Verizon版iPad Miniは、AT&TのSIMが使えることの検証


- Old Counter



追記(2014年5月29日)
この記事の中で、AT&T/カナダ版以外のiPad 4(A1460)/iPad Mini(A1455)にAT&TのSIMを挿入すると、「The device type entered is not supported.」というメッセージが表示され、これ以上進めません。」という記述がありますが、これは、本日現在、無くなりました。
したがって、、AT&T/カナダ版以外のiPad 4(A1460)/iPad Mini(A1455)でも、AT&TプリペイドiPadプランへ加入できるようになりました。

詳しくは
AT&T/カナダ版以外のiPad 4/iPad Miniでも、AT&TのiPadプリペイドプランに加入できるようになりました。 – 2014年5月29日
参照。


2012年3月に新iPad(iPad 3)が出た直後に、次のような記事がリリースされました。
「Verizon版新iPadで、AT&TのSIMが使える。」
You can use an AT&T SIM card in a Verizon iPad – 2012年3月16日

そこで、状況は変わらないはずのVerizon版iPad Miniで、早速その検証です。
で、やってみると、上の記事のタイトルは、必ずしも100%正しくないことがわかりました。

まあ、本文を読めば、半分判るんですが・・・でも、半分ですね。

通常、iPad/iPad Miniのプリペイドプランは、使用するキャリアのSIMを挿入し、「Settings(設定)⇒ Cellular Data(モバイルデータ通信)⇒ View Account(アカウントを表示)」をタップして、

 

Eメールアドレスや個人情報を登録して、必要な時にクレジットカードで支払い、加入します。

 

そこで、このVerizon版iPad MiniにAT&Tの未開通LTE対応SIM(ナノSIMにカット)を挿入し、同様に「Settings(設定)⇒ Cellular Data(モバイルデータ通信)⇒ View Account(アカウントを表示)」をタップして、アカウントを作成しようとすると、以下のスクリーンショットのように「The device type entered is not supported.」と表示され、AT&T iPadプランのアカウントが作成できず、この先が続行できません。 2014年5月29日現在、このエラーメッセージは、出なくなりました。

 

「え?(上の記事と)話が違うじゃん!」と思って、もう一度元記事を読み返してみると、「Verizon版新iPadで、AT&TのiPad SIMが使える。」とは書いていないんですね。「Verizon版新iPadで、AT&TのiPhone 4SマイクロSIMが使える。」という記事でした。

そこで、AT&TのiPhone 5のナノSIMを取り出し、このVerizon版iPad Miniに挿入し、APNChangerでAT&Tポストペイド契約のAPN(wap.cingular)に変更して起動してみると、見事に使えました。

 


 

AT&T GoPhone SIMはデータ契約しているのが今手元には無いのですが、Pay-as-you-go SIMは認識するようです。ただし、キャリア信号のところがAT&Tになったり、それが消えてiPadになったり・・・
このSIMでも、APN設定はAPNChangerが必要です。

 

T-Mobile USAプリペイド携帯SIMでは、APN設定項目も出てきて、ちゃんとネットが使えることを確認。(2Gですが・・・)
ちなみに、ここ数日で気がついたんですが、最近、T-MobileのAPNは手動設定しなくとも、自動でネットを掴むようになった気がします。T-MobileでSIMフリーiPhoneを使いやすいようにする運動の一環でしょうか。

 
 

結論:
● Verizon版iPad Mini(iPad 3、iPad 4)で、AT&T iPad Mini(iPad 3、iPad 4)のプリペイドプランには加入できない。 できる。(2014年5月29日修正)
● Verizon版iPad Mini(iPad 3、iPad 4)で、AT&T iPhone 5(4、4S)SIMを3G/HSPA+(”4G”)通信で使用できる。
● Verizon版iPad Mini(iPad 3、iPad 4)で、AT&T GoPhone SIMを3G/HSPA+(”4G”)通信で使用できる。
● Verizon版iPad Mini(iPad 3、iPad 4)で、T-Mobile USAプリペイドSIMを使用できる。(通信速度は、1900MHz 3G周波数改編が済んでいるかどうかによって、2Gまたは3G/HSPA+(”4G”)。)

● 既に別のAT&T iPadやオンラインでAT&T iPad用にアクティベートしたAT&T SIMを、Verizon版iPad Mini(iPad 3、iPad 4)に挿入した場合には、そのままでAT&T回線でネットが使用できます。(<-検証済み)その際にはGSM版iPad/iPad MiniのIMEI番号が必要になるでしょう。(<-要検証。)ただし、このAT&T SIMをVerizon版iPad/iPad Miniに挿入しても、アカウントの管理は出来ません。(「Settings(設定)⇒ Cellular Data(モバイルデータ通信)⇒ View Account(アカウントを表示)」で「Device Typeが違う」と表示され、アカウントが表示できない。)したがって、アカウント管理はオンラインでするか、GSM(AT&T)用iPad/iPad 2/iPad 3ですることになります。
したがって、この場合にはAT&T版iPad/iPad Mini『も』既に持っていることが条件になり、「わざわざAT&T版を持っているのに、なんでそのSIMをVerizon版に挿入しないといけないの?」という疑問が沸きます。

まあ、この検証で明らかになった重要なポイントは、
Verizon版iPad Mini(iPad 3、iPad 4)だけを使って、AT&TのiPad Mini/iPadプランには加入できませんよ できます(2014年5月29日修正)・・・
ということでした。
 
 

注:
アメリカ国内でAT&T版iPad Mini(iPad 3、iPad 4)に、VerizonのSIMは、使えません。
なぜなら、AT&T版はVerizonのLTEにも3G CDMA通信にも対応していないからです。
細かいことを言うならば、アメリカ国外でAT&T版iPad MiniにVerizonのSIMを挿入すると、その国でのVerizonのGSM/W-CDMAパートナーキャリアの電波を使って、Verizonの国際ローミング料金で使用することは、理論的に可能なはずです。











――<●>――
関連すると思われる記事: