Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカ4大キャリアのLTE普及状況:【更新】2015年2月16日現在


- Old Counter



2013年4月25日 2015年2月16日現在のアメリカ4大キャリアのLTE普及状況を纏めました。

キャリア LTEバンド 開始年月日

現在のサービス
都市・地域数
現在の
人口カバー数
現在の
人口カバー率
将来計画
整備完了予定時期
Verizon 700MHz C
Band 13
2010年12月5日

500+ 3億600万人 97.5% 2013年6月27日完了宣言
Verizon AWS
Band 4
2013年10月

400+ 2億5000万人? 80%?  
Verizon 1900MHz
Band 2
2014年12月

10 ?人 ?% 2015年から3G CDMA2000 1900MHzの再編開始予定
Verizon 800MHz
Band ?
未開始

0 0人 0.0% 現在は3G CDMA2000で使用中。
AT&T 700MHz B
Band 17
2011年9月18日

597 3億人 95.6% 2014年夏に完了(3億人)
AT&T AWS
Band 4
2011年9月?

11? ?人 ?% 開始日公式未発表
AT&T 1900MHz
Band 2
2013年12月?

数ヵ所? ?人 ?%  
AT&T 850MHz
Band 5
未開始?

?人 ?% 開始日公式未発表
AT&T 2300MHz
Band 30 (40?)
未開始

0 0人 0.0% 開始日未発表
Sprint 1900MHz
Band 25
2012年7月15日

567 2億7000万人 86.0% 2014年中頃までに2億5000万人
Sprint 800MHz
Band 26
数都市で商用開始済?

27+ 1900MHzエリアの60% 50%? 2014年末までに1億人
Sprint 2.5GHz
TD-LTE
Band 41
2013年7月22日?

51+ 1億2500万人 39.8% 2014年末までに1億人
2016年末までに100大都市
T-Mobile AWS
(上り1700MHz/
下り2100MHz)
Band 4
2013年3月25日

284 2億5000万人 79.6% 2014年末までに2億5000万人
T-Mobile 700MHz A
Band 12
2014年後半

350 1億6500万人 52.6% Verizonから買収。
2014年後半から導入予定。
T-Mobile 1900MHz
Band 2

?人 ?% 現在は2G GSM/3G W-CDMA/HSPA+で使用中。
2014年よりLTE導入開始予定。

※ アメリカ人口3億1390万人(2012年現在)

 

各社の2013年8月現在のLTEカバレッジマップは、以下の通りです。
出典:
【FierceWireless】Progress report: A snapshot of U.S. LTE deployments in 2013 – 2013年8月14日

Verizon:

AT&T:

Sprint:

T-Mobile:

公式発表を待てない人は、以下の地図でユーザーがレポートしたLTEエリアの地図があります。定期的にチェックして、自分の都市でLTE整備が始まったかどうか調べましょう。
Verizon LTEユーザーレポート地図
AT&T LTEユーザーレポート地図
Sprint LTEユーザーレポート地図
T-Mobile LTEユーザーレポート地図
 











――<●>――
関連すると思われる記事:

6 comments to アメリカ4大キャリアのLTE普及状況:【更新】2015年2月16日現在

  • やまゆう

    AT&Tのサイトにはもう1700のLTEが使えると出ているんですが、実際にはまだサービスインしてないのですか?

    [返信]

    管理人 返信:

    各社とも2番目/3番目の周波数になるとプレスリリースが遅いので、一般には分かりにくいですね。
    AT&Tの850MHzも公式案内はないものの、電波を検出したというユーザーの報告もあります。
    AWS(Band 4)も試験電波ぐらいはどこかで流れていても不思議ではありませんね。
    特に、AT&TのCricket買収は2014年1月には正式に完結し、Cricketは既に全米17ヵ所でAWSでLTEをサービスしていますので、買収が完了すればCricketのLTEはAT&TのLTE(AWS)になります。それに合わせて、他の主要都市でもAWSの試験運用は始まっていてもおかしくないです。

    ただ、公式サービス開始されたとしても、全米で一斉に始まるわけではなく、今、現在、混線で通信速度が落ちているところが優先でしょう。

    あと、ほとんどの最新のAT&Tの端末は、サービスインされているかどうかとは関係無く、2年前発売のものから700 MHz以外にAWS(Band 4)LTE対応にはなっています。

    >AT&Tのサイトにはもう1700のLTEが使えると出ているんですが

    具体的にはどのURLページですか?
    AT&TのLTE 端末が、2013年12月9日からカナダでLTEローミング(カナダはAWS Band 4と2600MHzが主流)は可能になりましたが。
    「AT&Tポストペイド加入者は、カナダでLTEローミング可能になりました。」
    http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=19510

    [返信]

    管理人 返信:

    表に追加しておきました。
    参考までに、AT&TのAWSの可能性があるのは、
    Phoenix, Raleigh, San Juan, Los Angeles, Las Vegas, Oklahoma City, Dallas, Chicago、Charlotte、Athens, College Station。
    ただし、これら全地域に商用サービスが開始されているとは限らず、AT&Tが上記地域にAWS使用権を持っている、というだけの話。

    [返信]

  • やまゆう

    返信ありがとうございます。 記述してあるのはhttp://www.att.com/esupport/article.jsp?sid=KB113269#fbid=toaPBDT0-DIです。
    それと別のページhttp://www.att.com/shop/en/wireless/accessories/prepaid/sku6890236.html#fbid=HQU6MnI6SdLにはもう全部使えるようなことが
    書いてあります。

    [返信]

    管理人 返信:

    なるほど、書いてはいますね。
    でも、「Limited 4G LTE availability in select markets.」とも書いてありますからね。

    AT&Tは、Band 4はT-Mobile買収失敗時に「Break Up Fee」の一部としてT-Mobileに多く渡していますので、それほど多くの地域で使用権を持っていません。

    書いてある4つの周波数は、もちろん、AT&Tの持っているLTE周波数使用権を全部カバーしていますが、地域によってはAT&TはBand 4は所有していないのも事実です。

    VerizonもAT&Tもですが、予想以上に消費者のLTE採用が進んでいるので、他の周波数のLTE導入が急務と考えているようです。そして、私もAT&Tは2番目にBand 4を導入してくるかと思ったのですが、Band 4の周波数使用可能な地域は少ないので、LTEの使用増のおかげで減っている既存の3Gの使用周波数帯域850MHzと1900MHzをまず減らして、そっちのほうを第2のLTE全米拡大用に使うようです。LTE 850/1900MHzの方は時々ニュースリリースや四半期業績発表で触れられています。
    AT&TのLTE Band 4は、大都市だけに限られるでしょうね。

    [返信]

  • […] アメリカ4大キャリアのLTE普及状況                  http://blogfromamerica.com/?p=15551 […]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>