Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


Verizonが、プリペイドiPhone/スマートフォン・プランのデータ使用量制限を引き上げ


- Old Counter



昨日このブログでも、アメリカの携帯業界でスマホでプリペイド契約をする人が増えていることを取り上げたばかりです。プリペイド携帯通信の需要が、無視できないほど重要になっているということです。
アメリカのスマホ契約販売成長率はこれから鈍化?/新規携帯加入者の10人に9人がプリペイド契約! – 2013年5月16日

その傾向を証明するかのように、5月15日からVerizonはプリペイドiPhone(4、4S)/(アンドロイド等の3G)スマートフォンのプリペイドプランのデータ通信制限を引き上げました。
Verizon Prepaid Smartphone Plans 2013年5月15日更新

Verizonは4大キャリア(Verizon、AT&T、Sprintとその子会社Virgin Mobile USA/BoostMobile、T-Moibile)の中でも比較的高額なプリペイドプランを提供しています。また、データ使用量もそれほど多くありませんでした。さらに、Verizonの「携帯」プリペイドプランは、3G通信(実測ダウンロード0.7~1.5Mbps)に限定されています。
現在の時点でアメリカのキャリアの中で最もLTEカバレッジが充実しており、人口カバー率95%を超えるVerizonですが、プリペイド契約でVerizonのLTEを使用できるのは
● プリペイドポケットWiFi MiFi4510LまたはMiFi5510L
● Verizon版iPad 3/4とiPad Mini
のみです。

しかし、VerizonのMVNOのTracfoneグループ(Net10、StraightTalk、Telcel America)はVerizon用の携帯を持ち込んでのプリペイド使用を2013年5月13日から再開したばかりで、さらにStraightTalkはVerizon回線を使用したiPhone 5サービス(ただし3G通信に限定)を月$45(プラス消費税)で提供しています。また、PagePlusなどVerizonのMVNOも以前からVerizon回線を使用したサービスを提供しており、Verizon自体のプリペイドプランよりも安いプリペイド携帯プランを提供しています。

先にも書いたように、Verizonはアメリカのキャリアの中で最もLTEサービスエリアが充実しているため、ポストペイド契約数増は「一人勝ち」の傾向にあり、先日もいつものショップの担当者が「毎日忙しい。他のキャリアは閑古鳥が鳴いているところもあるようだけど・・・」と話していました。したがって、昨年末まではそれほどプリペイド契約の獲得には力を注いでいなかったように思います。

しかし、今回のプリペイド・スマホ・プランのデータ通信制限増加で、ここに来て、さすがのVerizonもプリペイド契約者層を無視出来なくなっている、ということが言えると思います。

新らしいプランによると、少なくとも「一般の(普通の)」スマホ使用者にとっては、制限を気にせずに安心して使えるデータ通信量制限になったといえると思います。

新しいデータ使用バイト数制限は、既存のユーザーは5月15日から有効、新規プリペイド加入者は2013年6月6日新規加入分から有効だそうです。

プラン 旧データ使用制限 新データ使用制限
月$60
米国内通話使い放題
テキストし放題
500MBまで 2GBまで
月$70
米国内通話使い放題
テキストし放題
2GBまで 4GBまで










――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>