【ヤッター】Amazonで購入したVerizonのSIMで、iPad Mini A1455(iPad A1460)が使えました。


- Old Counter



Verizonプリペイド(iPad/iPad Mini)SIMの事と、アメリカ国内でソフトバンク/au版iPad/iPad Miniで使えるSIM – 2012年11月24日
の続報です。

結論から先に書くと、Amazonで購入したVerizonのSIMで、iPad Mini A1455(Verizon版)が使えました。最新のiPad 4(iPad A1460)でも使用できるはずです。
iPad Mini A1455、および、iPad A1460は、ソフトバンクおよびauから2012年11月30日に発売されるiPad Mini/iPad WiFi+セルラー版と、基本的に同じモデルです。

これで、日本で購入したiPad Miniと最新版iPad(iPad 4)を、アメリカのSIMでLTEで使う方法が、「ほぼ」検証されました。
あとは、2日後に発売される日本で購入したiPad Mini/iPad 4に実際にこのVerizon LTE SIMを挿入して、アメリカで検証する人柱を待つのみです。


追記:
人柱さんがVerizon LTE SIMをソフトバンク/auのiPad/iPad Miniに挿入してみると・・・
SIMは認識し、Verizonの信号も掴みます。
しかし、「設定(Settings)⇒モバイルデータ通信(Cellular Data)⇒アカウントを表示(View Account)」(通常のiPad/ipad Miniプリペイドアカウント加入手順)をタップすると、次の写真のようなメッセージが表示され、プリペイド通信プラン加入の先に進めません!

 
AT&Tの場合と違って、VerizonのiPad/iPad Miniプリペイドプランはウェブサイトからの加入は出来ないので、これでお終いです。

つまり、残念ながら、Verizon版以外のiPad/iPad Miniでは、VerizonプリペイドiPad/iPad Mini LTEプランには加入できません、ということが判りました。

なお、筆者の知り合いのVerizonショップスタッフによると、技術的にはショップでソフトバンク版/au版のIMEI番号をVerizonのシステムに登録してもらえば、VerizonのSIMが使えるようになるそうです。しかし、Verizon店員がそれをしてくれる手順が確立されているかどうかは明確ではなく、また、Verizonはプリペイド契約の客にはLTE SIMを発行しないことから、IMEI登録もプリペイド契約の客にはしてくれない可能性があります。

なお、2012年春に発売されたソフトバンク版iPad 3を所有している人は、AT&Tショップで入手できる定価$15のiPad用SIM(運が良ければ、無料)、または、Amazonやオークションサイトで購入できるAT&T LTE対応SIMを使用すれば、AT&TのLTE回線を使用し、AT&TのプリペイドiPadプランで使用できます。

これら(Verizon、AT&T)のSIMは、当サイトでも代行販売します。

まとめると、

  ソフトバンク/au版iPad 4/iPad Miniをアメリカで使用する場合 ソフトバンク版iPad 3をアメリカで使用する場合
使用できるSIM
(LTE使用の場合)
Verizon LTE SIMは使用不可。
Verizon版iPad/iPad Miniのみ使用可。
Verizon LTE SIM
(ナノ=>iPad Mini、マイクロ=>iPad 4)
AT&T LTE対応SIM(マイクロ)
実店舗で入手 Verizonストアや小売店では入手不可能。 AT&Tストアで入手可能。
(定価$15。運が良ければ無料。)
オンラインで入手 Amazon.com、eBayなどで可能。 Amazon.com、eBayなどで可能。
LTE使用可能都市数 441都市(2012年11月24日現在) 103都市以上(2012年11月16日現在)
2G/3G CDMA2000 EVDO Rev A
ダウンロード実効最大700kbps~1.5Mbps程度。
GSM(Edge)、W-CDMA、HSPA+
ダウンロード実効最大1~5Mbps程度。
プリペイドプラン料金 1GB/最大1ヵ月、$20
2GB/最大1ヵ月、$30
5GB/最大1ヵ月、$50
10GB/最大1ヵ月、$80
250MB/最大30日、$14.99
3GB/最大30日、$30
5GB/最大30日、$50
テザリング 全プランで可能。 5GB/$50プランでのみ可能。
支払い クレジットカード
日本のクレジットカードで支払い可能
クレジットカード
日本のクレジットカードで支払い可能
自動更新 デフォルトは、クレジットカードに翌月自動更新。
自動更新キャンセル可能。
デフォルトは、クレジットカードに翌月自動更新。
自動更新キャンセル可能。
アカウント有効期限 最後の使用有効期限から5ヶ月。 最後の使用有効期限から60日。
アカウント有効期限切れ後のSIM 使用不可。
SIM有効を継続するには、6ヶ月未満毎に1ヶ月(最低$20)のプランに加入する必要あり。
何度でも再使用可能。
     
使用できないSIMとプラン Verizon LTE SIM
 
AT&T iPad/iPad MiniプランSIM。
プリペイド・プラン加入時に「Device Typeが違う」と言うメッセージが表示され、先へ進めない。
ただし、事前に何らかの方法でAT&TiPadプランに加入済みSIMは、アカウント管理は出来ないが、3G/HSPA+(”4G”)でデータ通信だけ使用可能。
Verizon LTE SIM。
デバイスがVerizonの通信方式/周波数に対応していない。
     
その他の使用できるSIM AT&T iPhone 5ポストペイド契約SIM
AT&T iPhone 3Gs/4/4Sポストペイド契約SIM
(iPad Miniで使用する場合にはナノSIMに、
iPad 4で使用する場合にはマイクロSIMにカットする必要有り)
AT&T GoPhone SIM
Net10 AT&T回線用SIM
StraightTalk AT&T回線用SIM
H2O SIM
T-Mobile USAプリペイド携帯用SIM
Net10 T-Mobile回線用SIM
StraightTalk T-Mobile回線用SIM
SimpleMobile SIM
など。
AT&T iPhone 5ポストペイド契約SIM(SIMアダプター必要)
AT&T iPhone 3Gs/4/4Sポストペイド契約SIM
AT&T GoPhone SIM
Net10 AT&T回線用SIM
StraightTalk AT&T回線用SIM
H2O SIM
T-Mobile USAプリペイド携帯用SIM
Net10 T-Mobile回線用SIM
StraightTalk T-Mobile回線用SIM
SimpleMobile SIM
など。
備考 AT&T系”その他”SIMでは、
APNChangerでAPN設定。
LTE使用不可。
テザリング不可。
 
T-Mobile系SIMでは、
手動APN設定。
LTE使用不可。
2G通信。場所によっては3G/HSPA+通信。
テザリング可。
AT&T系”その他”SIMでは、
APNChangerでAPN設定。
ポストペイドSIM以外ではLTE使用不可。
テザリング不可。
 
T-Mobile系SIMでは、
手動APN設定。
LTE使用不可。
2G通信。場所によっては3G/HSPA+通信。
テザリング可。

 

VerizonのSIMには、以下3種類があります。
● 最上段は一番古いSIMで、もともとBlackberryなどの「国際ローミング」できる携帯でGSM/W-CDMAでローミングするためのもので、Verizonの株主でもあるイギリスVodafoneの関連会社、オランダVodafone Libertel B.V.のIMSIコードを持ったSIMカードです。
● 真ん中は、つい最近まで使用されていたVerizon初代LTE対応SIMです。先週、このSIMをiPad Miniに挿入してプランアクティベートしようとしたのですが、購入したのが古くて1年前のものだったのが原因なのか、支払いの最後に「Activation Error」と出て、「あとでもう一回試すか、カスタマーサービスに電話しろ。」というメッセージで終わってしまいました。(何度か繰り返しましたが、同じ結果。)多分、SIMが古い(購入日だけでなく、型番そのものが・・・)からだとは思っていますが、確認するために新しく同デザインのSIMをAmazonで購入し、近日、再トライする予定です。
● 一番下が、最新のVerizon(二代目。多分、9月頃からリリース。)LTE対応SIMです。Amazon.comで注文し、昨日届き、本日、Verizon版iPad Miniでアクティベーションしてみたところ、見事にプリペイドプラン加入が出来ました。このSIMは、iPhone 5用ナノSIMも、iPad 4用マイクロSIMも、Amazon.comでサードパーティー業者(Verizonのディーラーだと思います)から販売されていますから、iPad Mini/iPad 4で使用する場合にも、SIMカットせずに使えます。

 

・・・ということで、この「赤い台紙」のVerizon LTE SIMで、ソフトバンク/au版iPad Mini/iPad 4がアメリカ国内で使える確率が高いです。(最終確認として、実際にソフトバンク/au版で検証する必要がありますが。) iPadの「設定(Settings)⇒モバイルデータ通信(Cellular Data)⇒アカウントを表示(View Account)」でVerizonプリペイドプランに加入できないので、使用できないことが判明しました。

上の表にも書きましたが、VerizonプリペイドLTE SIMは、5ヶ月未使用だと無効になり、そのSIMは使えなくなります。
したがって、渡米が頻繁でない場合には、渡米のたびに事前にこのSIMを入手する必要があります。
また、SIMの価格もAT&TやT-Mobile USAのSIMに比べると高いです。当サイトで代行する場合には、普通航空郵便送料込みで1枚$20くらいに成ると思います。
しかし、現在のところはアメリカ国内で一番LTE回線の充実しているキャリアはVerizonなので、ソフトバンク/au版iPad Mini/iPad 4を渡米時に使いたい場合には、Verizon SIMが最も快適でしょう。テザリングを有効化すれば、ポケットWiFiも不要だし・・・

※ 検証はしていませんが、2012年11月30日発売日の当日情報では、「au版はSIMロックされており、海外でも同じ」との報告です。

※ 追記:その後、2012年12月10日頃から、au版およびソフトバンク版iPad 4/iPad Miniともに、海外SIMで使えたという検証報告が出始めています。やはり、従来モデル通り海外SIMフリーのようです。 (追記:SIMは読めますが、現地のSIMでプリペイドプランに加入できないことがあることが判明。)











――<●>――
関連すると思われる記事: