Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


iPadを使った食品スーパーのレジ(POS)システム、ピッツバーグのスーパーが試験運用


- Old Counter



アメリカ、ペンシルバニア州ピッツバーグの自然食品スーパーマーケットMarty’s Marketは、
Marty’s Market ホームページ

 

Revel Systems社(サンフランシスコ本社)のiPadを使った食品スーパーPOSシステムの試験運用を5つのレジ(チェックアウト)レーンで始めました。
Revel Systems ホームページ

Revel SystemsのiPad店舗(POS)システムは、これまでレストランやランチ・トラックなどで利用されてきました。

同社は今回、iPadにテーブル(バーコード)スキャナー、計量機、レシートプリンター、クレジットカードスキャナー、キャッシュドロワーを独自の専用Revelルーターを介してワイヤレスで統合し、食品スーパー向けのPOSレジシステムを開発したものです。このシステムは、2012年7月28日から8月1日までラスベガスのMandalay Bay Resort & Casinoで開催されたRetailNow 2012 Expoでも「The innovative solution award」を受賞しています。
RetailNOW 2012 awarded Revel Systems iPad POS “The innovative solution award” for POS - 2012年8月1日


 

このスーパーマーケット iPad POSシステムは、2012年8月21日に正式に一般リリースされ、Marty’s Marketが最初に試験運用するものです。
Revel Systems Brings iPad Cash Register To Supermarket Industry With Launch Of Grocery iPad Point-Of-Sale System - 2012年8月21日

Marty’s Market Pilots iPad POS System - 2012年8月21日

Revel iPad Grocery POSはクラウドをデータ保存先として使用するため、店内サーバーは不要で、リアルタイムでどのiPadからも売り上げ状況が検索できます。
その他、食品スーパーで必要な機能である店内デリの価格組み込みバーコードを読んだり、セルフレジとしても使用できる機能を持っています。

在庫管理、従業員スケジュールなどのバックオフィス機能も利用できます。

APIも提供されており、ソフトウェアのカスタマイズも可能になっています。

Revel iPad Grocery POSのライセンスは、1レジ当たり$2000に設定されており、他にスキャナー/レジプランター/計量機/クレジットカードスキャナーなどのハードウェアの価格が追加されます。

今後、「ミレニアム世代(1982~2001年生まれ)」の購買力が「ベビーブーマー世代」の購買力を越えると予想される中で、Marty’s Marketなどの自然食品/ハイエンドスーパーマーケットは、ミレニアム世代に魅力有る最新のテクノロジーを利用したツールを提供することで、集客力を向上しようとしています。これらの最新技術は店舗側にも役に立つだけでなく、訪れる客層にも魅力あるシステムなのです。

Revel Systemsもこのミレニアム世代に注目し、スペシャリティー・スーパーマーケット用iPad Grocery POSシステムの開発を進めた、と言うことです。


 


 


 


 


 











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>