iOS端末にBluetoothで繋がるGPSロガー、Bad Elf GPS Pro BE-GPS-2200を買いました。


- Old Counter



2年近くMobile Action i-gotU GT-600 GPSロガーを愛用していますが、
GPSロガー(Logger)が、面白い : i-gotU GT-600 – 2011年6月8日
Mobile Actionホームページ
i-gotUホームページ
i-gotU日本代理店ホームページ

出張や旅行にPCを持って行く事が少なくなり、万が一の時の為に一応Netbookは持っていくのですが、殆どiPadで用が足りるので、持って行ってもNetbookは開かないことが多くなりました。

そうなると、USBケーブル経由でPCでしかデータをアップロード出来ないi-gotU GT-600は不便になって来て、BluetoothかWiFiでiOS端末に繋がる代替品を探してみました。

そもそも最近、ディジタルペンまでWiFi経由でEvernoteにアップロードするようになっており、
遂に出た、ディジタル・ペンLivescribeのWiFi版 – 2012年10月29日
WiFiディジタルペン、Livescribe Sky WiFi Smartpenを使ってみた。 – 2013年1月7日

早く、「ナンデモカンデモ、ワイヤレス」になる日が来てほしいです。

いろいろ調べた結果、結局、iOSアプリも揃っているのはこれしかないことがわかりました。それが、「Bad Elf GPS Pro BE-GPS-2200」です。

 

この商品は昨年2012年11月に発売開始されたもののようで、今年2013年のCESでもBest GPS Device賞を取っています。

同社は以前、 「Bad Elf GPS BE-GPS-1000」というiOS端末30ピン・ドックコネクター用のGPSレシーバーを発売しています。

 

今回の「Bad Elf GPS Pro BE-GPS-2200」は、Bluetoothで5台までのiOS端末に同時に接続できる「GPSロガー(記録)機能を持った、GPSレシーバー」です。

Bad Elf GPSのホームページでは定価$179.99で販売していますが、
Bad Elf オンラインストア
筆者はeBayで$144.95で購入。
$150前後で販売しているマーチャントは、Amazon.comでも複数あります。

何をしたかったかと言うと・・・
● いまどきのスマートホンはGPS機能を備えているので、「GPSレシーバー」機能は不要。
そりゃあ、携帯電波の届かないところでも迅速に、かつ、正確に位置がわかる「GPSレシーバー」は、無いよりは有ったほうが良いが、その機能がどれだけ頻繁に必要かを考えると、その為だけにお金を出す気は無い。
● 持っている間の「GPS位置と時刻」を一定間隔で全て記録してくれる「GPSロガー」機能が欲しい。
しかし、この用途だけなら、既にi-gotU GT-600を持っている。
● 一日の途中でこれまでの歩行経路・移動経路を見るために、iPhoneやiPad(iPad Mini)にワイヤレスでログを転送する機能が欲しい。
「その目的なら、なんでiPhoneのGPSロガー・アプリで直接iPhoneに記録を残さないのか?」という質問への回答は・・・
 - iPhoneでGPSロガー・アプリを常時起動していると、iPhoneの電池の減りが激しく、朝から夕方までiPhoneの電池が持たない。
 - 他のアプリを触っている間に、間違ってGPSロガー・アプリも停止してしまい、記録を取っていると思って安心していると、取れていなくてあとでがっかりすることが有る。
● 出来るだけ小さいほうが良い。できれば、i-gotU GT-600位の大きさ。
ということで、顧客サイト訪問時や出張・旅行時に、「これこれの場所に、何時何分に到着し、何時何分に出た。」という記録を自動的に残しておき、あとでそれを参照するのが目的です。

そして購入したのが、このBad Elf GPS Pro (BE-GPS-2200)。

 

中には本体、カー・シガレット・アダプター、ミニUSBケーブル、吊り紐。

 

i-gotU GT-600(写真中の白いユニット)に比べると1.5倍くらい大きいのが気に入りませんが、しょうがないですね。

 

気になる機能(仕様)は、
● GPS記録保持は、毎秒10回から、1分に1回までの記録。デフォルトは1秒に1回。(筆者は10秒に1回に設定。)
● 内部メモリーは64MB。(1秒に1回記録で、100時間以上記録可能。10秒に1回なら、1000時間以上。)
● バッテリー持続時間は、Bluetoothアクティブ時で16時間、Bluetoothをオフにすると32時間。

バッテリー持続時間が短いのが、ちょっと気になります。「Bluetoothをオフにすると、長く持つ」と書いているものの、便利さを考えるとBad Elf GPS Pro側のBluetoothは常時オンにしておきたいものです。iOS端末は必要なときだけオンで良いと思いますが。
ただ、i-gotU GT-600は特殊なUSBケーブルで、本体とのコネクター部分がよく壊れやすかった(既に3本目を使用中)ので、標準のミニUSBケーブルのBad Elf GPS Proなら、一日の途中でスマホ用予備電池でも充電できるかな・・・と少し安心。

iOS端末にはBluetoothでペアリングします。その後、無料のBad Elf GPSアプリで、

 

Bad Elf GPS/Bad Elf GPS Pro端末に接続し(Bad Elf GPSはドックコネクター経由。)

 

設定を変更したり、

 

Bad Elf GPS Proからログをダウンロードして

 

地図に表示したりします。

 

もちろん、普通のGPSレシーバーとしても使用出来、緯度・経度・高度・(移動中は)速度なども表示できるし、

 

現在地を地図で表示できるし、
 
 

天空のGPS衛星の位置と、GPS信号強度、GPS位置測定に使用中のロックされた衛星、も表示できます。

 

ところが、このBad Elf GPSアプリの機能は特に優れているわけでは無く、筆者はがっかり。
地図が拡大できなかったり、記録されたGPS位置の時刻が表示されなかったり・・・
幸い、地図データ標準のGPXとKMLフォーマットでデータをアウトプットできるので、最悪は出力したGPXフォーマットデータを、i-gotU GT-600付属の@tripPCソフトを使って、PC(Windows)で解析することになるのか・・・

 

しかし、それでは何のためにBad Elf GPS Proを買ったのか判らなくなってしまいます。それだったら、これまでの(それなりに気に入っている)i-gotU GT-600で良かったのです。

そこで、昨夜(・・・というか、今朝未明)は遅くまで、自分の目的に近いGPXファイル・ビュアーを探すことになりました。そして、それなりに満足できるiOS用GPXファイル・ビュアーが遂に見つかりました!・・・その代わり、今日は一日中寝不足。
これで、
● Bad Elf GPS Proで、GPSログ記録を取る。
● 途中でそこまでの記録を見たくなったら、iPhoneまたはiPad/iPad MiniのBad Elf GPSアプりで、Bluetooth経由でログデータをBad Elf GPS Proからダウンロード。
● 更にBad Elf GPSアプりから、GPXファイル形式でログデータを別のアプリにトランスファー。
● そのアプリ(GPXファイル・ビュアー)にGPSログデータをインポートし、経路を地図に表示。経路の再生(リプレイ)をしながら、途中のGPS位置の時刻を確認。
ができるようになりました!
しかも、そのGPSログデータはDropBoxにもアップロードできるから、家へ帰ってからPCの@tripPCソフトで更に詳しく調べられるだけでなく、i-gotU GT-600のデータと共通なフォルダーに保管して管理できます。
うん、これでなんとか満足。(でも、もっと良いGPXファイル・ビュアー・アプリがあれば、知りたい。)

・・・で、そのGPXファイル・ビュアー・アプリのお話は、また明日。

■ Bad Elf GPS ProからiPhone/iPadにデータをダウンロードする手順

まず、iPhone/iPadのBluetoothをオンにして、Bad Elf GPS Proに接続します。

Bad Elf GPSアプリをiPhone/iPadで実行します。

 

もし、Bad Elf GPS ProのData Logging(データ・ロギング)がまだ実行されていたら、Logging(ロギング)を止めます。

 


 

画面がリフレッシュされて、Bad Elf GPS Proに保存されているGPSログのリストが表示されます。この中で、「引き出し」のアイコンが付いているのは、すでにiPhone/iPadのBad Elf GPSアプリに保存されている記録です。
「引き出し」アイコンの付いていないログで、ダウンロードしたいログをタップします。

 

「Save to App」をタップします。

 

ログがBad Elf GPS ProからiPhone/iPadにダウンロードされます。

 

ダウンロードが済んだら、「Trips」をタップし、リストに戻ります。
または、「Map」をタップすると、そのログが地図に表示されます。

 

たった今、ダウンロードされたログには「引き出し」アイコンが付きます。
地図を表示したいログを、リストでタップします。

 

「Map」をタップします。

 

地図にログの軌跡が表示されます。

 











――<●>――
関連すると思われる記事: