【遂に】Virgin Mobile USAがiPhone 5を2013年6月28日から販売開始:3G/LTEデータ使い放題が月$35から


- Old Counter



もう待ちくたびれた感がありますが、格安プリペイド携帯料金/格安データ通信で有名なVirgin Mobile USA(Sprintの100%子会社)にやっと、やっと、iPhone 5が登場します。発売開始は、2013年6月28日と言うことです。
iPhone 5 coming to Virgin Mobile next Friday for $549.99 with unlimited plans starting at $30/month – 2013年6月21日

価格は16GBが$549.99、32GBが$649.99、64GBが$749.99なので、アップルストアの各キャリア版定価よりも$100安くなります。
モデルはVerizon版/Sprint版と同じA1429(CDMA model)ですが、Virgin Mobile USAはこれまでもiPhone 4SでSIMロック解除を提供しておらず、iPhone 5でもSIMロックのままであり、かつ、購入後のSIMロック解除は無いと思われます。

また、Virgin Mobile USAはiPhone 4SでもSIMを使用しておらず、iPhone 5でもSIMを使用しないでしょう。本体のサービス・アクティベーションは、指定の電話番号に電話することによってOTAで行われると思われます。

LTEは、SprintのLTEエリア(現在、公式には110都市でサービス開始済み)で使用できます。

Virgin Mobile USAの’魅力は、なんと言ても通信費の安さで、

Virgin Mobile USA Beyond Talkプラン:
● 月$35で、通話が300分まで(超過分は1分$0.10)、テキスト使い放題、データは2.5GBまで速度制限無し(それ以上は256Kbps以下に減速して、使い放題)
● 月$45で、通話が1200分まで(超過分は1分$0.10)、テキスト使い放題、データは2.5GBまで速度制限無し(それ以上は256Kbps以下に減速して、使い放題)
● 月$55で、通話が使い放題、テキスト使い放題、データは2.5GBまで速度制限無し(それ以上は256Kbps以下に減速して、使い放題)
の料金になります。

支払いはクレジットカード、デビットカード、Paypalが使えて、毎月の料金を自動更新に設定すると、上の料金よりも更に毎月$5割引されます。

 

また、日本への国際電話発信も、
● 日本の固定電話へ発信 $0.02 (+ アメリカ国内無料通話分数適用。無料通話を使い切っている場合には、国内通話料金$0.10追加。)
● 日本の携帯電話へ発信 $0.15 (+ アメリカ国内無料通話分数適用。無料通話を使い切っている場合には、国内通話料金$0.10追加。)
と、他社プリペイド携帯よりも比較的安い料金になっています。

SprintのLTEエリアは他社よりも狭く、サービスエリアも郊外では狭いですが、アメリカ国内の都市部での生活だけなら、なんら不便はありません。











――<●>――
関連すると思われる記事: