Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



AT&Tがポストペイド契約者用に、古い端末の下取りを開始


- Old Counter



2013年3月26日発表のT-Mobile USAの「UnCarrier」通信プランは、他のアメリカポストペイド携帯各社に少なからず影響を与えています。

たとえば、Verizonはこれまでタブレット端末だけに適用していた「機種端末分割払い」を、2013年4月21日から購入価格$349.99以上のiPhone/スマートフォンなどの携帯にも適用することにしました、これによると、Verizonで端末を$349.99以上で購入する場合には、端末代を「12ヶ月分割 + 24(月$2)の手数料」の分割払いで購入できます。これによって2年契約の更新による端末割引を待たずに、新しい端末が買いやすくなる、というものです。
Training Materials Suggest Verizon Will Introduce a Device Payment Plan in the Near Future – 2013年4月12日

本日、AT&Tが発表したプログラムでは、明日2013年5月1日(現地時間)より、AT&Tでポストペイド新規2年契約、または、2年契約更新をする場合に、旧端末を「下取り」してもらうことが可能になります。

契約者は、まず、AT&Tで契約した後、ショップで契約の場合にはその場で下取り端末にクレジットが、オンラインの場合には契約後に下取り端末をAT&Tに送ることによってその端末の評価に基づいたクレジットが事後送られてきます。
契約事後に発送/クレジットが送られてくることによって、新端末を先に購入し、データの転送を行ってから、古い端末を下取りに出すことができます。

このクレジットは、新規端末購入代やアクセサリー購入代、通信料金支払いなどに割り当てることができます。
AT&T Offers Newest Smartphones at 50 Percent-Off with Trade-In of Current Smartphone – 2013年4月30日

「下取り」可能な端末は、AT&Tの端末に限らず、他社(Verizon、Sprintなど)の端末でも構いません。

事前にどのくらいのクレジットが適用されるかを知りたい方は、AT&T Trade Inプログラムページ
Wireless/AT&T Trade-in Program
から下取りして欲しい機種を「Manufacturer/Model」リストから選び、その端末のIMEI番号/MEID番号と、現在のAT&T携帯電話番号を入力し、「Get Trade-In Value」ボタンをクリックして、評価額を調べられます。その次の画面で、下取り端末の評価額が表示されます。このページで「Accept Trade-In Offer」を押さない限りは、何もコミットされないので、何度でも別の端末で評価を調べられます。
AT&Tの携帯電話番号を入力しないと評価額が表示されませんので、まだ無い人は誰かの番号を借りましょう。

一部のオンライン記事では「どんな端末でも、最低$100下取り価値」と書いてありましたが、筆者が購入価格$20くらいのGpPhoneプリペイドフィーチャーフォンで評価額を試してみたら、評価額が出ずに、単に「Recycle」としか表示されませんでしたから、価値無しですね。

しかし、iPhone 4 16GB(AT&T版)だと、傷無しの場合には$180の下取り価値と表示されました。

この下取り価格は、新規契約(2年契約で、端末割引を受けた場合)にも、2年契約の途中で端末を定価でアップグレードする場合にも、適用されるようです。

「新しい端末が欲しくて、古い端末には未練は無い。」という方には、嬉しいニュースですね。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>