アメリカStarbucksの無料WiFiが、attwifiからGoogle Starbucksに順次変わります。


- Old Counter



アメリカStarbucksは、今月(2013年8月)からアメリカ国内約7000店の直営店舗での無料WiFiサービスを、AT&T(SSID=attwifi)から、10倍速いGoogle/Level 3(SSID=Google Starbucks)に変えて行きます。全店舗が変わるのには18ヶ月掛かる予定です。したがって、自分が良く行くStarbucksの無料WiFiの速度がすぐに速くならなくても、辛抱強く待ちましょう。

また、フランチャイズ店はこの決断の対象外で、それぞれのフランチャイズ主の判断によります。

さらに、ボストンの一部の店で提供していた「ワイヤレス充電マット(Qi PMA Powermat 2.0互換)」を、サンホセ店にも提供するほか、全米に順次広げていく予定です。
アメリカではNokia Lumia 920が昨年2012年11月2日にQiワイヤレス充電内臓で発売され、今回の新型Nexus 7もQiワイヤレス充電互換となっており、Sasmsung Galaxy S4も含めていくつかQi互換の携帯やタブレットが既に発売されていますが、PMA互換の端末って有るんですかね。

WiFiが速くなり、ワイヤレス充電の可能なテーブルが増えると、Starbucksのお店に長居するお客さんが増えて、今よりも更に座れるテーブルを探すのが難しくなりますね。

さて、グーグルは他にニューヨーク市のチェルシー地区で今年2月から、また、サンフランシスコの市立公園など31ヵ所でこの夏から、無料WiFiを提供しています。シリコンバレーのマウンテインビューでは2006年8月16日からグーグルが市内全域で無料WiFiを提供しています。

更に、グーグル社内では「風船」を使って全米に無料WiFiを提供するプロジェクトの企画も有るようです。

このような試みは全て、WiFi接続情報からスマホやPCなどのユーザー情報を集めて、グーグルの広告収入に結び付けようという試みだと、考えられています。

Starbucksが今回グーグルをWiFiパートナーとして選んだのも、単なる店内の無料WiFi速度改善以外に、「2~3年後のサービスを考えての選択。」と発表しているようです。お店に入っただけで突然スマホ画面に広告が出たりプッシュ通知が出るとか、店内でコーヒーを飲んでいると、コーヒーの御代わりの広告や、別の広告が出るとか・・・・

今でもスターバックスアプリをiPhoneにインストールしていると、スターバックスのお店の近くを通ると、その店の名前がプッシュ通知でiPhoneの画面に出ることがありますね。











――<●>――
関連すると思われる記事: