iPhone 5/新iPadのLTE接続可否は、SIMのキャリア毎にも決められている、という説。


- Old Counter



発売からSIMフリーで出荷されていることが分かったiPhone 5 Verizon版にソフトバンクのSIMを挿入すると設定(Settings)にLTE項目が表示されるが、イタリアTIMのSIMを挿入するとLTE項目が表示されなくなるという報告と、
iPhone 5 アンロック… されてた! (blog.niw.at) – 2012年9月21日

香港でSIMフリーiPhone 5を購入した@negiyamasanが飛行機で日本へ帰って来たところ、XiのSIMでLTEを掴めないかった、という報告から、
SIMロックフリー版iPhone 5、docomo SIMで通信可能もXiは利用不可? (shimajiro@mobiler) – 2012年9月22日

筆者は思い付いて、AT&T(GSM/W-CDMA)版新iPadに何社かのSIMを挿入してみました。(購入したばかりのiPhone 5に入れたかったけど、購入したA1428 GSM AT&T版のファクトリー・アンロックがまだ手続き中で完了していないことと、ナノSIMカッターもまだ届いていなかったため。)

以下のスクリーンショットの写真に見られるように、AT&TのSIMを挿入したときには、「LTEをオンにする(Enable LTE)」の オン/オフのスイッチが見られます。

 

ところが、T-Mobile USA、ソフトバンク黒SIM、ソフトバンク銀SIM、ドコモのSIMを挿入すると、この項目が設定画面から消えます。


 

そうです。新iPadのLTEのの通信可否は、本体のLTE周波数対応だけでなく、SIMのキャリアによっても事前に(おそらくキャリアプロファイル・ファイルで・・・)決められていたのです。

我々は新iPadが発売された2012年3月16日にこれを試して気が付くべきだったのですが、新iPadはAT&Tとカナダのキャリア(GSM版)とVerizon(CDMA版)しか周波数が対応していなかったので、それ以外のキャリアのSIMを挿入したらLTEが使えないのは当たり前だと思っていて、試すこともしなかったし、SIMのキャリアによって設定画面が変わるということを比較してみなかった・・・・

iPhone 5も同じ仕組みだと思います。

ということで、LTEに接続できるかどうかは、アップルが認めたLTEキャリアであるかどうかによって、キャリアプロファイルで設定されている。
よって、iPhone 5でLTEが接続できるかどうかは周波数互換性だけの問題ではなく、アップル公認でないドコモ Xi や日本通信カメレオンのSIMを挿入しても、iPhone 5ではLTEには接続できない。

・・・ということのようです。

iPhone 5でドコモのXi SIMでLTEを使おうと思っていた皆様、残念でした。(3Gでは使えます。)
どんなにiPhoneのLTE周波数が対応しても、アップル公認キャリアにならないと、LTEには接続できないものと思われます。

これから例の一覧表を、また修正します。











――<●>――
関連すると思われる記事: