Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカ:プリペイド携帯料金の支払い方


- Old Counter



以前から書こうと思っていた項目で「To Doリスト」に加えていた一つですが、質問があったので、書いてしまいます。

「アメリカのプリペイド携帯の料金は、どうやって支払うの?」
「日本のクレジットカードで支払えますか?」

良くある質問です。

結論を先に書くと、日本のクレジットカードしか持っていなくとも、支払いはできます!

ここに書くのは一般論なので、特定のプリペイド携帯会社では以下に書く特定の支払い方法の一部は適用されない場合がありますので、それぞれのプリペイド携帯会社毎にどの支払い方法が使えるのかは、更に自分で調べてください。

まず、その前に、プリペイド携帯のお金の流れと、言葉を覚えましょう。

■ 残高 (Balance、Account Balance)
自分のアカウント(電話番号)にトップアップした(支払った)金額で、まだ通信料として適用されていない未使用の金額。

■ トップアップ/リフィル/リチャージ(Top-up、 Refill、 Recharge)
残高を追加したり、月額料金を支払う行為。

■ トップアップ・カード/リフィル・カード(Top-up Card、 Refill Card、 Recharge Card)
いわゆる、プリペイドカード。スーパー、ドラッグストア、電気店、百貨店、一部のコンビニで販売されているプリペイド携帯会社毎に販売されている金額カード。これを現金やクレジットカード(もちろん、日本のクレジットカードでも可)で買って、裏のコードをコインの端などで露出し、そのコードを以下に述べる方法で入力すると、残高が増えたり、毎月の通話料の支払いに使えます。
通常、データ通信用(Mobile Data)と書かれているものもプリペイド携帯用に使えるし、その逆の場合も多い。
 
 

■ Pay-as-you-go
通話料やデータ通信や国際電話が、使った分だけ残高から引かれていくサービス。
たとえば、最初に残高が$20あったとして、1分$0.10のアメリカ国内電話を3分使うと、通話後に$20から$0.10×3=$0.30が引かれ、残高は$19.70になる。
また、そのプリペイド携帯会社の国際電話発信料金が1分当たり$1.20とすると、国際電話を発信する前に残高が$19.70あったとして、日本へ発信して3分話すと、通話後に$19.70から$1.20×3=$3.60が引かれ、残高は$16.10になる。
アメリカは携帯電話の着信も無料ではないため、すべての着信はアメリカ国内料金が課金されます。米国外(例:日本)からの国際電話をアメリカで受けるときには、アメリカ国内料金が適用されます。つまり、誰かがあなたのプリペイド携帯に電話して、その着信を受けて5分話したとすると、この例の場合にはアメリカ国内通話料金$0.10x5=$0.50が残高から引かれます。

残高が$0.00、または、1分の通話料金よりも少なくなった場合(例:$0.10未満。例の場合には国際電話発信の場合には$1.20未満。)には、発信も出来ないし、着信も受けられません。(音が鳴りません。)
そうなったら、トップアップ/リフィルして、残高を追加しないといけません。

■ Dailyプラン
通話またはテキスまたはデータ通信を一日一回でも使った(発信・着信)場合には、一日幾らの定額(プランによって$1~3)の一定金額が、使った日だけ残高から引かれていくサービス。課金された日は、深夜までの残り時間の通話やテキストは追加金額無しで使い放題のプランが多い。
※ 例外:BoostMobileのDailyプランは、使用しない日も毎日一定額が、残高が不足になるまで連続で課金されます。

ただし、このプランには国際電話の発信は含まれないので、国際電話発信をする場合には、残った残高がその国際電話通話料金以上なければなりません。
海外からの国際電話を受ける(着信)場合にはアメリカ国内料金対象になり、国内通話は課金当日は使い放題なので、国際電話の着信も追加料金無しで使い放題です。

残高が1日のプラン定額料金未満になると、翌日以降は発信も出来ないし、着信も受けられません。(音が鳴りません。)
そうなったら、トップアップ/リフィルして、残高を追加しないといけません。

■ Monthlyプラン
毎月定額を支払って、通話/テキス/データ通信のサービスを受けるプラン。プランによって通話可能な分数やテキスト数、データ通信の可・不可やバイト数が違います。
トップアップ/リフィルすると、その金額は一旦残高に入金され、当月の利用開始日にその残高から月の通話料金が自動的に引かれます。

● 最初にSIM(プラン)をアクティベートする時、
または、
● 前月のプラン期限が終了したあとに残高が少ないか$0であったために、当月の通信料未払い状態になっている場合
には、トップアップ/リフィルするとその金額は一旦残高に入金されるものの、瞬間的にその残高から1か月分の通信基本料金が引かれるため、残高(Account Balance)を経由せずに直接月の通信料金を払ったかのように見えます。
もし、月の通信基本料金よりも多い金額をトップアップ/リフィルすると、余分な金額は残高に残ります。
この残高の金額は、翌月の通信基本料金(または、その一部)に使うことができます。
Monthlyプランも、国際電話発信料金は含まないのが一般です。(着信は、国内着信料金の適用です。「アメリカ国内通話し放題プラン」であれば、国外からの着信も受け放題です。)国際電話が出来るプランで、国際電話を発信したい場合には、残高に金額(Balance)が残っていないと、発信できません。したがって、Monthlyプランでも、国際電話発信をしたければ、月の基本料金以上を毎月払わないといけません。

残高が1ヵ月のプラン定額料金未満になると、翌月以降は発信も出来ないし、着信も受けられません。(音が鳴りません。)
そうなったら、トップアップ/リフィルして、残高を追加し、Monthlyプランの料金を払わないといけません。

■ 支払期日
通常、Pay-as-you-goまたはDailyプランのトップアップ金額は、使用有効期限があります。
30日~90日以内に使用しないといけませんが、その使用期限前に追加トップアップ/リフィルするとそれまでの残高が消えないで継続できる会社と、追加トップアップ/リフィルしても毎月一定額(一般に$10)は残高から引かれていく会社があります。
また、$100トップアップすると1年間残高使用期限が与えられるプリペイド携帯会社のプランもあります。

Pay-as-you-goまたはDailyプランで残高使用期限を過ぎてもトップアップしないと、そのときの残高は没収されるのが普通です。
しかし、電話番号は使用期限後も30~90日(プリペイド携帯会社による)は残っており、その電話番号使用期限(SIM有効期限)以内にトップアップすれば、同じ電話番号で使用を再開することが出来ます。この場合には、前の残高は戻ってきません。

Monthlyプランの場合には、その月の使用期限前に
● 残高に翌月分の料金以上が残っている

● 翌月分の料金以上を残高にトップアップするか、
しないと、通信機能は使用が出来なくなります。
しかし、電話番号は使用期限後も30~145日(プリペイド携帯会社による)は残っており、その電話番号使用期限(SIM有効期限)以内にトップアップすれば、同じ電話番号で使用を再開することが出来ます。この場合には、前月の使用期限時の少額残高が残っていれば、それは電話番号使用期限(SIM有効期限)までは没収されません。
トップアップして、一ヶ月通信料金以上の金額が残高(Account Balance)に増えると、それが自動的にMonthlyプランの料金として瞬間的に引き出されるか、または、手動で残高からMonthlyプランの料金として支払い手続きをします。その月の「1ヶ月(30日)」使用期間は、支払った日からカウントされます。つまり、前月の使用期限と、そのあとの残高不足によるトップアップとの間に日数があった場合には、その間は支払われなかったことになります。(使っていないのだから、支払う必要がありません。)

■ 国際電話や追加データ通信のオプションサービスへの支払い
上にも書いたように、通常、アメリカのプリペイド携帯のプランには国際電話の発信は含まれません。(米国外からの国際電話の着信は、米国内通話料として課金されるか、加入プランの国内通話無料分数にカウントされます。)

国際電話発信が出来るプリペイド携帯プランの場合には、残高に国際電話発信料金をカバーできる金額が残っていないと、国際電話の発信が出来ません。
同じく、データ通信がオプションだったり、プランの使用バイト数制限に達してしまって、追加でバイト数が欲しい場合には、トップアップして残高を増やし、そこからオプションへ加入して、オプション料金を残高(Account Balance)から支払います。

最近、月一定料金(例:$10)で国際電話が一定分数(例:250分)まで発信出来る国際電話オプションを提供しているプリペイド会社もあります。プリペイド携帯会社によって、日本などの米国外の携帯電話にはこの割引オプションプランが適用されない場合があります。(そのようなプランの場合には、日本の携帯電話に発信する場合には、別途残高から引かれていきます。)良く適用条件を確認して、加入するかどうかを決めてください。

AT&T、T-Mobile、Verizon、Sprintとその子会社のVirgin Mobile/BoostMobile以外の、プリペイド携帯MVNO会社の場合には、直接ダイヤルで国際電話が出来ない場合があります。その場合には、アメリカ国内のアクセスポイントにまず電話し、繋がったら音声ガイダンスにしたがって日本の電話番号を入力する、「コーリングカード」方式と同じダイヤルの仕方になります。

また、通話料金の安い国際コーリングカード(通常、1分当たり$0.02~$0.04)を別途コンビニやオンラインで購入し、それを使用することも出来ます。国際コーリングカードは、どのプリペイド携帯会社の携帯(SIM)でも使えます。この方法で国際電話を発信する場合には、
● アメリカ国内のアクセスポイントまでの通話料金は、通話の最初から最後までの分数が、プリペイド携帯会社の通話プラン適用になります。(Pay-as-you-goなら、アメリカ国内料金の適用で1分当たり幾らの金額が、残高から引かれていく。「アメリカ国内使い放題」プランなら、アクセスポイント使用の料金は、気にする必要が無い。)
● 国際電話料金は、国際コーリングカード会社の料金が適用されます。
 
 

では、肝心の、プリペイド携帯の料金の支払い方:

■ オンラインで支払う
オンラインで支払う場合には、オンラインのアカウント管理画面へのログインとパスワードを事前に作成しておく必要があります。
プリペイド携帯会社によってログインIDは、電話番号の場合もあり、Eメールアドレスの場合もあり、自分で決めたユーザー名である場合もあります。
パスワードはプリペイド携帯会社によって、アクティベーション時に登録したパスワード(PINコード)の場合もあり、自分で決めたパスワードの場合もあります。
また、最初の一時パスワード(または、パスワードを忘れたときの一時パスワード)は、携帯にテキストで送られてくるプリペイド会社もあります。この場合は、一時パスワードでログイン後、自分で決めたパスワードに変更できます。

各プリペイド会社のオンラインのアカウント管理画面へログインした後、支払いが出来ます。オンラインでの支払い方法はプリペイド携帯会社によって、以下の全部、または、一部です。

● アメリカの金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、Discover、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード、ギフトカード。

● アメリカ以外の金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード。(稀)
ただし、郵便番号や住所で弾かれることが多い。その場合には、郵便番号に「99999」を入力すると、郵便番号でのチェックがスキップされることがあるらしい。

● アメリカの金融機関発行のATMカード。

● アメリカの銀行口座(Checking Account)。

● Paypalアカウント。

● 各プリペイド携帯会社用のトップアップカード/リフィルカードの番号。
トップアップカード/リフィルカードは、ほとんどの食品スーパー、百貨店、家電・電器店、ドラッグストア、一部のコンビにで売っています。購入は当然、日本のクレジットカードでも買えます。また、Walmart.comやcallingmart.comなど、オンラインで購入して、番号だけすぐにEメールで送ってもらう方法もあります。(この場合には、日本のクレジットカードが使えるかどうかは疑問。)
オンラインショップWalmart.comでアメリカのプリペイド携帯トップアップ・カードを購入 – 2011年7月16日

■ 使っている携帯電話から、トップアップ番号(カスタマーサービス)に電話して、支払う
通常、「611」がカスタマーサービスの電話番号ですが、MVNOは各社別の電話番号を持っていますので、調べてください。T-Mobileは「*233」です。
電話でトップアップする場合には、自動音声ガイダンスに従って、以下の手段でトップアップできます。

● アメリカの金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、Discover、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード、ギフトカード。

● アメリカ以外の金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード。(稀)

● アメリカの金融機関発行のATMカード。

● アメリカの銀行口座(Checking Account)。

● 各プリペイド携帯会社用のトップアップカード/リフィルカードの番号。

■ 使っている携帯電話、または、別の電話(固定電話でも良い)から、指定されたトルフリー(Toll-Free、フリーダイアル)のトップアップ電話番号に電話して、支払う
指定された800、866、877、888などの市外局番から始まる10桁の電話番号に電話し、トップアップしたい携帯の電話番号と、トップアップカード(PIN)番号などを入力して、支払います。
Skypeを利用すると、アメリカ国内のトルフリー(Toll-Free、フリーダイアル)電話番号には世界中どこからでも(日本からでも)無料で電話できるので、英語に自信があって、アメリカ国外に居る人は、この方法が電話番号を維持するための緊急トップアップの方法として使えます。
自動音声ガイダンスに従って、以下の手段でトップアップできます。

● アメリカの金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、Discover、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード、ギフトカード。

● アメリカ以外の金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード。(稀)

● アメリカの金融機関発行のATMカード。

● アメリカの銀行口座(Checking Account)。

● 各プリペイド携帯会社用のトップアップカード/リフィルカードの番号。

■ 使っている携帯電話から、指定の電話番号に電話(テキストメッセージ)を送って、支払う
AT&T GoPhoneの場合には、携帯から直接「*888*<プリペイドカード番号>#」と入力し、「SEND」ボタン(「電話を掛ける」ボタン)を押して、トップアップします。
ここで、<プリペイドカード番号>は、プリペイドチャージカード(トップアップカード)のPIN番号です。

使用できる支払い手段は、
● トップアップカード/リフィルカードの番号
です。

■ 携帯のアプリから支払う
AT&T GoPhone専用携帯、Virgin Mobile USA携帯、Verizonプリペイド用携帯などを購入した場合には、その携帯に専用アプリが搭載されていることがあり、それを起動してトップアップできます。

支払い手段は

● アメリカの金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、Discover、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード、ギフトカード。

● アメリカ以外の金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード。(稀)

● アメリカの金融機関発行のATMカード。

● Paypalアカウント。

● 各プリペイド携帯会社用のトップアップカード/リフィルカードの番号。

■ ショップや家電量販店(販売代理店)で支払う
AT&Tショップ、T-Mobileショップ、Verizonショップ、家電量販店BestBuy、電器店RadiopShackのショップで支払いすることが出来ます。トップアップしたい電話番号を言って、支払い手段を提出すれば、その場でトップアップしてくれます。

支払い手段は、

● アメリカの金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、Discover、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード、ギフトカード。

● (間違い無く)アメリカ以外の金融機関発行のクレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)、または、VISA/MasterCardのロゴの入っているデビットカード。

● 現金

● アメリカの銀行のChekcing Accountの小切手
 
 

要するに、「日本のクレジットカードしかなくて、心配。」という人には
● 食品スーパー、百貨店、家電・電器店、ドラッグストア、一部のコンビニで、トップアップカードを日本のクレジットカードか現金で買う。 ⇒ そのカードの番号を支払いに使う。
● 食品スーパー、百貨店、ドラッグストア、郵便局、一部のコンビニで、VISA/MasterCard/AMEXのギフトカードを、日本のクレジットカードか現金で買う。 ⇒ そのカードの番号を支払いに使う。
● 各プリペイド携帯会社のショップ、または、家電量販店へ行って、日本のクレジットカードか現金で支払う。
という方法が、間違い無く日本のクレジットカード(または現金)で支払いが出来ますので、ご心配ご無用です。

VISA/MasterCard/AMEXのギフトカードの購入と使い方は、
アメリカのVISA/マスター/AMEXギフトカードを使ってみた(日本から使えるか、検証) – 2011年9月7日
参照。ギフトカードは、購入時に額面に応じて1枚あたり$3.95~$5.95の手数料を課金されます。











――<●>――
関連すると思われる記事:

9 comments to アメリカ:プリペイド携帯料金の支払い方

  • おいやん

    私は日本のAMEXを使っていますがZIP CODEの入力を求められた場合
    自宅住所の郵便番号7桁のうち最初から5桁を入力すると通る場合があります
    郵便番号が123-4567なら12345を入力する訳です
    ガソリンスタンドでもOKな場合があります
    ご参考までに

    [返信]

  • JJ

    いつもお世話になっています。Go PhoneをIphoneアンロックで使ってましたが、データープランがこの度変わって不便になってしまいましアメリカに毎月ではないですが2週間しては日本に戻ります 携帯番号は保持したいので$100入れては365日き。T-Mobileのプリペイドに変更しようと思っています。毎月$50払う事になると思いますがしょうがないですかね?
    何か良い案があったらよろしくお願いします。

    [返信]

    管理人 返信:

    T-Mobileプリペイドは、いつでも好きなときに自分でオンラインでプランを変更できます。(1日に何回も変更すると、お金は無駄になります。)

    したがって、渡米する直前にMonthlyかDaily Planにしておき、帰国したらPay-as-you-goに変えれば、Pay-as-you-goのときは使わなければ料金は発生しません。
    T-Mobileはアメリカ国外で通話とテキストはローミングできます。(端末がローミングしている国の周波数に対応している必要があります。)Pay-as-you-goならば、アメリカ国外で必要なときにはローミングも出来ます。
    プリペイドでデータ通信のローミングは、どのプランでも出来ません。

    Pay-as-you-go期間の有効期間は、それまでの累積トップアップが$100以上であれば、Gold Rewardステータスで1年間あります。ただし、Monthlyプランに変更してから、またPay-as-you-goに戻したときの有効期限のルールは良くわからないので、オンラインなどで有効期限を再チェックしながら電話番号を維持してください。

    [返信]

  • OSAKA-ATSUI

    お世話になります。

    以前、質問させていただいたものです。
    現地で無事に使用できました。
    ありがとうございました。
    出張も無事終わり、日本に戻ってきました。

    今回質問させていただきたいのは、自動更新についてです。
    $60 Smartphone Monthly Unlimited Plan with Dataのプランを選びました。
    先日、クレジットカードにて2回目の引き落としがされてしまいました。
    しばらくアメリカには行かないので、自動更新を中止しようと試行錯誤しております。
    Pay As You Go Onlineのページで色々やってみたのですが、わからないんです。
    どうすれば良いか、ご教授いただけないでしょうか?

    以上よろしくお願い致します。

    [返信]

    管理人 返信:

    GoPhoneのオンラインアカウント管理画面へのパスワードは、既に有りますね。

    GoPhoneのアカウントにログイン
    「Account Refil」の「Refill using credit card, debit card, or electronic check.」をクリック。
    左メニューの「Auto-Refill」をクリック。
    「Disable Auto-Refill」をクリック。
    左メニューの「Edit Payment Options」をクリック。
    リストされているクレジットカードを「Delete」。

    [返信]

  • OSAKA-ATSUI

    お世話になります。

    ありがとうございます。
    できました!!!
    本当に助かりました。

    今後ともよろしくお願いします。

    [返信]

  • Keith

    当方は今秋から留学する学生で、滞在中はプリペイド携帯を使いたいと思い、サイトを参考にさせて頂いております。
    プリペイド携帯を購入するのは今回が初めてのため不明な点があり、この場を借りて契約(支払)について質問させて頂きたいです。

    現在、私はVirgin Mobileのアンドロイド端末で月$35のMonthly Planを契約しようと考えております。
    Best Buyでの購入レポートなどを拝見いたしましたが、支払いについてはTop Upについて触れられておりました。
    当方も最寄りのBest Buyにて端末を購入しようと考えておりますが、Monthly Planを選択することは可能なのでしょうか?
    それともMonthly Planの場合は直接、Virgin Mobileの店舗に行かなければならないのでしょうか。

    この点についてぜひご教授いただけないでしょうか。
    プリペイド携帯に対する知識が乏しいため、稚拙な質問をお許しください。

    [返信]

    管理人 返信:

    アメリカではプリペイド携帯の初期アクティベーションや通信プランの加入は、自分でやるのが普通です。
    アクチの仕方は、ネットで行う、使いたい電話機から行う、他の電話機(固定電話など)から行う、などいろいろ方法があります。
    「Virgin Mobile USAプリペイド携帯のアクティベーションの方法」
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=289

    「Virgin Mobile USA (プリペイド) アンドロイド携帯 (Samsung Intercept)」
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=365

    「Virgin Mobile USAプリペイド携帯を、再アクティベートしました」
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=4290

    もちろん、店員に「アクチして欲しい」といえば、アクチしてくれるところもあります。アクチの時には、どれか一つの通信プランの選択は必須です。通信プラン選択無しでアカウント(電話番号)のアクチはできません。

    Virgin Mobile USAのスマートフォンは、Monthlyプラン(BeyondTalk)しか選択できません。フィーチャーフォンはPayLoプランの選択が出来ます。

    Virgin Mobile USAは試験的にシカゴ周辺に数店舗の実店舗がありますが、それ以外のところではVirgin Mobile USAの店は存在しません。

    [返信]

    Keith 返信:

    アメリカでは通信プランの選択も自分でやるのですね。
    今迄、日本の大手キャリアで長期プランを使っていただけでしたので、違いに驚きました。

    早速Best Buyにて購入してアクティベーションしてみようと思います。
    ありがとうございました。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>