(続)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編


- Old Counter



2012年10月25日(日本時間)よりKindle日本ストアがAmazon.co.jpに開店し、日本の電子書籍がオンラインで購入/閲覧できるようになりました。
海外からこのKindle日本ストアをアクセスして日本の電子書籍を読む方法は、早々当日、
海外からKindle日本の本を購入して、読む方法 – 2012年10月25日
で紹介しましたが、その2日後からいくつか問題が発生していることが筆者も体験し、読者からも報告がありました。

ネットで同様な事例(USストアを米国外からアクセスする際のトラブル)を検索したり、実際に検証した結果、その問題に対して以下の解決方法がわかりましたので、紹介します。

現在体験している問題点は、以下の通りです。

問題点と解決方法 (項目をクリックすると、そこへジャンプします。)
■ Amazon.co.jpのKindle日本ストアにアクセスするための最低条件は?
■ どの端末で、Kindle日本ストアで購入した電子書籍が読めますか?
■ どの端末で、Kindle日本ストアで電子書籍が購入できますか?
■ 同じAmazonアカウントで購入した電子書籍は、同時に何台までの端末で利用(アクセス)できますか?
■ Amazon.co.jpアカウントが、海外iOS/アンドロイドのKindleアプリを搭載した端末を認識しない。
■ 海外iOS/アンドロイドのKindleアプリを搭載した端末で、Amazon.co.jpのKindleストアで購入した電子書籍が同期できない。(Kindleアプリ/端末のCloudに購入した書籍がリストされない。)
■ OSに日本語設定の無い海外アンドロイド携帯/タブレット端末を、Amazon.co.jpのKindle日本ストアで利用する(端末を登録させる)方法
■ 海外購入のKindle端末でAmazon.co.jpにログインできない。または、端末登録できない。
■ Amazon.co.jpと、Amazon.com(または、自国のAmazon)とで、同じログイン名(Eメールアドレス)/パスワードを使用しています。どうやってそれぞれのKindleストアへのログインを切替えたら良いでしょうか?
■ Amazon.co.jpのKindleストアで「最近他の国に引っ越しましたか? 」メッセージが出て、電子書籍が購入できない。
■ 日本在住者で、日本から海外のKindleストアで書籍を購入しようとすると、「Did you recently move to a new country? 」メッセージが出て、その国の電子書籍が購入できない。
■ 購入した書籍が「ポルトガル語(Portuguese)版」等でダウンロードされ、読めない。
■ 読んだ本に付けたブックマークやハイライトやメモが、ログアウト(端末の登録解除)後、再度ログイン(端末の登録)し直すと、消えている。
■ 日本と自国のAmazonアカウントでログイン(端末の登録)の切り替えを行うと、Kindleアプリの「端末」リストから、前回端末にダウンロードした書籍が消える。
 

 

■ Amazon.co.jpのKindle日本ストアにアクセスするための最低条件は?

1.Amazon.co.jpアカウントを作ります。(自国のAmazon【例:Amazon.com】と、Amazon.co.jpとの両方でショッピングをしたいなら、両方のアカウントのEメールアドレスは別々にしておいたほうが、管理が楽です。同じEメールアドレスを使う時は、少なくともパスワードは分けておきましょう。それぞれのアカウントのパスワードは、あとでも変えられます。)
2.PC(ブラウザー)でAmazon.co.jpアカウントサービスにアクセスし、「アカウント設定 ⇒ アドレス帳の内容を変更する」をクリックして、「アドレス帳」(品物送り先)に日本の住所を登録します。
3.同じくアカウントサービスの「ダウンロード ⇒ My Kindle」をクリックして、「居住国設定」をクリックし、「変更」をクリックして、日本の住所を登録します。(2.と同じ住所で良いでしょう。) ← これは、必須です!
4.同じくアカウントサービスの「支払い方法 ⇒ クレジットカードを追加する」をクリックして、支払いのためのクレジットカードを登録します。Amazon.co.jpの支払いは、海外(アメリカ)発行のAMEXクレジットカードで可能なことは、確認済みです。VISA/MasterCardは自分では試していませんが、どなたかご報告ください。クレジットカードの請求住所は、アメリカ(日本国外)の住所を登録していますが、問題ありません。

なお、書籍を読む端末のほうには、最新のKindleリーダーアプリを搭載/アップデートしておきます。(2012年10月24日以降の最新のKindleバージョンにアップデートしないと、日本語に対応していません。)
更に、端末のOSは日本語を選択します。← これも、必須です!
● OS言語が日本語の選択できないKindle製品は、Amazon.co.jpでは使用できません。現在、日本語OSの選択できる海外Kindle端末は、Kindle Paperwhiteモデルだけです。Kindle FireとKindle Fire HDは2012年12月19日に日本でも発売されることになっており、その直前に海外版Kindle Fire/Kindle Fire HDにもOSアップグレードがあって、日本語OS対応になるかもしれませんが、今のところはこれは希望的観測に過ぎません。
● OS言語が日本語の選択できないアンドロイド端末は、下記の■ OSに日本語設定の無い海外アンドロイド携帯/タブレット端末を、Amazon.co.jpのKindle日本ストアで利用する(端末を登録させる)方法を参照してください。

そして、上記1.の「日本語書籍を購入する、Amazon.co.jpアカウント」でログイン(「このKindleを登録する」ボタンをクリック)します。
端末の登録が成功すれば、PC(ブラウザー)でAmazon.co.jpアカウントサービスにアクセスすると、「アカウントサービス ⇒ ダウンロード:My Kindle ⇒ Kindleアカウント:端末の管理」にその端末が表示されるはずです。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ どの端末で、Kindle日本ストアで購入した電子書籍が読めますか?

現在のところ、

● 海外版Kindle Paperwhite/Kindle Paperwhite 3G
(OS(メニュー)言語は日本語に設定すること。)

● 日本版Kindle Paperwhite/Kindle Paperwhite 3G(2012年11月19日発売)、日本版Kindle Fire HD(2012年12月19日発売)、日本版Kindle Fire(2012年12月19日発売)
(OS(メニュー)言語は日本語に設定すること。)

● (日本版、海外版)iPhone、iPod Touch
(Kindle for iPhoneをインストール。少なくとも端末登録【ログイン】の時だけは、OS(メニュー)言語は日本語に設定すること。【追記 2013年12月30日】iOSの場合は、書式(Region Format)も日本に設定すること。)

● (日本版、海外版)iPad、iPad Mini
(Kindle for iPadをインストール。少なくとも端末登録【ログイン】の時だけは、OS(メニュー)言語は日本語に設定すること。【追記 2013年12月30日】iOSの場合は、書式(Region Format)も日本に設定すること。)

● (日本版、海外版)アンドロイド・スマートフォン、アンドロイド・タブレット
(Kindle for Androidをインストール。少なくとも端末登録【ログイン】の時だけは、OS(メニュー)言語は日本語に設定すること。OS言語が日本語の選択できないアンドロイド端末は、下記の■ OSに日本語設定の無い海外アンドロイド携帯/タブレット端末を、Amazon.co.jpのKindle日本ストアで利用する(端末を登録させる)方法を参照。)

電子書籍を購入するのは、Amazon.co.jpにブラウザーでアクセスできれば、上記の端末以外にWindows PC、Macも可能。

※ 購入する電子書籍によっては、全ての端末に対応していないものがあります。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ どの端末で、Kindle日本ストアで電子書籍が購入できますか?

ブラウザーでAmazon.co.jpにアクセスできれば、どの端末でもKindle日本ストアで電子書籍が購入できます。(電子書籍を購入する端末と、購入した電子書籍を閲覧する端末は、別でも構いません。)
Windows PC、Mac、iPhone/iPad、Android端末どれでも可能です。
ただし、有料電子書籍を(約)5冊以上、海外から購入すると、
「Amazonアカウントにご登録の国とは別の国から、商品の注文が試みられました。
お客様は現在国外にいらっしゃいますか?
Kindle本の注文手続きを続けるには、カスタマーサービスにお問い合わせくださいしてください。
最近他の国に引っ越しましたか?
Amazonアカウントを簡単にお住まいの国を変更するできます。」
というメッセージが画面に表示され、電子書籍の購入が出来なくなることがあります。
その場合には、下記■ Amazon.co.jpのKindleストアで「最近他の国に引っ越しましたか? 」メッセージが出て、電子書籍が購入できない。を参照してください。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ 同じAmazonアカウントで購入した電子書籍は、同時に何台までの端末で利用(アクセス)できますか?

Amazon.co.jpサイトのヘルプにもあるかもしれませんが、今、見つからないので、Amazon.comから引用します。
How many Kindles can I use to access titles in my library?
How many Kindles can I use to access titles in my library?
Most books and other non-subscription items you purchase from the Kindle store may be simultaneously accessed for your personal use on up to six Kindles (or Kindle compatible devices, such as Kindle for iPhone) registered to your Amazon.com account. If the limit is less than six kindles for a specific title, you’ll see the message “Simultaneous Device usage: Up to X simultaneous devices, per publisher limits” on the detail page.

If you reach the device limit and wish to replace one of your current devices with a new one, you must first deregister and delete the content from the device you wish to replace before you can access the content in question from your new device. For device registration instructions, please see the Help page for the device you wish to register/deregister on the Kindle Support pages. There is no limit on the number of times a title can be downloaded to a registered device.

Subscription content can only be downloaded to one Kindle at a time and cannot be accessed from Kindle for iPhone.

つまり、電子書籍に関しては、特にタイトルによって出版社の制限が無い限り、一度に6台までのKindle端末/Kindleアプリでアクセスできます。6台を超え、別の端末でコンテンツをアクセスしたい場合には、1台端末を登録解除し、もし、コンテンツがその端末に保存(ダウンロード)されていれば、それを削除すると、別の端末でアクセスできるようになります。

定期購読のコンテンツは、同時に1台のKindle端末でしかアクセスできません。iPhone/iPadなどのKindleアプリではアクセスできません。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ Amazon.co.jpアカウントが、海外iOS/アンドロイドのKindleアプリを搭載した端末を認識しない。

1.Kindleアプリが最新バージョンかどうかをお確かめください。
iOS版は、Kindleアプリを起動し、Kindleアプリの「設定(右下の歯車アイコン) ⇒ その他(Other) ⇒ 情報(About)」をタップし、Versionが3.4以上であること(2012年10月27日現在、Version3.4が最新版)。
アンドロイド版は、Amazon Kindle(Kindle for Android)アプリを起動し、Kindleアプリの「メニュー・アイコン ⇒ 情報(Info) ⇒ バージョン情報(About)」で、Versionが3.7.0.108以上であること(2012年10月27日現在、Version3.7.0.108が最新版)。

最新版になっていない場合には、最新版にアップグレードしてください。

2.Kindleアプリを起動しようとする端末のOSの言語を「日本語」に変更してください。
OS言語が日本語になっていないと、Amazon.co.jp側で端末のログイン(登録)が認識できないようです。
iOSでは、「Settings(設定) ⇒ General(一般) ⇒ International(言語環境)⇒ Language(言語)」で「日本語」を選択します。
【追記 2013年12月30日】更に、
●「設定(Settings) ⇒ 一般(General) ⇒ 言語環境(International) ⇒ 書式(Region Format)」を「日本(Japan)」にし、
それから、iOS版 Kindleアプリを起動し、Amazon.co.jpのアカウントでログインしてください。

アンドロイドでは、「Settings(設定) ⇒ Language&Input(言語と入力) ⇒ Language(言語環境)⇒ Language(言語)」で「日本語」を選択します。
【追記 2013年12月30日】アンドロイド端末では、書式(Region Format)の設定は、設定項目に見つからないので、Kindle日本への端末登録に影響は無いようです。。
OS言語を日本語に選択できない海外アンドロイド端末では、KindleアプリをAmazon.co.jpのアカウントに登録できないようです。その場合は、■ OSに日本語設定の無い海外アンドロイド携帯/タブレット端末を、Amazon.co.jpのKindle日本ストアで利用する(端末を登録させる)方法を参照してください。
または、海外で現地の「日本語OSに変更できる」最新版Kindle(現状、Kindle Paperwhiteのみ。)かiPad/iPad Miniを購入してください。

以上を確かめた上で、Kindleアプリを実行し、Amazon.co.jpのアカウントでログイン(「このKindleを登録する」ボタンをクリック)すれば、その端末がAmazon.co.jpの「アカウントサービス ⇒ ダウンロード:My Kindle ⇒ Kindleアカウント:端末の管理」に表示されるはずです。
※ Kindleアプリ側で既にAmazon.co.jpアカウントでログイン済みであれば、一度、ログアウト(端末の登録解除)を行い、再度、ログイン(端末の登録)を行ってみてください。Kindleアプリから一旦、登録を解除(ログアウト)し、再度登録(ログイン)をしない限り、OS言語を日本語に変えただけではAmazon.co.jpで端末を認識できません。つまり、どの国のKindleストアにログインするかは、実際にログイン(端末の登録)ボタンを押した瞬間に判断されるようです。

なお、一度「端末の登録」が実行されて、端末がAmazon.co.jpの「アカウントサービス ⇒ ダウンロード:My Kindle ⇒ Kindleアカウント:端末の管理」にリストされれば、OS言語を日本語以外に変更しても大丈夫なようです。また、自国のKindleアカウントに切り替えるために「(Kindle日本への)端末の登録解除」を行って、その後またKindle日本へログイン(端末の登録)する時も、その間が短期間の場合はOS言語が日本語以外でもログインできるようです。しかし、長い間端末が登録を解除され、Amazon.co.jpの「アカウントサービス ⇒ ダウンロード:My Kindle ⇒ Kindleアカウント:端末の管理」に端末がリストされなくなると、その次のログイン(端末の登録)時にAmazon.co.jpクラウドとコンテンツを同期して、購入したコンテンツのリストを表示するには、少なくともログイン(端末の登録)時はOS言語が日本語になっている必要があるようです。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ 海外iOS/アンドロイドのKindleアプリを搭載した端末で、Amazon.co.jpのKindleストアで購入した電子書籍が同期できない。(Kindleアプリ/端末のCloudに購入した書籍がリストされない。)

前項の対応と同じです。

1.Kindleアプリが最新バージョンかどうかをお確かめください。
(詳細手順は、前項参照。)

2.Kindleアプリを起動しようとする端末のOSの言語を「日本語」に変更してください。
(詳細手順は、前項参照。)

OS言語を日本語に選択できない海外アンドロイド端末では、KindleアプリをAmazon.co.jpの購入コンテンツに同期できないようです。その場合は、■ OSに日本語設定の無い海外アンドロイド携帯/タブレット端末を、Amazon.co.jpのKindle日本ストアで利用する(端末を登録させる)方法を参照してください。

前項と同じく、一度、端末がAmazon.co.jpの「アカウントサービス ⇒ ダウンロード:My Kindle ⇒ Kindleアカウント:端末の管理」にリストされれば、OS言語を日本語以外に変更しても大丈夫なようです。また、同じKindleアプリで他の国のKindleストアのログインIDでログインした場合には、その期間が短く、Amazon.co.jpの「アカウントサービス ⇒ ダウンロード:My Kindle ⇒ Kindleアカウント:端末の管理」にまだ端末がリストされていれば、日本語以外のOS言語でも再度、Amazon.co.jpにログインして正常にクラウドコンテンツがリストされるようです。しかし、長い間端末が登録を解除され、Amazon.co.jpの「アカウントサービス ⇒ ダウンロード:My Kindle ⇒ Kindleアカウント:端末の管理」に端末がリストされなくなると、その次のログイン(端末の登録)時にAmazon.co.jpクラウドとコンテンツを同期して、購入したコンテンツのリストを表示するには、少なくともログイン(端末の登録)時はOS言語が日本語になっている必要があるようです。

※ 前項と同じく、Kindleアプリ側で既にAmazon.co.jpアカウントでログイン済みであれば、一度、ログアウト(端末の登録解除)を行い、再度、ログイン(端末の登録)を行ってみてください。Kindleアプリから一旦、登録を解除(ログアウト)し、再度登録(ログイン)をしない限り、OS言語を日本語に変えただけではAmazon.co.jpとコンテンツを同期できません。つまり、どの国のKindleストアにログインするかは、実際にログイン(端末の登録)ボタンを押した瞬間に判断されるようです。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ OSに日本語設定の無い海外アンドロイド携帯/タブレット端末を、Amazon.co.jpのKindle日本ストアで利用する(端末を登録させる)方法

1.Google Play Storeから、無料アプリ「MoreLocale 2」をダウンロードし、インストールします。
2.「Morelocare 2」を起動し、「Japanese(Japan)」を選択します。
3.Kindle for Amazonを起動し、既にAmazon.co.jpにログインしている場合には、「(Kindleアプリの)メニューボタン ⇒ 設定 ⇒ 端末の登録解除 ⇒ 登録の解除」をタップして、ログオフします。
4.再度、Amazon.co.jpのログインIDで「ログイン(登録)」します。

これで、Amazon.co.jpに端末の登録が出来、Kindle日本で購入したコンテンツを表示できます。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ 海外購入のKindle端末でAmazon.co.jpにログインできない。または、端末登録できない。

前項と同じ理由で、「日本語を含む最新Kindle OSにアップグレードできない」旧Kindle端末では、「Amazon.co.jpへログイン出来ない/端末が登録できない/コンテンツが同期できない」問題が発生していると思われます。

現地で販売されている、日本語OS対応可能な最新版Kindle端末(現状、Kindle Paperwhiteのみ。)を購入するか、iPad/iPad Miniを購入してください。

Kindle FireとKindle Fire HDは2012年12月19日に日本でも発売されることになっており、その直前に海外版Kindle Fire/Kindle Fire HDにもOSアップグレードがあって、日本語OS対応になるかもしれませんが、今のところはこれは希望的観測に過ぎません。

※ この端末をルート化してGoogle Play Storeをインストールし、MoreLocale 2をインストールできれば、前項の■ OSに日本語設定の無い海外アンドロイド携帯/タブレット端末を、Amazon.co.jpのKindle日本ストアで利用する(端末を登録させる)方法の手順でKindle日本で利用可能になると思われます。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ Amazon.co.jpと、Amazon.com(または、自国のAmazon)とで、同じログイン名(Eメールアドレス)/パスワードを使用しています。どうやってそれぞれのKindleストアへのログインを切替えたら良いでしょうか?

Amazon.co.jp(Kindle日本ストア)へログインするときには、Kindleアプリがインストールされている端末のOS言語を日本語に変更してから、Kindleアプリでログイン(端末の登録)をしてください。Kindle日本ストアに同期できます。

Amazon.com/米国Kindleストア(または、自国のAmazon/Kindleストア)へログインするときには、Kindleアプリがインストールされている端末のOS言語を英語(または、自国の言語)に変更してから、Kindleアプリでログイン(端末の登録)をしてください。端末を米国Kindleストア(または、自国のKindleストア)に同期できます。

※ OS言語を変えただけでは、それぞれのAmazon/Kindleストアで端末を認識できません。OS言語を変えた後、その国のAmazon/Kindleストアにログイン(端末の登録)をする必要があります。

※ この情報は、「代助のブログ」さんから
日米Amazonアカウントが同一メールアドレス・パスワードでも切り替えてKindleサービスを利用する方法 – 2012年10月28日
 
 

トップへ戻る
 
 

■ Amazon.co.jpのKindleストアで「最近他の国に引っ越しましたか? 」メッセージが出て、電子書籍が購入できない。

Kindleは定期的に端末の地理的位置をチェックして、長期間同じ位置(国)に固定されると、本人が国を超えて引越ししたと認識するアルゴリズムを採用しているようです。更に、「引越しした」と認識された先に現地のKindleストアが開店・営業されている場合には、その国のKindleストアにユーザーを自動的に誘導するようになっているようです。
参考:
MobileRead Forums > E-Book Readers > Amazon Kindle > Buying on American’s Kindle Store from abroad
Amazon problem: You attempted to purchase an item while in a different country than listed on your Amazon account.

その場合は、amazon.co.jpから電子書籍を購入しようとすると、次のようなメッセージが表示されます。
「Amazonアカウントにご登録の国とは別の国から、商品の注文が試みられました。
お客様は現在国外にいらっしゃいますか?
Kindle本の注文手続きを続けるには、カスタマーサービスにお問い合わせくださいしてください。
最近他の国に引っ越しましたか?
Amazonアカウントを簡単にお住まいの国を変更するできます。」 

このメッセージはAmazonアカウント新規開設後すぐに出るわけではなく、何冊か(5冊という説がある。)は問題無く購入できて、「うまく購入できた。シメシメ」と思っていると、まるで突然のようにある日出現するそうです。(どうやら、有料本購入約5冊までは良くて、6冊目を買おうとするとこのメッセージが出るようです。)

これが画面に出た場合の解決方法は、現地(Amazon.co.jpで購入する場合には、日本)のIPアドレスを偽装するVPNやProxyサービスを利用して電子書籍を購入するしかありません。(あるいは、日本の家族に頼んで、日本であなたのアカウントでAmazon.co.jpにログインし、電子書籍を一冊買ってもらう。買いたい本は前もって検索しておいて「欲しいものリスト」に入れておき、家族にはそれをクリックして買ってもらうと、楽ですね。)・・・これをすることによって、あなたが「日本に戻って来た」とAmazon.co.jpさんは思うのです。(その後、また有料本約5冊までは買えますが、6冊目にまた同じメッセージが出るようなので、この手順を繰り返さないといけません。それか、購入のときは常時VPN/Proxyを使うか。)
Amazon.co.jp(Kindle日本ストア)の電子書籍を購入するには、日本に拠点の有るVPNやProxyサービスを利用します。
その一つとして、海外からでもPaypalで支払いできるVPNサービス、VPN-Ninjaへの加入と利用の方法は、以下のブログ記事に書いてあるので、参照して下さい。
Hulu日本版を、海外からiPad(またはPC等)で観る方法。 – 2012年9月13日
このVPNサービスは有料(月1500円)なので、本を買う、特に無料本を「買う」だけに使うには高いと思うかもしれません。一ヶ月だけ加入して本を買いだめするとか、Hulu Japanなどのような他の日本の動画サービスと共有するとか、自分で考えましょう。

無料のProxyサーバーを使う方法は、
無料Proxyを、iPad/iPhone/iPod TouchまたはPCに設定して使用する方法 – 2012年11月4日
に記述しました。

※ 追記:
Kindle日本ストアの支払い情報を変更することで、海外購入冊数制限がクリアされる、という情報もあります。実際には、2つ以上の複数支払い方法を登録しておき、冊数制限が来たら、デフォルト使用カードを切り替える。(切り替えて、更に、元に戻す?)

VPNやProxyを使用しなければならないのは、電子書籍を「買う(『1-Clickで今すぐ買う』ボタンを押す)」時だけです。それ以外はVPN/Proxyで接続している必要はありません。
つまり、
● どんな本があるかどうかを、Kindleストアで検索する時、
● 既に購入した電子書籍をKindleアプリで閲覧(読書)する時、
は、VPN/Proxyを使用する必要はありません。

備考:読者の検証報告から、VPN/Proxyを使用するのは「最近他の国に引っ越しましたか?」メッセージが表示された直後1回(一冊購入)だけで良く(その行為を行うことによって、「日本に戻って来た。」と認識されるようです。)、その後はまた暫くの間、VPN/Proxyを使わずに購入できるそうです。しかしそのあと海外から数冊(有料本5冊?)購入すると、またこのメッセージが出るので、その時にはまたVPN/Proxyを使用したり、日本に住んでいる家族に同じアカウントでAmazon.co.jpの電子書籍を一冊購入してもらうと、「日本に戻って来た。」と認識され、また暫くVPN/Proxyを使わずに購入できるようです。
【追記 2013年12月17日】コメント欄、リーナさん(2013年12月17日)の報告によると、”「日本に戻って来た」振りをする”作戦は、通用しなくなったようです。
ただ、Amazon.co.jpの掲示板へのカスタマーサービスの返信によれば、「日本在住の人が海外旅行中に5冊を超えてダウンロードできなくなった場合には、Amazon.co.jpカスタマーサービスに連絡してもらえれば、制限を解除できる。」という返信を見たことがあります。したがって、心臓の強い人は、Amazon.co.jpカスタマーサービスに連絡してみてください。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ 日本在住者で、日本から海外のKindleストアで書籍を購入しようとすると、「Did you recently move to a new country? 」メッセージが出て、その国の電子書籍が購入できない。

前項の逆です。

この場合は、日本在住の人が、日本から、海外のKindleストアにアクセスした場合には、英文メッセージは次のようになります。
「(名前), please contact us or change your country to complete your purchase.
You attempted to purchase an item while in a different country than listed on your Amazon account.
Are you traveling outside your country?
Please contact customer service in order to continue purchasing Kindle items.
Did you recently move to a new country?
You can easily update your country for your Amazon account.」

前項と同じくこのメッセージはAmazonアカウント新規開設後すぐに出るわけではなく、何冊か(5冊という説がある。)は問題無く購入できて、「うまく購入できた。シメシメ」と思っていると、まるで突然のようにある日出現するそうです。

これが画面に出た場合の解決方法は、現地のIPアドレスを偽装する、現地のVPNやProxyサービスを利用して電子書籍を購入する必要があります。つまり、アメリカのAmazon.com Kindle Storeで購入する場合にはアメリカに拠点の有るVPN/Proxyサービス、イギリスのAmazon.co.uk Kindle Storeで購入する場合にはイギリスに拠点の有るVPN/Proxyサービスを使用します。アメリカなどは無料VPNサービスもありますから、それを使えば追加経費無しでできます。

前項と同じく、VPNやProxyを使用しなければならないのは、電子書籍を「購入(『Buy now with 1-Click』ボタンを押す)」時だけです。それ以外はVPN/Proxyで接続している必要はありません。
● どんな本があるかどうかを、Kindleストアで検索する時、
● 既に購入した電子書籍をKindleアプリで閲覧(読書)する時、
は、VPN/Proxyを使用する必要はありません。

備考:前項の読者の検証報告から、VPN/Proxyを使用するのは「Did you recently move to a new country? 」メッセージが表示された直後1回(一冊購入)だけで良く(その行為を行うことによって、「その国に戻って来た。」と認識される。)、その後はまた暫く(有料本約5冊購入まで)の間、VPN/Proxyを使わずに購入できると予想されます。
 
 

トップへ戻る
 
 

■ 購入した書籍が「ポルトガル語(Portuguese)版」等でダウンロードされ、読めない。

理由はわかりませんが、前項と同じく使用している端末(のIPアドレス)が日本国外にあると認識されたときに起こる現象の一つのようです。

この問題が発生したら、Amazon.co.jpにログインして「アカウントサービス ⇒ ダウンロード ⇒ My Kindle ⇒ Kindleアカウント ⇒ 居住国設定」をクリックし、(既に居住国が日本になっていても)、アクション欄の下の「変更」をクリックして日本の住所を再入力すると、それ以降に購入する電子書籍に関しては暫くの間、直ります。
もし、また同じ問題が発生したら、また、居住国の再設定を行ってください。

また、一度「ポルトガル語」状態でダウンロードされたコンテンツは、「ポルトガル語」状態でAmazonのクラウドにダウンロードされてしまっており、端末側で何度ログイン/ログアウト(端末の登録/登録解除)を繰り返しても、端末側ではクラウドのコピーを見ているだけなので、コンテンツ内容は正しく日本語に変わりません。
その場合は、一度その「ポルトガル語」状態のコンテンツをamazon.co.jpの 「アカウントサービス ⇒ ダウンロード ⇒ My Kindle ⇒ Kindleライブラリ」 から、その書籍タイトルの右側にある「アクション」アイコンにマウスを動かし、「ライブラリから削除」をクリックして、削除します。
そして、同じコンテンツが欲しいなら、再度購入して(クラウドに)ダウンロードしないといけないようです。

注意:削除した同じ有料本を再度ダウンロードするときに、再度課金されるかどうかは、筆者は確認していません。(課金されるほうが可能性が高いと思いますが・・・)
 
 

トップへ戻る
 
 

■ 読んだ本に付けたブックマークやハイライトやメモが、ログアウト(端末の登録解除)後、再度ログイン(端末の登録)し直すと、消えている。

Kindleアプリで「設定(歯車アイコン) ⇒ その他 ⇒ 注釈のバックアップ」を「オン」にすれば、ネットに接続中は自分が読むときに付けたブックマークやハイライトやメモがAmazonクラウドに保存されるので、端末側で何度ログイン/ログアウト(端末の登録/登録解除)を繰り返しても、これらが失われることはありません。

ネットに接続されていない時に「Kindleからログオフ(端末の登録を解除)」すると、クラウドへの最後のバックアップからそれまでのブックマーク/ハイライト/メモは、クラウドへ保存されないでしょうから、注意しましょう。
 
 

トップへ戻る
 
 
 

■ 日本と自国のAmazonアカウントでログイン(端末の登録)の切り替えを行うと、Kindleアプリの「端末」リストから、前回端末にダウンロードした書籍が消える。

はい、2つのアカウントで切り替えを行う限り、これは仕方ありません。
「端末」のローカルコピーからは消えますが、購入した電子書籍はAmazonのクラウドに保存されていますから、「クラウド」の方には必ず保存されています。また、前項で書いたように「注釈のバックアップ」を「オン」に設定しておけば、ネット(WiFi、または、セルラーデータ通信)が繋がっている限り、ブックマークやハイライトやメモもクラウドに一緒に保存されています。したがって、端末がネットに繋がっているときは、安心です。

端末がネットに繋がっていないときには、「Kindleからログオフ(端末の登録を解除)」をしないように注意しましょう。ログオフして、別のアカウントでログオンしようとしても、ネットに繋がっていなければ、どうせログオンできません!

不便な点は、Amazon IDを切り替えるたびに、読みたい本をクラウドから端末(ローカルコピー)へ全ページ ダウンロードしないといけないことです。ページ数の多い電子書籍や、写真の多い電子書籍は、本のファイル・サイズが大きいので、ダウンロードに時間が掛かるかもしれません。我慢してください。
高速のネットに接続するか、ネット環境が良いうちに複数の読みたい本/読む予定の本を、まとめて端末にダウンロードしておくことです。
 
 

トップへ戻る
 











――<●>――
関連すると思われる記事: