Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年3月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

アクセス数(このカウンターは2015年8月1日にリセットされました。)

über ecSTATic
累積訪問者数:2,078,591
累積閲覧頁数:4,197,322
累積RSS数:1,418,173
累積Bots頁数:3,128,241
当頁累積閲覧数:416
昨日訪問者数:1,507
昨日閲覧頁数:2,735
昨日RSS数:951
昨日Bots頁数:3,757
直近5分以内の訪問者数:25


アメリカのLTE速度って?


- Old Counter



今週はアメリカのLTE通信速度を調査したレポートが2つ発表されています。
【RootMetrics】Ante up: T‑Mobile joins the Las Vegas LTE club, Verizon holds, and AT&T raises the stakes. – 2013年5月22日
【TechHive】AT&T has fastest LTE service, T-Mobile off to strong start – 2013年5月22日

まず、RootMetricsの調査はラスベガスに場所を限って、速度を比較しています。SprintはまだラスベガスでのLTE公式サービスを開始していないので、今回の調査には入っていません。

これを見ると、AT&Tが平均ダウンロード18.7Mbpsで最速。ピークではダウンロード速度59.0Mbpsが測定されました。
次がVerizonの平均ダウンロード13.9Mbps。ピークダウンロード速度52.9Mbps。
LTEリリースが始まったばかりのT-Mobileは平均ダウンロード12.5Mbps。ピークダウンロード速度29.0Mbpsです。

 


 

TechHiveの調査は全米20都市で調査されました。
その結果、AT&Tが平均ダウンロード速度13.15Mbps、Verizon 9.61Mbps、T-Mobile 9.01Mbps、Sprintが4.32Mbpsで一番遅いです。
他3社が10 MHz帯域を使用しているのに対し、SprintはLTEに5 MHz帯域しか使用しておらず、このような速度の違いが著しく出てきます。
したがって、Sprintは現在の1900MHz LTE整備を早く終わらして、iDen通信停波で空いた800MHz周波数帯域を次のLTE周波数として使うか、Clearwireへ投資(買収)して2.5 GHzのTD-LTEの整備を進めたいところです。すべてはSprintがソフトバンクに買収されるか、競合のDish Networkに買収されるか、それがはっきりして資金が潤わないと、Sprintの今後のLTE整備が加速しません。

 

なお、同じTechHiveのレポートによれば、アメリカの携帯所有者の17.5%(昨年は5.4%)がLTE対応端末を使用していると言うことです。
【TechHive】Infographic: What you need to know about LTE wireless – 2013年5月22日

 











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>