Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年7月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



AT&T Elevate 4G (Sierra Wireless AirCard 754S)をT-Mobile USのSIMで使って、LTEを掴むか検証


- Old Counter



T-Mobile USがプリペイド契約でLTE接続を今年2013年3月から許可し、我が家にもT-MobileのLTEが6月13日に来ました。
その後、標題の件を検証しないといけないと思いながら、タイ/日本へ行く次男、その直後に日本へ遊びに行く三男にElevate 4Gを貸してしまったので、9月初めまでElevate 4Gが戻って来ず、戻って来たら、地下室浸水でバタバタしてしまい、昨日まで時間がありませんでした。

しかし、漸く、この検証をしてみることが出来ました。

なぜこの検証がしたかったかというと、・・・
実は、AT&T Elevate 4Gは、AT&TがT-Mobile USA(現T-Mobile US)の買収を発表した2011年3月20日から、司法省/FCCの買収反対にあってその買収を諦めた2011年12月19日の、その、真っ只中の2011年7月に発売されました。しかし、Elevate 4Gが発売された当時は、AT&TはT-Mobile USAの買収許可が出ることを確信していたので、このElevate 4GにはT-Mobile USAの所有しているAWS(Band 4)のLTEが含まれていたのです。

その後、T-Mobile USAが2013年3月末に公式にBand 4でのLTE開始を発表し、2013年6月13日には我が家にもT-Mobile USのLTEが来たので、本当にElevate 4GでT-Mobile USのBand 4(AWS) LTEが使えるかどうか、検証できる状態になった、ということになります。

使用するのは、T-Mobile USのプリペイド携帯プランに加入したSIMです。
T-Mobile USのプリペイドモバイルデータ通信プランヘの加入は、T-Mobile US認定のタブレット端末やポケットWiFi/USBモデムでのみアクティベートが可能です。(本体にT-Mobile US未開通SIMを挿入して、アクティベートしなければなりません。)したがって、T-Mobile USに認定されていない端末であるElevate 4Gでは、T-Mobile USのプリペイドモバイルデータ通信プランヘの加入は出来ません。

よって、今回Elevate 4Gで使用するT-Mobile USのSIMは、T-Mobile USのプリペイド携帯プランに加入したSIMになります。

完璧を求めるなら、他のT-Mobile USモバイルデータ通信端末を使用してアクティベートした「T-Mobile USのプリペイドモバイルデータ通信プラン」SIMをElevate 4Gで使えるかどうかも検証してみる必要があるかもしれません。しかし、先にも書いたように、T-Mobile USのプリペイドモバイルデータ通信プランヘの加入は、T-Mobile US認定のタブレット端末やポケットWiFi/USBモデムでのみアクティベートが可能です。(PCからWeb経由では、アクティベート出来ません。)ということは、「T-Mobile USのプリペイドモバイルデータ通信プラン」へ加入するためには、既にT-Mobile US専用のモバイルデータ通信端末(特に、にT-Mobile US専用ポケットWiFi)を持っている確率が高いことになります。
「わざわざT-Mobile US専用ポケットWiFiを持っているのに、そのSIMをElevate 4GポケットWiFiに入れ直して使う。」というのは、実用的にはあまり有り得る状況とは考えられないので、その検証はここではしません。

■ LTE接続可能なT-Mobile USプリペイド携帯用SIM

まず最初に、「LTE接続可能なT-Mobile USプリペイド携帯用SIM」について注意事項を一つ。

2013年3月末以前にアクティベートしたT-Mobile USプリペイド携帯用SIMは、そのままではLTEが接続できない可能性が大きいです。
T-Mobile USのLTE開始とプラン料金/ポリシー変更が実施されてから暫く経っているので、2013年3月末以前にアクティベートしたT-Mobile USプリペイド携帯用SIMでも、自動的にLTEに接続できるようになったかと思ったのですが、筆者が持っているSIMでは、出来ませんでした。3G/”4G”(HSPA+/DC-DSPDA)接続が限度です。
2013年3月末以前にアクティベートしたT-Mobile USプリペイド携帯用SIMでも、T-Mobileのカスタマーサービスに電話して、LTE対応にしてもらえば、LTE接続はそのままのSIMで可能と思われます。

2013年3月末以降にアクティベートしたT-Mobile USプリペイド携帯用SIMは、そのまま何もしなくとも、LTE接続が可能です。
筆者は2013年5月1日ごろにアクティベートしたT-Mobile USプリペイド携帯用SIMがあり、既にAT&T用iPhone 5でLTE接続の実験をしているので、今回はそのSIMを使います。

■ AT&T Elevate 4G (Sierra Wireless AirCard 754S)をT-Mobile USのプリペイド携帯プラン用のSIMで使って、LTEを掴むか検証

一応、念のためにAT&T Elevate 4GのAPNは「fast.t-mobile.com」(ユーザー名/パスワードは空白)に設定し、T-Mobile USのSIMを挿入し、AT&T Elevate 4Gを電源オフ/オンしました。

結果は、以下のように、めでたくT-Mobile USのLTEを掴みました。


つまり、AT&T Elevate 4G (Sierra Wireless AirCard 754S)は、
● AT&TのSIM(GoPhone SIM、Prepaid DataConnect SIM、iPad SIM【iPad3以上】)
● T-Mobileプリペイド携帯用SIM
で、LTEを掴みます。

SpeedTestもダウンロード速度が13Mbpsで、T-Mobile USの3G 1900MHz HSPA+速度の7~8Mbpsよりも速くなっていますので、確実にLTEで接続していることがわかります。

先にも書いたように、AT&T Elevate 4G (Sierra Wireless AirCard 754S)は2011年7月に最初にリリースされたポケットWiFiで、今購入すると、「2年前の製品」を購入することになります。
しかし、このポケットWiFiは発売当初からSIMロックフリーで販売されており、現在でもSIMロックフリー版が入手しやすい製品です。
それに対して、DMCA著作権法により、アメリカの最近のポケットWiFiは2013年1月26日以降に発売された携帯端末のSIMロック解除は(発売時に最初からSIMロックフリーで発売されている端末を除いて)、今後、法改正が実施されない限り、難しい状態です。(キャリアとポストペイド契約アカウントがあれば、2013年1月26日以降に購入した端末でも、SIMロック解除リクエストは可能です。)
アメリカでキャリアの許可無くSIMロック解除できなくなるのは、アメリカで今日(2013年1月26日)から購入する携帯だけです。 – 2013年1月27日

したがって、筆者の個人的意見としては、「そんな古い端末を今頃買って、どうするの? 画面がカラーなのやタッチスクリーンのを含め、もっと新しいポケットWiFiは他にも出ているのに・・・」と思う一方、「アメリカでAT&TまたはT-Mobile(またはそのMVNO)に接続したいなら、現時点で購入できるアメリカ用ポケットWiFiとしては、Elevate 4G (AirCard 754S)が一番入手し易いので、仕方が無いかな。」とも思います。

とりあえず、「SIMフリーのAT&T Elevate 4G (Sierra Wireless AirCard 754S)を既に購入して持っている人は、AT&TのSIM(Band 17、700MHz Lower B)だけでなく、T-Mobile USのSIM(Band 4、AWS)でも、LTE接続できる」という検証は、成功のうちに確認できました。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>