「アメリカのConnected Home(ホームオートメーション)サービスの現状」を有料で配信中


- Old Counter



上記タイトルの調査まとめ記事を有料サイト
アメリカより(有料レポートサイト)
に掲載しました。

アメリカでは2009年ごろからiPhone、iPad、スマートフォンで遠隔モニター/制御することを目的にした現在のホームオートメーションサービス(Connected Homeアプリケーション)が、DIY、警備保障会社、固定電話会社、CATV会社、DIYホームセンター、携帯電話会社から開始されています。
それらのサービスを簡単に紹介し、開始時期順に時系列に並べ、問題点と利用例を書いてみました。

アメリカにおけるホームオートメーション(Connected Home)加入者の普及率も、推測してみました。

約16000文字の記事です。

今後も月2~4編程度の頻度でアメリカのIT/携帯/流通業におけるIT利用に関して調査し、まとめていきたいと思います。是非、応援してください。

調べて欲しい内容があれば、コメント欄に要望を書いて下さい。











――<●>――
関連すると思われる記事: