Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


iPhone Fitbitアプリが、iPhone 5sのM7 Motion Processor対応になった。


- Old Counter



アクティビティトラッカー(健康管理)のiOS用Fitbitアプリが、本日20913年12月30日のアップグレードで、iPhone  5sのM7 Motion Processor対応になりました。
つまり、iPhone 5sを持っている人は、Fitibit One/Flex/Forceなどを購入しなくとも、一部の機能(フロアを登った階数、睡眠解析、アクティブ時間記録)を除いて、Fitbitのアクティビティトラッカー機能を利用できます。

まだFitbitアプリをダウンロードしていない人は、AppStoreからFitbitアプリをインストールし、

Fitbitにアカウント(Eメールアドレスの登録)をした後、

「新しいFibitデバイスを設定(Set Up a New Fitbit Device)」で、「MobileTrack」を追加します。





これで、iPhone 5sのM7 Motion Processorの動きをモニターし、歩数やカロリー消費(カロリー消費は、個人の身長・体重情報から、歩数と時間で推定)などを画面に表示してくれます。現在のところM7 Motion Processorを内蔵しているのはiPhone 5sのみなので、他のiOSデバイスでは(Fitbit One/Flex/Forceを購入しない限り)、この機能は使用できません。

iPhone 5s M7 Motion Processorを使用してFitbitアプリで表示できる項目:

Fitbit One、Fitbit Flex、Fitbit Forceで測定(表示)できて、iPhone 5s M7 Motion Processo(MobileTrack)では表示できないものは、
● フロアを登った回数(階数)
● アクティブな時間(活動が連続的にアクティブに記録された、分単位の時間)
● 睡眠の質(Sleep Pattern)
です。これらは、iPhone 5sのM7 Motion Processorでは記録できないので、Fitbitアプリで表示できません。(Fitbit Flexでは、「フロアを登った回数(階数)」が表示できません。)

Fitbit One、または、Fitbit Forceを使用してFitbitアプリで表示できる項目:
(青枠の項目は、iPhone 5sのM7 Motion Processor使用では表示できない。)

一つのアカウント(Eメールアドレス)に、一度に1台のFitbitデバイス(またはiPhone 5s M7 Motion Processor)しか登録できないので、Fitbitデバイスを持っている人は、Fitbitデバイスを登録しましょう。(デバイスを登録し直しても、過去のデータは損失しませんが、切り替えが面倒です。)

デバイス 装着タイプ カロリー表示 歩数 歩行距離 睡眠解析 耐水機能 階数アップ数 時計/ストップウォッチ機能
Fitbitアプリ + iPhone 5s M7モーションプロセッサ iPhone 5s Yes Yes Yes No No No Yes(他のiPhoneアプリ使用)
Fitbit Force 腕輪タイプ Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
Fitbit Flex 腕輪タイプ Yes Yes Yes Yes Yes No No
Fitbit One クリッピ・タイプ Yes Yes Yes Yes Yes Yes 時計のみ
Fitbit Zip クリッピ・タイプ Yes Yes Yes No Yes No No










――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>