Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年8月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



アメリカ・プリペイド携帯の新傾向:ファミリープラン(複数契約割引プラン)


- Old Counter



アメリカのプリペイド携帯契約の新たな動きとして、ファミリープラン(複数契約割引プラン)の提供が急に増えています。

これは、一人の契約で複数台数(2台、3台、4台、通常5台まで)契約すると、1台あたりのプリペイド月通信料金が安くなるか、または、2台目からのプリペイド月通信料金が安くなるものです。

これまでファミリープランはポストペイド契約では長い間提供されてきましたが、この形式のプランがプリペイド携帯にまで提供されるのは、最近のことです。

主に家族の家主が契約して妻子など家族に使わせるのが目的ですが、ルームメートや学生がこの携帯の契約をしているというのも、聞くことがあります。

プリペイド携帯で最初にファミリープランを提供8誌出したのはNet10で、2012年10月下旬から提供されています。
● 1台:月$50で通話・テキスト・データ使い放題(AT&T回線使用の場合に限り、データ通信は月1.5GBに制限)
● 2台:月$90で通話・テキスト・データ使い放題(AT&T回線使用の場合に限り、データ通信はそれぞれ月1.5GBに制限)
● 3台:月$130で通話・テキスト・データ使い放題(AT&T回線使用の場合に限り、データ通信はそれぞれ月1.5GBに制限)
● 4台:月$170で通話・テキスト・データ使い放題(AT&T回線使用の場合に限り、データ通信はそれぞれ月1.5GBに制限)
となり、実質的に、1台目が月$50、2台目、3台目。4台目が1台に付き月$10ずつ割引され、それぞれ月$40になります。さらに、クレジットカード/デビットカードで自動更新すると、月$5の割引になります。

これに追随し、H2O Wirelessが2013年4月5日に同社のファミリープランの案内を開始しました。
AT&T MVNO H2O Wireless Launches Prepaid Family Plans – 2013年4月5日
H2Oのファミリープランは、月$40以上のMonthly Plan(月$40、月$50、月$60)加入者に限り、
● 2回線加入時は、トータルから$10割引、
● 3回線加入時は、トータルから$20割引、
● 4回線加入時は、トータルから$30割引、
ですから、Net10と同じく、「2台目以降、1台に付き月$10割引」ということになります。

H2Oのファミリープランは、H2Oオンライン上ではまだ加入できなくて、H2Oの特定ディーラーでのみ加入できるようです。

そして、地域プリペイド携帯会社のCricketは本日2013年4月22日、同社もファミリープランを提供することを発表しました。
Cricket Launches $40/month Unlimited Family Plan – 2013年4月22日
Cricketのファミリープランは、「月$50の通話/テキストし放題・データ使い放題プラン(データ通信は月1GBを越えると速度制限)」が、2台以上加入すると、それぞれが月$40に割引される、というもので、Net10やH2Oと違って、最初の1台目も$10安くなります。
Cricketのファミリープランに加入するには、Cricketのショップ、または、特定ディーラーへの訪問が必要です。H2O同様、オンラインではファミリープランには加入できません。

プリペイド・ファミリープランに加入するには、Net10以外は店舗への訪問が必要なので、ちょっと面倒ではありますが、プリペイド携帯会社3社がファミリープランを出してくるということで、これからこの動きが他のプリペイド携帯会社にも波及していくかどうかが注目されます。

しかし、プリペイドプランのファミリープランが出現してくるということは、家族で複数の人がプリペイドに移行している家族が増えているということですね。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>