AT&T/T-Mobile USA携帯(iPhone以外)のSIMロック解除方法


- Old Counter



目次:
SIMロック解除方法・・・このページ
メーカー・機種ごとのSIMアンロック・コードの入力方法(英文)・・・ページ 2


 

日本以外の携帯電話の一般的なSIMロック解除方法を、書きます。

なおiPhoneは、販売時にiPhoneの本体固体番号(IMEI番号)によって、「SIMロックの有無」がアップルのサーバーで記録され、コントロールされていますので、以下の方法は使えません。

この方法は、GSM/W-CDMA携帯に適用できます。

アメリカのCDMA2000 キャリア(例:Verizon、Sprint、Metro PCS、Cricket Wireless、Virgin Mobile USA、BoostMobileなど)は、基本的にアメリカ国内の2G/3G通信にはSIMがありません。

※ VerizonとMetroPCSの4G LTEではSIMを使っています。また、海外ローミングできるようにCDMA2000とW-CDMA/GSMの両方の通信方式に対応している携帯(例:Blackberry、Droid Proなど)は、W-CDMA/GSMの通信を使う時のためにSIMスロットが用意されています。

アメリカのCDMA2000キャリアでは、携帯本体の固体番号(ESN、MEID番号)を携帯会社のサーバーに登録して、携帯を使用します。
したがって、その固体番号をキャリアに登録できれば、どこのキャリアでも使用できます。
ところが、各社の携帯は自社の携帯サービスの機能に最適化されるように、携帯のOSは自社専用にカスタマイズしたものを搭載しています。そして、大きなキャリアは、自社用のOSを搭載していると確認された携帯の固体番号のみの登録を許可しています。

ごく一部の中小携帯会社は自社用の携帯を開発したり、メーカーに依頼するだけの販売ボリュームが無いので、他社用のCDMA2000通信方式の一部の携帯モデルは自社で使えるようにしてくれるところがあります。
それ以外は、CDMA2000キャリアの携帯は、一般的には他社では使用できません。

では、iPhone以外のGSM/W-CDMA携帯のSIMロック解除方法を書きます。

基本的な手順は、
1.SIMロック解除コードを入手する。
2.入手したSIMロック解除コードを、携帯に入力する。
になります。
なお、「SIMロック解除コードを、携帯に入力する」方法は、携帯のメーカーや機種によって違います。


1.SIMロック解除コードを入手する。

一般的に、GSM/W-CDMA携帯は、メーカー/機種/本体の固体番号(IMEI番号)に依存した「SIMロック解除コード(SIM Unlock Code)」を携帯に入力すれば、携帯のSIMロックが解除されます。

ところが、この「SIMロック解除コード(SIM Unlock Code)」は、携帯のメーカーかキャリアの担当者しかわかりません。

キャリアによっては、ある条件を満たした場合(例:2年契約を満了している場合、または、最低3ヶ月の契約期間を過ぎた場合、など。)は、合法的に「SIMロック解除コード(SIM Unlock Code)」をキャリアのコンピュータシステムで調べてくれて、直営ショップでこのコードを使ってSIMロック解除してくれるキャリアもあります。

アメリカではT-Mobile USAはかなり前向きに同社用の携帯のSIMロック解除を無料でしてくれるようなので、T-Mobile USAの携帯をお持ちの方は、まずは同社の直営ショップ、または、T-Mobile USAのウェブサイトからカスタマーサービスのチャットにアクセスして、「unlock code(SIM解除コード)」頼んでみることをお勧めします。
http://support.t-mobile.com/community/chat
SIM解除コード入手には、契約中の電話番号、オンラインアカウント管理のパスワード、契約時に作成したPIN番号(プリペイド携帯の場合)、携帯のメーカー名・モデル名(モデル番号)、携帯の固体番号(IMEI)、SIM解除コードを受け取るEメールアドレスが必用です。
SIM解除コード・リクエスト後、リクエスト確認メールが数時間後にEメールアドレスに来て、通常24-48時間後にSIM解除コードがEメールアドレスに送られてきます。
SIM解除コード入手後、Eメールの指示に従って、そのSIMロック解除コードを使って携帯のSIMロックを解除します。

AT&Tも規約では契約90日以上経過したユーザーのSIMロック解除地クエストには、応じるようです。(iPhoneは例外です。)
AT&Tは1年間にSIMロック解除リクエストできる携帯の数は、1アカウント当たり5台までとなっています。

さて、直営ショップやカスタマーサービスがSIMロック解除に協力的でない場合は、他の方法で「SIMロック解除コード(SIM Unlock Code)」を入手しなければなりません。

インターネットの検索エンジンで、SIMロック解除したい携帯のメーカー、モデル番号、そして、「SIM Unlock Code」をキーワードとして、検索します。

たとえば、携帯が「Pantech C630」であれば、『Pantech C630 SIM Unlock Code』といった感じです。
沢山出てくると思いますが、たとえば、こんな感じです。

コストは機種やウェブサイトによりますが、$10-$50くらいです。
どのウェブサイトで「SIM Unlock Code」を購入するかを決めたら、そのサイトに注文を入れます。
注文時に必要な情報は、個人情報、支払方法(クレジットカード情報)のほか、SIMロック解除したい携帯の
1.携帯メーカー名
2.携帯モデル名
3.携帯のIMEI番号
4.携帯がSIMロックされているキャリア名
です。
モデル名やIMEI番号は、バッテリー・コンパートメントの内側に書いてあることが多いです。
また、機種によっては携帯のメニューボタンからIMEI番号を表示したり、特定の数字を入力すると画面にIMEI番号を表示するモデルもあります。(例:Nokia、Motorola、Sony Ericsson、Samsung、HTC、AppleなどのW-CDMA/GSM携帯は、「*#06#」とダイアルする(最後に送信ボタンは押さない)と、IMEIが画面に表示される携帯があります。)

IMEI番号の探し方は、
AT&T GoPhone/プリペイドSIMをSIMフリー携帯等で使う場合のアクティベーションの方法・・・ページ 2
を参照してください。

以上の情報をSIMアンロック・コード調査業者に送ったら、1~3日待ちます。
注文確認書は、大事に保存しておきましょう。

彼らはキャリアや携帯メーカーのコンピュータにアクセスできる人の助けを借りて、「SIMロック解除コード(SIM Unlock Code)」を入手してくれて、電子メールで教えてくれます。
または、自分で開発した「SIMロック解除コード」生成プログラムにIMEI番号を入力して、「SIMロック解除コード」を電子メールで教えてくれます。

早ければ、数時間~24時間くらいで「SIMロック解除コード(SIM Unlock Code)」が電子メールで送られてきます。

2.入手したSIMロック解除コードを、携帯に入力する。

入手した「SIMロック解除コード(SIM Unlock Code)」を携帯に入力します。

この方法は、携帯の機種によって違います。
通常、SIMロックを解除したい携帯の機種により、SIMロック解除コード業者が詳細なSIMロック解除方法の指示を、電子メールでくれます。

例として、Pantech C630の場合は、
1.AT&T(もともとSIMロックされているキャリア)のSIMを入れる。
2.電源をオンにする。
3.「*#865625#」を入力する。
4.「SIM Unlock Process」の画面メッセージが出るので、「Yes」のボタンを押す。
5. 8桁のSIMアンロックコードを入力し、「OK」ボタンを押す。
6. 再度、8桁のSIMアンロックコードを入力する。
7. 「Unlock Process Complete」の画面メッセージが出る。
8. 「OK」ボタンを押す。
でSIMロック解除が完了します。

別の例としては、最新のスマートフォンなどでは、「もともとSIMロックされているキャリアのSIM」以外のSIMを挿入して電源をオンにすると、「SIM network unlock PIN」または「SIM network unlock code」の画面になるので、そこに入手した「SIMロック解除コード」を入力して、「Unlock」「Continue」などのボタンをタッチします。

以下のページに(英文ですが)各メーカー/機種ごとのSIMアンロック・コードの入力方法を書いておきます。

 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: