iOS 6から無くなった標準マップのGoogle Mapsは、Safari(ブラウザー)でアクセスできます!


- Old Counter



iOS 6で標準マップ・アプリがGoogleマップから変わってしまい、ずいぶん不評のようですが・・・

Safariを開いて、以下をアクセスすれば、Googleマップがアクセスできますよ~

http://maps.google.com/
http://maps.google.co.jp/

また、SafariでGoogleマップをアクセスすると、そのショートカットをホーム画面に貼り付けることが出来ます。

■ Googleマップのアイコンを、ホーム画面に取り戻そう!

Safariを起動し、

 

URLに
http://maps.google.com/ (アメリカ)
または
http://maps.google.co.jp/ (日本)
を入力して、Googleマップのウェブサイトをアクセスします。
「現在の位置情報を利用します。よろしいですか?(Would Like To Use Your Current Location?)」のポップアップに「OK」をタップします。

 

画面下にポップアップが出ます。その下の「転送する(四角い箱に矢印)」アイコンをタップします。

 

「ホーム画面に追加(Add to Home Screen)」アイコンをタップします。

 

適当にアイコンに名前を修正/変更するか、そのままで、「追加(Add)」をタップします。

 

Googleマップのアイコンがホーム画面に追加されました!

 

使用するにはそのアイコンをタップすれば、

 

直接Googleマップのウェブアプリが自動起動。

 


 
 

Googleマップは、日本の地図を提供しているのはゼンリンですよね。
・・・ということは、iOS 6の標準マップで日本の地図情報を提供しているのは、ゼンリン以外の会社?

まあ、そのうちに単独アプリが出るだろうけど・・・











――<●>――
関連すると思われる記事: