Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



Sprintが2014年第1四半期に社内ブランド再編成を実施か?


- Old Counter



Tech Crunchオンライン誌が本日リークしたところによると、
【TechCrunch】Sprint Wants To Revive Nextel As A Business Brand, Merge Boost + Virgin Mobile Into ‘Sprint Freedom’ – 2013年12月31日
2013年7月10日に正式にソフトバンクに買収され、ソフトバンクの子会社となったSprintは、2014年第1四半期に社内のブランドの再編成と整理を計画しているようです。

現在、Sprintには以下のブランドとサービスがあります。
● Sprint (メインのポストペイド契約サービスと、iPadプランなど一部プリペイドサービス)
● Nextel (2013年6月末に停波されたiDEN通信方式のポストペイド契約サービス)
● Virgin Mobile USA (もともとはイギリスのVirgin Groupと共同事業のCDMA2000/LTE/WiMAXプリペイドサービス。現在は100%子会社。)
● BoostMobile (Nextel買収時に一緒に吸収された、iDEN通信方式のプリペイドサービス。iDEN停波が発表されてからはCDMA2000機種を追加し、現在はCDMA2000/LTEの100%のプリペイドサービス。)
● Clearwire (WiMAXプリペイドサービス。ワイヤレス固定と、ワイヤレス・モバイルサービスがある。)
● Assurance Wireless (Virgin Mobile USA管理の下に提供されている、政府補助金を受けている、低所得者向け低コスト・ライフライン携帯サービス。)

Tech Crunchの報道によると、Sprint内部の者による情報リークとして、

■1 Clearwireのサービスを、Nextelブランドとしてリマーケティングする。
特に、法人向けサービスを強化する。(Nextelブランドは従来、法人向けサービスに強かったため。)
ワイヤレス固定サービス、ワイヤレス・モバイル・サービス、法人向けグループ料金(複数台数契約。特に、6台以上の契約。)を提供する。

■2 プリペイド子会社のVirgin Mobile USAとBoostMobileを統合する。そして、統合後のサービスをSprint Freedomとする。

結果的に、計画としては
● Sprint (メインのポストペイド契約サービスと、iPadプランなど一部プリペイドサービス)
● Nextel (主に法人向けサービス。特徴は、グループ契約とワイヤレス固定サービス。)
● Sprint Freedom (プリペイド契約。)
● Assurance Wireless (Sprint Freedom管理の下に提供される、政府補助金を受けている、低所得者向け低コスト・ライフライン携帯サービス。)
に整理される案が出ています。

筆者としても、iDEN通信方式の停波計画が発表されて以来、BoostMobileはいつかVirgin Mobile USAに吸収されるだろうとは思っていましたが、低価格プリペイドサービスとして名前が定着しているVirgin Mobile USAのブランド名を廃止するとは思いませんでした。ただし、”Virgin”の名前とロゴを残すと、イギリスのVirgin Groupに対してブランド・ライセンス料の支払いが残るので、その経費削減の為に新たな名前でプリペイドサービスを統合・整理するのでしょうか。

更に、計画では、Clearwire(Clear)の名前も消滅してしまうことになります。

また、既にSprintのMVNOでFreedom Popというプリペイドサービスが別途、無料データ通信/無料携帯サービス(無料なのは、毎月一定量と分数のみ)を提供しており、これとSprint Freedomブランドが消費者に誤解されないかどうかの問題が残ります。

Virgin Mobile USAは今年夏、シカゴで初めて試験的にブランド店舗を数店舗、設置しています。しかし、主に家電量販店やディスカウント百貨店での販売が中心です。
それに対し、BoostMobileは多くの独立系ディーラー店が全米に展開されており、特に、メキシコ人/アジア人などの低所得者層居住地域には多く目に留まります。
統合後、これらの販路がどのように変わるかや価格体系がどのように統合されるかは、リーク情報では明らかにされていません。

このブランド統合は必ずしも社内でもコンセンサスで一致されているわけではなく、不満を持っている社員(特に、ブランド廃止が計画されている部門)も居るようだ、とTech Crunchは締めくくっています。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>