Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


UQ World WiMAXアメリカローミング料金は、Clearwire(Sprint)アメリカ現地料金と同額です。


- Old Counter



UQコミュニケーションズのWorld WiMAXローミング、アメリカローミング料金が2013年7月26日から有料になりましたね。

皆さん周知のことかと思いましたが、知らない人が多いようなので、既に2週間経ちますが、書かせていただきます。

それは、この「UQコミュニケーションズのアメリカローミング料金」というのは、UQ加入者への特別料金でもなんでもなく、以前からアメリカで現地で、現地ユーザーに提供されている短期プリペイド料金と、期間も料金も、全く同じです。その加入方法は、以前、このサイトで紹介しています。
Clear WiMaxを解約後、一時的に使う方法(短期使用の為の再アクティベート手順) – 2012年1月31日

私は知らなかったのですが、WiMAXの国際ローミングというのは、WiMAX端末をどの国へでも持って行って、勝手にすぐに現地のWiMAXプロバイダーに繋げられるものではないらしいですね。端末のシリアル番号(MACアドレス)を現地WiMAXプロバイダーに登録してある必要があるとか・・・

今回のUQのアメリカローミング有料化対策は、Clearの登録/プラン加入システムは何もいじらず、UQのWorld WiMAXローミング対象の端末のMACアドレスをClearwireのデータベースに追加しただけですね。あとは、もしかしたら、日本のクレジットカードも料金支払い手段として使えるように、許可したくらい。

だから、今回のUQアメリカローミング有料化に伴うシステム開発投資は、ほとんどミニマムです。

あと、料金は現地と同じで、現地の端末でも同じ料金でこの短期プランに購入できるのなら、何もUQが許可した日本の端末だけを使うことなく、eBayやアマゾンなどでClearのWiMAXポケットWiFi端末だけ安く(中古で)購入して、アメリカ出張や旅行ではUQアメリカローミングと同じ料金の現地向け短期プランに加入したほうが、利用可能な端末の種類が増えるるような気がしますが・・・

端末は中古購入をお勧めする理由は、あと1年半後の2015年初めにはアメリカのWiMAXの先行きがどうなるか、分からなくなるからです。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>