Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


T-Mobile USAがデータ使い放題プランを復帰・・・だから、どうなの?


- Old Counter



T-Mobile USAは2012年8月21日に、「Unlimited(使い放題)データプラン」を2012年9月5日から復帰することを、発表しました。
T-Mobile Unleashes Unlimited Nationwide 4G Data – 2012年8月21日

この「Unlimited(使い放題)データプラン」の料金は、ポストペイド加入時に端末割引を受けている人は月$30、端末割引を受けていない(定価で買った人)か、端末持込でポストペイド加入した人は月$20になります。(通話プラン料金と、テキストプラン/使用料金は、別に加わります。)

現在のところ、アメリカ4台携帯会社のデータ通信に関する料金傾向は、以下の様になっています。

● Verizon ポストペイド契約・・・2012年6月28日よりShared Data Plan(10台までの複数の携帯・タブレット・ポケットWiFi・USB装置で同じデータ量を共有するプラン。各端末ごとに毎月固定費 + 月の共有データ使用料を支払う。)を、従来の端末1台毎の段階性従量課金、ファミリープラン(5台までの端末で通話のみ共有)、に加えて、を並行提供。
● AT&T ポストペイド契約・・・2012年8月23日よりVerizonと同様なShared Data Planを、従来の端末1台毎の段階性従量課金、ファミリープラン(5台までの端末で通話のみ共有)、に加えて、並行提供。
● Sprint ポストペイド契約・・・データプランは、Unlimited(使い放題)プランのみ。
● T-Mobile USA ポストペイド契約・・・データプランは、「Unlimited(使い放題)だが、一定バイト数以上は250kbps以下に速度制限」プランのみ。

つまり、ポストペイド契約部門において、VerizonとAT&TがShared Data Plan(共有データプラン)への移行を奨励する傾向にあるのに対し、SprintとT-Mobile USAは「加入者はShared Data Planを望んでいない。」と主張して、反Shared Data Plan派の立場を維持しています。

※ Shared Data Planの比較はこのブログでもいつか取り上げたいと思っていますが、必ずしもShared Data Planが全ての加入者で安くなるとは限りません。
なぜなら、Shared Data Planの場合には通話プランが最も高価な「使い放題」プランしか選択が出来なくなり、「電話はほとんどしないが、データ通信は良く使う」ユーザーにとっては、毎月の通話料の基本料金が引き上げになるからです。

今回のT-Mobile USAの発表は、既存のポストペイド契約プランに加えて、新しく「速度制限の無い」Unlimited(使い放題)データプランを、2012年9月5日よりポストペイド契約プランに追加する、と言うものです。

ただし、新しい「速度制限の無い」Unlimitedデータプランでは、テザリングは出来ません。
テザリングを必要とするユーザーは、従来の「一定バイト数以上は速度制限付きのUnlimitedデータプラン」への加入を、引き続き継続しないといけません。

※ プリペイドプランは、これまでと変わりません。
 
 

T-Mobile USAはここ数四半期、連続でポストペイド加入者を減らしており、直近の前期(2012年第2四半期)でも20万人以上の加入者数減となっています。(逆にプリペイド加入者は、増えています。)

今回のT-Mobile USAの「速度制限無しUnlimitedデータプラン」の導入は、
● このポストペイド加入者数減を止めること
● VerizonとAT&TのShared Data Planに対抗する目新しいプランを提供して、2社へポストペイド加入者が流れるのを防ぐ必要がある
● 周波数の関係で米国4大携帯会社の中でいまだにiPhoneを発売できないので、9月の新iPhone(iPhone 5?)発表前に何らかの魅力有るサービスを提供しなければならないこと
● HSPA+ (ダウンロード理論値)41Mbpsサービスは全米規模で提供しているものの、米国4大携帯会社の中でいまだにLTEサービスを提供していない(2013年中ごろLTEサービス開始予定)ので、9月のLTE対応?新iPhone(iPhone 5?)発表前に何らかの魅力有るサービスを提供しなければならないこと
のための、デスパレイトな動きである、と思われます。

なお、T-Mobile USAは、HSPA+ 21Mbps、および、HSPA+ 42Mbps通信を、アメリカの中で初めて「4G」と呼んで2010年初めにマーケティングした張本人です。(AT&Tよりも前に・・・)
 
 

したがって、必ずしも今回のT-Mobile USAの「速度制限無しUnlimitedデータプラン」の導入は、「おっ!」と言う驚きよりも、「(Sprintが既にUnlimitedなのに)今頃、ナニそれ?」的反応しか、感じられません。

このブログでもすぐに取り上げなかったのは、そういう理由があります。
しかし、一部では注目しているようなので、筆者の解説を書かせていただきました。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>