Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


AT&T iPhoneのサードパーティ・ファクトリー・アンロックを試してみた。(2013年12月)


- Old Counter



AT&Tの無料iPhone SIMロック解除(ファクトリー・アンロック)は、今でもフォーム入力から申請できます。

AT&Tポストペイド加入者であれば、1年間に(iPhoneに限らず、合計)5台までSIMロック解除を無料でリクエストできます。

AT&Tの(無料)iPhone SIMロック解除フォームのURLは、
【AT&T】Device Unlock Portal:Request a Device Unlock
でアクセスできます。
AT&T iPhone SIMロック解除リクエストが、オンラインフォームで出来るようになった。 - 2012年9月8日

ただし、最近、「2年契約割引で購入した場合には、2年契約が完了しているか」や、「2年契約割引で購入して、2年未満の場合に、早期解約料を払っているか」などのチェックが厳しいようです。

筆者も最近、依頼され、iPhone 4S、iPhone 5をAT&TにSIMロック解除リクエストしましたが、iPhone 4Sはまだオリジナル購入者が買って8ヶ月程度しか経過していないようなのに、発売開始の時期である2011年9月からは2年以上経過しているので、すんなりと問題無くSIMロック解除できました。

しかし、AT&T版 iPhone 5のほうは、まだ発売開始から1年ちょっとしか経っていないため、チェックが厳しいようです。2台ともAT&TからSIMロック解除を拒絶されてしまいました。

1台は
● SIMロック解除したければ、2年契約を終了しないとダメよ。
● GoPhone加入者の場合には、6ヶ月サービスを継続しないとダメよ。
● ポストペイド契約者で、iPhone買うときに定価で買ったのなら、60日は加入継続してから出ないとダメよ。
というAT&Tからの返事。
このAT&T版iPhone 5はオリジナル購入者が2012年9月から11月の間に購入していることはIMEI番号からの検索でわかっており、それをオークションで筆者への依頼主が購入したものですが、買ったときの状況がまったく不明です。筆者が買ったわけではないので、この3つの条件を言われても、対策の立てようがありません。

もう1台は、実は、筆者がeBayで購入したものですが、出品者が一般個人から中古iPhoneを仕入れ、それを整備して、全米ゲームショップ/中古端末販売をしているGameStopに納入している業者であることがわかっています。
筆者はAT&T版iPhone 5(昨年中に安くSIMロック解除している)を持っていましたが、先月、北カリフォルニア・イーストベイ在住の息子が「電波が悪いので、SprintからAT&Tに変えたい」と言ったので、手持ちのSIMフリーAT&T版iPhone 5を譲りました。ところが、その後、SIMフリー iPhone 5が手元に無いと、色々な検証に不便を感じることが発生し、eBayで「多少、傷物」ランクで安いAT&T SIMロックのiPhone 5を見つけたので、購入しました。手元に届いたところ、eBayの商品説明にあったような傷はほとんど目立たず、良い買い物だとは思っていました。
でも、SIMロックされているんですよね・・・

そこで、AT&TのSIMロック解除を申請しました。
今回は、申請直後から、受領Eメールも来なかったです。Eメールアドレスの入力を間違えたかもしれません。あるいは、Eメールアドレス入力のとき、入力自動補正(auto correction)で、変なEメールアドレスになったのかも。
とにかく、数日後、オンラインでリクエストのステータスをチェックすると、SIMロック解除がリジェクトされていました。
【AT&T】Device Unlock Request Status

理由は、
● 購入時の領収書をAT&Tにファックスしていないか、その内容がSIMロック解除条件に無効
というもの。場合によってはAT&Tが「購入時の領収書をファックスまたはEメールしろ」とリクエストすることがあることは事前にわかっていましたが、そのそも、いつ、「領収書をファックスで送れ」という指示があったのさ!? 無っかたゾ・・・というか、最初からEメールで受領Eメールが来なかったのが、間違いの始まりだよな・・・
ちなみに、このiPhone 5も、オリジナル購入者はが2012年9月から11月の間に購入していることはわかっています。

どちらの場合も、SIMロック解除リクエストから5日くらい待たされた結果でした。

さて、ここまでの2台でわかったことは、オークションに出ているAT&T iPhone 5の場合、
● オリジナル購入者が1年前に2年契約割引で購入し、
● 1年後の今年になって新iPhone 5sを定価で購入し、
● 古いiPhone 5をそのままオークションや下取りサイトに売却し、
● 古いiPhone 5に入っていたSIMを、新しいiPhone 5sに挿入して使っている
ユーザーが多いらしいこと。したがって、オークションに出ているAT&T版iPhone 5は、2年契約解除が手続きとしてされていないので、AT&TのSIMロック解除リクエストでリジェクトされるのが多いわけです。

う~ん、結局、ここから、どうしたものか・・・と考えて・・・
まあ、あと1年待てば、2年契約期間を過ぎているはずなので、また無料でSIMロック解除リクエストをすれば、承認される可能性は高いのですが。

ここで頼みのサードパーティーSIMロック解除屋さんたちは、今年2013年10月初めころ、AT&T版iPhoneのSIMロック解除手続き料の卸し相場が、これまでの$1~2/台から、約$100/台に値上がりして、ほとんどが突然、休業状態!
(※ どうやら、米国AT&T版iPhoneのSIMロック解除の卸業者窓口は、一ヵ所しかないようです。どこかのオンライン記事に社名が出ていましたが、その記事を忘れました。)
アメリカ国内のiPhoneファクトリー・アンロック業者が、ほぼ皆無になっていた。 - 2013年11月12日

今年の夏までは1台$20でほぼ無条件でAT&T iPhoneはSIMロック解除できたのに、そのオンラインショップ(筆者も何度も使ったことがある)も現在は「Out of stock」と画面に表示されて、注文を受付していません。

eBayでAT&T iPhoneのSIMロック解除業者を探すと、そのほとんどが米国外業者。イギリスとか、イスラエルとか、クロアチアとか、。。。
ちょっとこれは、不安ですよね。

高くても、アメリカの業者が無いかと探していると、・・・・・あった!

そこで、人柱で試してみることに。以前は$50~$20でSIMロック解除出来ていたのに、$100以上は、高いんですが・・・
あと1年、来年まで待たなくても良いのは、メリットがあるかも・・・

筆者が試したのは、以下のサイトです。
http://att.imei.org/

「Unlock Now」をクリックし、

$145(1~5日でSIMロック解除)か、$70(30営業日でSIMロック解除)のいずれかを選択します。
iPhoneのモデルをリストから選択し、SIMロック解除したいAT&T版iPhoneのIMEI番号を入力し、結果通知のための自分のEメールアドレスを入力します。
最後に、「Buy Now」ボタンをクリックします。

AT&T版iPhone 5/5c/5sは、$145しか選択がありません。

$70の方は、AT&T版iPhone 3G/3Gs/4/4sが可能ですが、解除までの待ち日数が長いです。

PayPal画面へ飛ぶので、必要事項を入力して、Paypalまたはクレジットカードで支払います。

Paypal領収画面が表示されます。

Eメールに領収通知が来ます。

さて、通常、1-5日、早くて8時時間ほどでSIMロック解除が可能なようです。

筆者が依頼したのはクリスマス前の2013年12月24日の午後7時34分。

さすがに25日は祝日で何も作業は進展していなかったと思います。

そして、本日26日午前10時28分に、SIMロック解除完了の「Congratulations」メールが来ました。
さすがに、早かったです。

そして、この業者は、信頼できる業者のようです。

■ iPhone SIMロック解除の最終手順

で、いつものように、「AT&T(および、そのMVNO)以外のSIM」をiPhone 5に挿入し、PCのiTunesに接続して、iPhoneのIMEIファクトリー・アンロックの最終手順をしようとしたら・・・

え、なに? 変?

まず、電波のところが、「検索中…」と表示され、

「アクティベーションが必要です」と表示されて、iPhone端末のハードウェア・アクティベーションの要求が出てきます。
ここまでは、以前と同じ。

この待ち受け画面から、「指、横すべり」でホーム画面へ行こうとすると、(Find My iPhoneを有効にしているため、)iCloud Lock解除の画面が出てきます。
これは、iOS 7から導入されたもので、盗難防止の一つの対策。このiPhoneのiCloud設定のユーザー(アカウント)名とパスワードを入力する必要があります。
(中古のiOS 7.0以上のiPhoneを購入するときには、iCloud Lockが解除されていないと、ホーム画面に行けないので、注意してください。)
iCloudアカウント名とパスワードを入力して、「次へ(Next)」をタップすると・・・

え? PCのiTunesに接続しなくとも、ホーム画面へ行くの・・・・?

お、SIM(ZIP SIM(旧Ready SIM))が認識された!!

このあと、通話の有効なZIP SIM(旧Ready SIM)(T-Mobile USのMVNO)で他の携帯電話に電話したら、ちゃんと使えました!
iOS 7からは、もう、PCのiTunesに接続しなくとも良いんですね!

・・・ということで、高かったけど、難しい条件無しで、かつ、(祝日を除けば)数時間で、AT&T版のiPhone 5のSIMロック解除が出来ました!











――<●>――
関連すると思われる記事:

3 comments to AT&T iPhoneのサードパーティ・ファクトリー・アンロックを試してみた。(2013年12月)

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>