントに繋いだまま)、Belkin WiFi Range Extenderの下方にある「Reset穴」にクリップの先のようなものを差し込んで、約30秒押したままにします。リセットが完了すると、LEDが青く点滅します。

その後、上の手順でWiFiの初期設定を再度行うことができます。

トラブルシューティング

Belkin WiFi Range Extenderが正常に稼動している時は、正面のLEDが青色に点灯します。

LEDが黄色で点灯している場合は、WiFiの信号が弱いときです。このときは、ネット接続速度が遅くなることがあります。

LEDが黄色で点滅している場合は、Range ExtenderがWiFiアクセスポイントに接続していないときです。電源を入れ直すか、WiFiアクセスポイント近づけてください。











――<●>――
関連すると思われる記事:

2 comments to Belkin WiFi Range Extenderを自宅に設置し、WiFiの距離を拡張してみた。

  • 私も、同一セグメントに複数の Wi-Fi アクセスポイントを 3個設置していますが、アクセス不能に陥ったことはありません。私の場合、3個とも同じ SSID にしています。Yoshida さまのネットワークにおいて SSID を変えている理由は何でしょうか?

    Belkin WiFi Range Extender がやってることは、単なるブリッジだと思われるので、複数のアクセスポイント (ブリッジ) を同一セグメント・同一 SSID で動かすのと等価だと思うのですけれど…

    Yoshida さまのネットワークにおいてアクセス不能に陥る理由として考えられるのは、ルータあるいはアクセスポイント (またはその両方) がブリッジとして正しく機能していない可能性です (ご想像どおり、MAC アドレスの学習に問題があるのでしょう)。2個のアクセスポイントをルータに直接つなぐのではなく、間にスイッチを挟むと状況が改善するかもしれません。

    ご参考:
    私の自宅のネットワーク構成 → http://www.gcd.org/blog/2012/09/963/
    3部屋それぞれに、Wi-Fi アクセスポイントを同一 SSID で動かしています。

    [返信]

    管理人 返信:

    >Yoshida さまのネットワークにおいて SSID を変えている理由は何でしょうか?

    どれに繋がっているか知りたいと思っただけなんですが・・・
    SSIDは端末に対してのブロードキャストだけなので、ネット的にはSSIDを変えても、同じにしても、関係無いと思っているのですが・・・

    >2個のアクセスポイントをルータに直接つなぐのではなく、間にスイッチを挟むと状況が改善するかもしれません。

    図に描くのが面倒なので省略していますが、スイッチは何個か(・・・と言っても、全体で3個ぐらいですが・・・)間に入っています。
    ネット接続の問題が出るのは、iOSの端末だけのようです。ただ、ほかの端末(IPカメラやPC)はほとんど動かさないので、綿密にテストしたわけではないですが・・・

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>