Nexus 7 LTEをT-Mobile US SIMで使う : T-Mobile USプリペイドMobile Broadband (Pay-In-Advance Mobile Internet)プラン加入方法


- Old Counter



Nexus 7 LTEをT-Mobile US SIMで使う方法です。
この方法は、T-Mobile USが、T-Mobile US用の「モバイル通信ポケットWiFi」「モバイル通信USBモデム」「モバイル通信タブレット端末」と認識している端末で、モバイル通信専用プランに加入する一般的な方法でもあります。

以前、
T-Mobileプリペイド・モバイル通信(webConnect / Mobile Broadband)用のSIM購入・アクティベート手順 – 2011年6月23日
として紹介した加入手順ですが、画面も新しくなり、また、プラン名も新しくなっています。
● 旧名:Prepaid webConnect サービス
● 現在使用されているサービス名:Prepaid Mobile Broadband、または、Pay-In-Advance Mobile Internetサービス

最近(2013年10月)、サービス内容(プラン料金)も新しくなり、また、先般発表されているように、iPad Air/iPad Mini with Retenia Displayが発売される2013年11月1日から、毎月無料で200MBまでデータ通信アクセス可能なプランが、これになるはずです。

このプランでは、
1.T-Mobile USが「T-Mobile US用モバイル通信端末(ポケットWiFi、USBモデム、iPad/iPad Mini/アンドロイド等のタブレット端末)」と認めた端末でしか、加入が出来ません。PCなどからブラウザー(Web)で加入する方法は、ありません。したがって、「T-Mobile用モバイル通信端末」を持っている人だけが、加入できます。

筆者の推測としては、Nexus 7 LTE(2013)以外にも、全てのiPad/iPad Miniモデルがこれに加入できると思っていますが、実際に2013年11月1日になってiPad用T-Mobileキャリアプロファイルが降って来て、旧モデルのiPad/iPad Miniなどでも試してみないことには確証は出来ません。今のところは、推測段階です。

2.どのT-Mobile US SIMでも、このプランにアクチ出来るはずです。ただし、T-Mobile USプリペイド携帯SIMで必要な「アクティベーション・コード」は、Mobile Broadbandプランでは必要ありません。
つまり、家電量販店で「T-Mobile USプリペイド携帯用アクティベーション・キット」を$14.99で購入し、その中のSIMだけ使用することも可能なはずです。

3.加入時に、有料プランに加入する必要はありません。SIMをアクチすると、自動的に「$0 Pay in Advance Mobile Internet plan」に加入されます。
以下の4.に説明する「オプション」の有料プランに加入しなければ、
● 2013年11月1日から、毎月200MBまで無料使用、が、自動的に追加され、使用出来るようになるはずです。

4.有料プランとしては、次のどれかを有効に出来ます。
(1)オプションとして、「毎月自動更新プラン(30-day Auto Renew data passes)」に加入出来る:次のいずれかを選択すると、それを止めるまで、毎月自動的にクレジットカードに課金されます。
● 500MBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題/最大30日まで – $20
● 2.5GBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題/最大30日まで – $30
● 4.5GBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題/最大30日まで – $40
● 6.5GBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題/最大30日まで – $50
● 8.5GBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題/最大30日まで – $60
● 10.5GBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題/最大30日まで – $70
● 12.5GBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題/最大30日まで – $80
(2)毎月自動更新プランとは別に、以下のプラン(On-Demand Data Pass)を必要に応じて2個まで追加できます。
● 1 hour data passes – 最大10MBまで。制限に達するとデータ通信使用不可。 – $1 (アカウントに残高(Balance)が残っている場合、残高を消費するためにだけ使用できる。)
● Day Pass – 最大500MBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題 – $10
● Week Pass – 最大1GBまで高速、それ以上は速度制限で使い放題 – $15
● 30 Day Pass – 最大2.5GBまで、それ以上は速度制限で使い放題 – $30

同時に
● (1)の自動更新プランが一つまで
● (2)のOn-Demandプランが二つまで
が追加(登録)可能。(⇒ 1ヶ月の期間内に???【要確認】)

【T-MOBILE.COM】T-MOBILE SUPPORT > PLANS & SERVICES > DOCUMENTS:Pay in Advance Mobile Internet changes - 2013年10月4日 【2013年10月21日更新】

つまり、Nexus 7 LTE(2013)、iPad/iPad Air/iPad Mini/iPad Mini with Retina Display、T-Mobile用ポケットWiFiで新しくT-Mobile USプリペイドMobile Broadband (Pay-In-Advance Mobile Internet)プラン用にSIMをアクチすると、2013年11月1日より「毎月200MBまで無料」で、必要に応じて「Day/Week/30 Day Passで500MB~2.5GB」x2回追加できるようになるはずです。

追加の詳細や変更事項は、2013年11月1日以降に判明次第、このページに追加・修正します。

■ プラン加入手順

T-MobileのSIMを用意します。SIM台紙に掛かれている有効期限が過ぎていなければ、どのSIM(STKコード、ZZZ番号)でも良いはずです。
ここでは、携帯用のノーマルSIMと、データ通信用ノーマルSIMを、どちらもマイクロSIMにカットして使用してみます。


Nexus 7 LTE(2013)、または、T-Mobile USが「T-Mobile用モバイル端末」と認知している端末に挿入します。

電源を入れ、ロック画面からホーム画面へ移動します。

メニュー・アイコンをタップし、

設定(Settings)を起動し、

WiFiをオフにします。

ホーム画面に戻り、ブラウザーを起動します。

未開通のT-Mobile SIMを挿入してあると、T-Mobileのモバイルデータ通信(Mobile Broadband Device)アクチ画面へ誘導されます。

ブラウザーを起動する代わりに、(WiFiをオフにした後、)
「設定(Settings)⇒ 無線とネットワーク:その他…(Wireless & Networks:More…) ⇒ モバイルプランの管理(Manage mobile plan)」をタップしても、



ブラウザーが起動して、自動的にアクチ画面へ導かれます。

「Activate and Register」をクリックします。

必要な情報を入力し、「Activate and Register」をクリックします。
特に
● パスワードは、8~15文字
● うち、最低1文字が大文字
● うち、最低1文字が小文字
● うち、最低1文字が数字
の条件を守ってください。
また、PINは4桁の数字です。

SIMのアクチに成功すると、

SIMの電話番号が表示されます。現在、Nexus 7 LTE(2013)購入者には、最初の1ヶ月/2GBまで無料データ通信のプロモーションが提供されています。

また、登録したEメールアドレスには、登録確認Eメールが到着します。

アクチ後、ネットに接続できます。

アクチ後、有料オプション追加が必要であれば、「My.T-Mobile.com」にログインして行えるはずですが、現在、モバイルデータ通信加入者用画面はシステムメインテナンス中のようです。 「mim.t-mobile.com」にログインして行えます。必要なのは、登録したEメールアドレスとパスワードです。

ブラウザーを起動して「mim.t-mobile.com」にアクセスする代わりに、
「設定(Settings)⇒ 無線とネットワーク:その他…(Wireless & Networks:More…) ⇒ モバイルプランの管理(Manage mobile plan)」をタップしても、ブラウザーが起動して、自動的に管理画面へ導かれます。

その詳しい手順は、
iPad 1/iPad 2/iPad 3でT-Mobile USプリペイド通信プランに加入する方法 – 2013年11月11日
の「■ 追加プランの購入方法」以降を参照してください。
このとき、必ずWiFiはオフにして、T-Mobile US回線に繋がっている必要があります。

※ 備考:
同じ端末で、複数のSIMを使ってアクチし、プロモーションを重複して受けることが出来るか?
実は、今回のアクチ検証で、1回目にアクチ後の「確認・電話番号」画面を表示する前に、「2度、アクチボタン」をタップしてしまい、失敗したため、もう一枚新しいSIMを同じNexus 7 LTEでアクチしてみたら、アクチ出来ました。そして、2枚とも「最初の月が2GBまで無料データ通信」のプロモーションが付いていました。

これから推測するに、1台の端末で、複数のT-Mobileモバイルデータ通信(SIM)に加入することは、可能のようです。これが可能であれば、複数のSIMでそれぞれ毎月200MBまで無料通信が出来るかもしれません。ただし、「月200MBまで無料」サービスは2013年11月1日から開始されるものであって、T-Mobileも「抜け穴」に気が付いて、それを防ぐ対策を行ってくる可能性もありますので、ご注意ください。











――<●>――
関連すると思われる記事: