アメリカのプリペイド携帯契約が、ポストペイドよりも高いというのは、昔のこと!・・・今は、逆!


- Old Counter



この件、何度かあちこちで説明しているのですが、いまだに「アメリカの携帯電話は、プリペイド契約が、ポストペイド契約よりも高い。」と言い切っている人がいるので、今度説明するのは時間が無駄で嫌なので、ここで詳しく説明しておきます。

1.現在のアメリカの携帯電話のアメリカ国内通話単価を比較する。

現在のアメリカ国内通話の1分当たりの通話単価は・・・
● ポストペイド契約 ・・・ 1分当たり$0.40~$0.45
● プリペイド契約 ・・・・ 1分当たり$0.10が普通、安いところは$0.04~$0.05

実は、これには注釈が必要です。アメリカの携帯ポストペイド契約では、「最初の1分から、1分幾ら」の契約はできません。
各社のポストペイド契約プランの通話部分だけを比べてみると、
AT&T(1台契約の場合):
● 月$39.99で、通話450分まで
● 月$59.99で、通話900分まで
● 月$69.99で、無制限使い放題

AT&T(共有データランの場合の、1台あたりの通話契約部分の料金):
● 月$45~30で、無制限使い放題 (1台あたりの基本通話料金は、加入するデータ共有バイト数プランによって変わる。)
---$45(月$40/共有バイト数1GB、に加入の場合)、
---$40(月$70/共有バイト数4GB、に加入の場合)、
---$35(月$90/共有バイト数6GB、に加入の場合)、
---$30(月$120/共有バイト数10GB、以上、に加入の場合)、

T-Mobile(1台契約の、Value Planの場合):
● 月$34.99で、通話500分まで
● 月$49.99で、無制限使い放題
 
Sprint(1台契約の場合):
● 月$29.99で、通話200分まで
● 月$39.99で、通話450分まで
● 月$59.99で、通話900分まで
● 月$109.99で、無制限使い放題(この場合、テキストもデータ通信も使い放題)

Verizon(今は新規加入は共有データプランしかない。)
● スマートフォンは月$40、フィーチャーフォンは月$30で、通話は無制限使い放題

以上の基本通話料金に加入する必要があります。最初に書いた「ポストペイド契約 ・・・ 1分当たり$0.40~$0.45」という数字は、この通話分数限度(いわゆる「無料通話分数」)を超えた場合の通話単価です。
これに対して、プリペイド携帯の「1分当たり$0.10が普通、安いところは$0.04~$0.05」というのは最初の1分目からの料金(Pay-as-you-go)であり、また、「月300分ま無料」などのバンドル料金の場合の、平均通話単価でもあります。

なぜプリペイド携帯のほうが通話単価が安くなったのでしょうか?昔(10年前?)は、そんなことは無かったです。

それは、実は、ポストペイド契約には今は「毎月の無料分数通話」だけでなく、ほかにも沢山無料通話が加わっているからです。
● 同じ携帯会社同士の通話は、無料
● 夜9時(プランによっては夜7時)から翌日朝の7時までは無料
● 週末は無料
・・・と、無料で掛けられる時間帯が増えています。しかし、携帯会社としては「無料通話」のコストをどこかで回収しないといけません。したがって、課金出来る時には高く(1分あたり$0.40~$0.45)課金します。

プリペイド携帯のほうは近年、多数のMVNOが現れて通信価格の競争となり、また、そういう「無料通話」の恩恵が無い分、どの時間帯でも全ての通話を同じ料金で安く掛けられるようになった・・・というお話なのです。
 
 

2.毎月の基本料金で比較する。

次に、毎月の基本料金で比べましょう。

上に書いたように、ポストペイド契約の場合には毎月の最低通話金額でも$29.99から$39.99/$40.00を支払う必要があります。

プリペイド携帯の場合は、Pay-as-you-go(使った分だけ課金するプラン) であれば、、月の最低トップアップ料金は$10、または、$20-25で3ヶ月(つまり、1ヵ月あたり最低$8.33)で電話番号を維持できます。

したがってアメリカでは毎月の最低基本料金(最低維持費)を比べても、プリペイド携帯のほうが安いのです。

更に、テキスト使い放題や、データ通信をある程度のバイト数(1-2 GB)使えるプランでも、月の最低金額が$30からあり、$35~$50/月が一般的なプリペイド携帯のスマートフォン加入料金であることを考えると、同等のポストペイド契約は月$60-120しますから、アメリカではプリペイド携帯契約のほうが毎月の基本料金も安いことになります。

プリペイド携帯会社のプラン料金は、
アメリカのプリペイド携帯通信料金(1)Pay as you go – 2010年12月4日
アメリカのプリペイド携帯通信料金(2)日払いプリペイド – 2010年12月5日
アメリカのプリペイド携帯通信料金(3)月払いプリペイド – 2010年12月6日
を参照してください。

ポストペイド契約の料金は、
アメリカ携帯会社ポストペイド契約料金比較(一台契約の場合) – 2011年7月20日
アメリカでiPhoneをポストペイド加入する場合の料金 – 2011年1月14日
を参照してください。
 
 

3.では、ポストペイド契約のメリットは?

通話単価も、月の最低料金も、プリペイド携帯契約のほうが安いのに、ポストペイド契約をする価値はあるのでしょうか?

以下、ポストペイド契約に加入するメリットです。
● 米国外で国際ローミングができる。(プリペイド契約では、基本的に国際ローミングはできません。・・・T-Mobileの通話とテキスト、H2Oのデータ通信は、例外。)
● テザリングなどが公式に使える。
● LTE通信が使える。(プリペイドでは、ポケットWiFiとiPad/タブレット以外は不可。)
● 複数の携帯やタブレット/ポケットWiFiなどを、組み合わせて加入すると、それぞれ別々に加入するよりも安くなることがある。(必ず、計算して確かめてください。)・・・アメリカではポストペイド契約には、一つの請求書(加入者)で5台までの携帯が加入できる「ファミリー・プラン」があり、通話分数やテキスト・プランを、一つの料金を払って一家でそれを共有することができます。
● 2年契約すると、端末価格が割引になる。

など、毎月の料金が高くとも、ポストペイド契約に加入するメリットは、あります。











――<●>――
関連すると思われる記事: