Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカと世界の空港のWiFi情報


- Old Counter



アメリカの格安航空券情報サイトのAirfareWatchdog・comが、アメリカ国内と世界の空港のWiFi有無と、使用料を表にまとめてあります。

最近は空港のWiFiは無料、または、無料化されるところが多いかと思ったのですが、有料のところもあるんですね。

表は画像(JPG)になっているので、ご自分でクリックして、見てください。
【AirfareWatchdog】Airport WiFi Access Chart

PDFファイルは、こちらのリンクから。
【AirfareWatchdog】Airport WiFi Access Chart (PDFファイル)

なお、AT&Tポストペイド携帯契約加入者で米国外へ旅行する際に月$60以上の国際ローミングオプションに加入すると、海外の空港や市中ででBoingo Wirelessが提供しているWiFiは、AT&T WiFi Internationalアプリをインストールし、AT&T WiFi Internationalに事前登録していくと、月1GBまで無料で使用できます。(事前登録が、なかなかスムーズに行かないことがあるようですが・・・)
AT&T iPhone/iPad/スマホのデータ通信国際ローミングプラン加入者は、世界の主要国際空港でBoingoのWiFiが無料でローミング使用可能になります。 - 2013年4月11日
AT&T iPhone/iPad/スマホのデータ通信国際ローミングプラン加入者は、イギリス/日本等の公衆WiFiが無料でローミング使用可能になります。 - 2013年2月20日











――<●>――
関連すると思われる記事:

  • 関連すると思われる記事が見付かりませんでした。

4 comments to アメリカと世界の空港のWiFi情報

  • 日本でAT&T契約者?

    日本でAT&Tに加入するという選択がまずあるのかどうか知りたい

    [返信]

    管理人 返信:

    アメリカでAT&Tと携帯のポストペイド契約済みの人が、日本に行ってから、AT&T WiFi Internationalプランに加入できるかどうか、という話であれば、国際ローミングプランとAT&T WiFi Internationalプランへの加入はアプリやウェブサイトからできるので、理論的には可能です。加入にトラブったら、日本からAT&Tのカスタマーサービスにコンタクトすれば問題は解決できるでしょう。

    日本在住の人がAT&Tと携帯のポストペイド契約できるかどうかと言う話であれば、ポストペイド契約だと後追い請求があるので、アメリカに毎月の請求書を送る住所が無ければ、AT&Tと携帯のポストペイド契約はできません。(加えて、アメリカのソーシャルセキュリティー番号や良好な与信履歴が無ければ、ポストペイド契約時にデポジットを要求されます。)

    AT&T WiFi Internationalプランに加入するためには、
    1.アメリカでAT&Tに携帯のポストペイド契約中
    2.米国外に出ている時にデータ通信国際ローミングプランに加入していること(月$60、$120)
    が前提条件です。AT&T WiFi Internationalプランだけへの加入は出来ません。

    [返信]

  • 日本でAT&T契約者?

    米国在住者限定のAT&T加入者という但し書きが必要だと思われます。
    日本のニュースサイトで日本人が使えるかものように書かれていたのにちょっと驚いたので。
    主語を明確にしていないと今のご時世勘違いして自分も対象者と思う人間が増えているので。
    そこをはっきりさせたかったのです。

    [返信]

    管理人 返信:

    本文中の「AT&T加入者」を「AT&Tポストペイド携帯契約加入者」に変更しました。
    どこの国でも同じですが、「ポストペイド契約」は追加請求(例:国際電話使用料金、など)が発生する可能性があるので、請求書が現地で受け取れるように、また、未払いの場合には携帯会社が現地で回収できるように、現地での住所が必要なのが普通です。したがって、一般には「ポストペイド契約条件」は、自動的に「現地居住者条件」とイコールになります。しかし、家族や知人が現地に住んでいる/現地法人が現地にある、などであれば、その条件も何とかなる場合があります。

    また、AT&Tは日本には法人部門しかありませんので、日本で日本居住者へのコンシューマーサービスはそもそも営業していません。(AT&T国際電話コーリングカード以外は・・・)

    AT&T WiFi Internationalサービスは、AT&Tに国際ローミング料金を払っている人に対して、セルラーデータ通信をオフロードするためにWiFiを無料にしているものです。したがって、WiFiだけ無料で使えるわけではありません。このサービスの貢献を得るのがメイン目的で日本に住んでいる人がわざわざ月$60-120の国際ローミング料金を払い、更に月$65以上のポストペイド基本料金を払うのは、お金の無駄ですね。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>