iPad 4/iPad MiniとiPad Air/iPad Mini RetinaでT-Mobile USプリペイド通信プランに加入する方法


- Old Counter



iPad 4/iPad MiniとiPad Air/iPad Mini RetinaでT-Mobile USプリペイドモバイル通信プランに加入する方法を備忘録のために記述します。

T-Mobile USが、「月200MBまで無料データ通信」プランに加入可能な端末のリストを発表 – 2013年11月3日
に記述してある端末ではT-Mobile USプランに加入すると、毎月200MBまで無料でデータ通信が使えます。そして、必要なときには
● 1日(24時間)500MBまで、$10
● 7日間 1GBまで、$15
● 30日間 2.5GBまで、$30
でクレジットカード/Eチェック(アメリカ銀行口座)で支払いが出来ます。(PIN=リフィルカードでの支払いは現在、機能していないようです。)
したがって、アメリカ現地居住者も、旅行者も、「月200MBまで無料データ通信」プランに加入しておいて、200MBをオーバーしたら、その時だけ追加プランを購入すれば良いことになりますね。

なお、iPad 1(オリジナル iPad)、iPad 2、iPad 3ではここで説明する手順が使えません。これらの旧iPadでは、「設定(Settings) ⇒ モバイルデータ通信(Cellular Data)」メニューで「アカウントを表示(View Account)」項目が出て来ないので、以下に書いた「ブラウザーを使ってアクチする方法」を使ってください。
iPad 1/iPad 2/iPad 3でT-Mobile USプリペイド通信プランに加入する方法 – 2013年11月11日

■ 使用するSIM

T-Mobile USのSIMは未開通状態ではどれでも同じなので、どのSIMを使ってもかまいません。ナノSIMが必要な場合には、ノーマルSIM/マイクロSIMを自分でカットしても構いません。
T-Mobile USのプリペイド携帯プランへの加入(SIM アクティベーション)には「Activation Code」が必要ですが、T-Mobile USのモバイル通信プランの加入には「Activation Code」は不要です。
T-Mobile USのSIMにはアクチ有効期限が「Activate by」の下に書かれています。必ずこの前にアクティベートをしてください。この期限が切れたSIMは、アクチが出来ないことを確認しています。
アクチさえこの期限前にしておけば、使用すること自体はその期限を越えても継続して出来ます。

T-Mobile USのオンラインショップではモバイル通信用SIMは$10で販売していますが、頻繁に$1.99セール、$0.99セール、時には「無料」セールもあります。
家電量販店BestBuyでは$14.99で携帯用「T-Mobile Prepaid SIM Kit」を販売していますので、それを購入して、SIMだけ使用する方法もあります。Walmart.comでも「T-Mobile Prepaid SIM Kit」を販売していますが、実店舗にあるかどうかは不明です。
もちろん、T-MobileショップでSIMを購入するか、対応した店員によっては無料で貰うことも可能です。

電気店Radio Shackは、T-Mobile USとの代理店契約を2011年夏に終了し、更新していないので、Radio Shackへ行ってもT-Mobile SIMやT-Mobile携帯はまったく見つかりません。

■ 初期アクティベーションの手順

T-Mobile USの未開通SIMをiPad/iPad Miniに挿入し、電源を入れます。

「設定(Settings)」を起動し、

必ず「Wi-Fi」を「オフ」にします。

「Wi-Fi」を「オン」のままで「設定(Settings) ⇒ モバイルデータ通信(Cellular Data) ⇒ アカウントを表示(View Account)」を起動すると、現在のところエラーメッセージが表示されます。PCなどのブラウザーで「T-MobileのMyAccount(My.T-Mobile.com)」サイトへアクセスし、モバイルデータ通信アカウントでログインした場合も、同じエラーメッセージが出て、PC/ブラウザーでのオンラインアカウント管理が出来ません。(T-Mobile USのプリペイド携帯電話のアカウント管理は、問題ありません。)
おそらく近い将来にこの状態は改善され、オンラインでPCからでもブラウザー経由でT-Mobile USのモバイルデータ通信アカウントのオンライン管理は出来るようになると思います。(以前は、出来ました。)しかし、現在は出来ませんので、注意してください。

追記:My.T-Mobile.comではなく、
http://mim.t-mobile.com
で、PC/ブラウザーでオンライン・アカウント管理が出来るようになるようです。(この記事を書いている現在は、まだサイトが安定していない。)


「Wi-Fi」を「オフ」にし、セルラー通信でT-Mobile US回線に繋がっていることを確認します。T-Mobile US回線に接続されていないと、以下のアクチ作業は出来ませんので、注意して下さい。
米国外(例:日本国内)でT-Mobile USのローミングパートー(ソフトバンク)の回線に繋いで以下の作業が出来るかどうかは、不明です。どなたか報告していただけると、ありがたいです。
「モバイルデータ通信(Cellular Data) ⇒ アカウントを表示(View Account)」をタップします。

SIMの状態をT-Mobile USサーバーでチェックし、

SIMがアクチされていなければ、次のメニューが現れます。新規加入の場合には、「Create a new account for this ipad」をタップします。

氏名、アメリカ国内連絡先電話番号(無ければ、ホテルの電話番号など)、Eメールアドレス、パスワード、あとで本人確認が必要な時のための生年月日、米国内で通信を使用する住所(ホテルの住所などでも可)を入力し、「Next」をタップします。

ここで、パスワードは8-16文字。
必ず、大文字が最低一個、小文字が最低一個、数字が最低一個、「~!@#$%^&*=?」の特殊文字が最低一個、という条件になっていますので、注意して下さい。(でも、「=」はダメだったようです。)

無料プランだけに加入する場合には、「通信プランオプション(CELLULAR DATA PLAN OPTIONS)」の欄はそのまま(「On Demand Only」「No additional data」)にしておきます。

使用許諾に「Agree」をタップし、

入力情報を確認して、「Submit」をタップ。

SIMがアクティベートされ、T-Mobile USモバイル・インターネット・アカウントが作成されます。
「OK」をタップして、数分待っていると・・・

「モバイルデータ通信プランが更新されました」のポップアップがiPad画面に表示されます。
何か他の作業をしているときには、このポップアップメッセージを見逃すことがあります。その場合には、数分おきにブラウザーを起動し、ネットに繋がったかどうかを確認してください。

APNは自動設定されているはずですが、そうでなければAPN値を「fast.t-mobile.com」に設定します。
APNのLTE設定は不要です。(ノーマルAPNと同じ値を使うので・・・)

これで、月200MBまで無料でT-Mobile USのモバイルデータ通信がアクセスできます。

無料プランでもテザリング(インターネット共有)が使用できますが、もし、下の写真のように「このアカウントで”インターネット共有”をオンにするには、T-Mobileに問い合わせてください。」というメッセージが表示された場合には、一度、iPadの電源を切り、再度入れ直してください。(再起動)

そうすれば、テザリング(インターネット共有)が使用できるようになるはずです。


登録したEメールアドレスには、確認のメールが届きます。SIMに割り当てられた電話番号(10桁のDevice#)と、「200MBが、x月x日まで使用可能。」と記述されています。翌月には再度、同じメッセージで次の期限が書かれたEメールが来るのでしょう。

もうひとつのEメールにはPIN番号が書かれています。これは、なんに使うのでしょう?

なお、ここまでのところは、クレジットカード情報を入力せずに加入できます。
必要なのは、氏名、Eメールアドレス、パスワード、生年月日、適当(?)な「現地」連絡電話番号と「使用地」住所。

残念ながら、(今のところ)すべて、現地でT-Mobile US回線に繋いで作業をしなければならないのが、難点です。

■ 追加プランの購入方法

初期アクティベーション後、必要に応じて追加オプションを購入する場合には、前述手順と同じようにiPadの「Wi-Fi」をオフにし、T-Mobile USセルラー回線に繋いだ状態で、「設定(Settings) ⇒ モバイルデータ通信(Cellular Data) ⇒ アカウントを表示(View Account)」からログインして、追加プランに加入し、クレジットカードで支払いを行います。
クレジットカードの住所入力がアメリカの住所しか入力できないので、日本のカードが使えるかどうかは、不明です。使えない場合には、アメリカのVISA/MasterCard/Amexのギフトカードを使いましょう。
アメリカのVISA/マスター/AMEXギフトカードを使ってみた(日本から使えるか、検証) – 2011年9月7日

近い将来、PCまたはiPadからブラウザーで、(つまり、T-Mobile回線に繋がっていないアメリカ国外からも)
http://mim.t-mobile.com
にアクセスして追加プランの購入が出来るようになるはずですが、この記事を書いている現在のところ、サイトがまだ安定して機能していないようです。

「設定(Settings)」を起動し、

必ず「Wi-Fi」を「オフ」にします。

「モバイルデータ通信(Cellular Data) ⇒ アカウントを表示(View Account)」をタップします。

登録したEメールアドレスとパスワードを入力し、「Next」をタップします。

「Add Data or Change Plan」をタップします。
 

有料プランを選択します。
「One-Time Domestic Data Pass Options」は、一回きり(自動更新しない)プラン。(もちろん、制限まで達したら、期限前でも再度、追加加入は出来ます。)
「Recurrring Domestic Data Pass Options」は、毎月自動更新するプランです。

一回きりのプランは、
● 1日(24時間)500MBまで、$10
● 7日間 1GBまで、$15
● 30日間 2.5GBまで、$30
から選択。

自動更新するプランは月の使用バイト数が2.5GBを超えるプランがあり、多く使用する人には経済的です。
しかし、終了したらプランを解約(Cancel)しておかないと、翌月も自動更新されるので、注意して下さい。

有料通信プランを選択したら、「Next」をタップします。

クレジットカード情報を入力して、「Next」をタップします。

「Service Address(使用する住所)」と「Billing Address(クレジットカードの登録アドレス)」が違う場合には、「Use a different billing address」を選択して、両方の住所を入力します。

このあとは、画面にしたがって、支払いを完了して下さい。

■ 自動更新のキャンセルの仕方

近い将来、PCまたはiPadからブラウザーで、(つまり、T-Mobile回線に繋がっていないアメリカ国外からも)
http://mim.t-mobile.com
にアクセスして、自動更新のキャンセルが出来るようになるはずですが、この記事を書いている現在のところ、サイトがまだ安定して機能していないようです。

自動更新プランに加入した場合に、その自動更新をキャンセルする場合には、「設定(Settings) ⇒ モバイルデータ通信(Cellular Data) ⇒ アカウントを表示(View Account)」でログインして、メインメニューから「Cancel Plan」をタップして行います。

このときに、次の画面で必ず「Cancel Plan and Delete Account Later」を選択して下さい。
「Cancel Plan and Delete Account Now」を選択しないこと。間違ってこれを選択すると、通信プランが即、使えなくなり、登録(ログイン)アカウントが抹消され、SIMは再アクティベートが必要か、または、新しいSIMが必要になります。

また、自動更新するプランに加入していなければ、Cancelのオプションは「Cancel Plan and Delete Account Now」しか画面に表示されません。この場合は、絶対にこのオプションを選択しないこと。これを選択すると、通信プランが即、使えなくなり、登録(ログイン)アカウントが抹消され、SIMは再アクティベートが必要か、または、新しいSIMが必要になります。

■ 一台のiPadで複数のSIMをアクティベートできるか

「一台のiPadで複数のSIMをアクティベート出来るか?」、つまり、この「T-Mobile USプリペイドモバイルデータ通信アカウントは端末のシリアル番号(IMEI番号)で管理しているのか?」、興味ありますね。

検証してみました。
可能です。同じ端末を使って、別のSIMをアクチし、別の月200MBプランに加入できました。
つまり、SIMを沢山アクチして用意しておき、200MBを無料で使って、制限に達したら、別のアクチしたSIMに差し替える・・・ということは、可能です。
これが面倒でなければ、短期滞在ならやる価値はあるかもしれませんね。

■ 既にアクティベートしたSIMなのに、ブラウザーがT-Mobileのサイトにしか行かない。(複数のSIMを入れ替えたりした場合に良く起こる?)

たぶん、複数のアクチされたSIMを差し替えたりすると、以下のようにブラウザーを起動したときに、T-Mobileサイトだけしかアクセスできなくなります。


この場合には、端末に保存されている認証キーのリセットをしてみて下さい。

「設定(Settings)」を起動し、

「一般(General)⇒リセット(Reset)」をタップし、


「加入中のサービス(Subscriber Services)」をタップし、


「認証キーをリセット(Reset Authentication Key)」をタップします。


このあと、ブラウザーで再度アクセスしてみてください。

■ iPadでアクチしたSIMを、iPhone/スマホで使えるか

はい、これも検証済みです。

T-Mobileタブレット・モバイルデータ通信プランに加入したSIMは、T-Mobileが「T-Mobile用モバイル通信端末(タブレット)」でしか使用できません。

このSIMを携帯電話(スマートフォン、iPhone)に挿入すると、SIMは認識しますが、ブラウザーを立ち上げると「My.T-Mobile.com」サイトにしかアクセスできません。したがって、このSIMはスマホ/iPhoneには使えません!

iPadでアクチしたSIMは、T-Mobile USのポケットWiFiやUSBモデムで使用した場合でも、スマホのときと同じように、「My.T-Mobile.com」サイトにしかアクセスできません。したがって、このSIMはポケットWiFiやUSBモデムでも使えません。











――<●>――
関連すると思われる記事: