アメリカの航空機内では、iPadユーザーが多い


- Old Counter



アメリカの航空機内WiFiをアメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、ヴァージン航空に提供しているGogo社の調べによると、機内での乗客のWiFi端末使用は、
● タブレット 35%
● ラップトップPC/Mac 33%
● スマートフォン 32%

ビジネスユーザーの機内でのモバイル端末使用目的は、
● Eメールをチェックしたり返信したりする
● レポート類などの最終編集やチェック

使用端末のOS種類は、
● iOS 84%
● アンドロイド 16%

iOSデバイスのうち、
● iPad 59%
● iPhone 36%
● iPod Touch 5%

航空機利用者の中では、機内ではアップル製品が最も多く利用されているそうです。

しかし、アンドロイド端末も、2011年は3.2%だったのが、現在は16%に増えているそうです。

この調査は機内Gogoユーザーへのアンケートと、 1800機のGogo WiFi装備された航空機内で一日平均35000のWiFi接続セッションを分析して判明した結果だそうです。

Bye bye laptop? Most users of Gogo’s in-flight Internet service tap iPads and smartphones during flights – 2013年3月7日











――<●>――
関連すると思われる記事: