Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカで初めて(?)デュアルSIM ICS 4.0アンドロイド携帯、Blu Vivo 4.3が$249.99で2012年9月発売。


- Old Counter



アメリカでデュアルSIMの携帯は昔はあったようですが、最近はほとんど見つかりませんね。
中国か香港仕様の製品を、Expansys-USAなどから購入するしか方法が無かったと思います。

マイアミに本社を持つBlu Productsは昨日(現地2012年8月3日)、デュアルSIMのアンドロイド 4.0(Ice Cream Sandwich)のスマートフォンを、2012年9月にアメリカ国内のメジャーな小売店で販売開始する、と発表しました。
BLU Products announces the VIVO 4.3 – World’s First Dual SIM smartphone device to feature Super AMOLED Plus Technology and Dual Core CPU – 2012年8月3日

モデル名はVivo 4.3。「世界最初」というのは、
● デュアルSIM
● スーパーAMOLEDプラス画面(4.3インチ)
● デュアルコア CPU
の3つの要素を備え合わせたスマートフォンは、初めてだということらしいです。

Vivo 4.3は、SIMロック・フリーで発売され、デュアルコア 1GHz CPU、3G/HSPA対応(HSPA+ではない)、8メガピクセルカメラ付き。
デュアルSIMは、同時待ち受け(着信)・発信可能。

アメリカ国内の主要小売店には2012年9月から出荷され、中南米、アジアの一部でも発売の予定だそうです。
どこで販売するのでしょうかね。BestBuy、RadioShack、Walmart、Target?

中国ではデュアルSIM携帯を使っている人は当たり前のようですが、これを機会にアメリカでもデュアルSIMのSIMフリースマートフォンの需要が増えてくるでしょうか。

 
 
 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事:

3 comments to アメリカで初めて(?)デュアルSIM ICS 4.0アンドロイド携帯、Blu Vivo 4.3が$249.99で2012年9月発売。

  • ak

    この端末はW-CDMA同時待ち受けなんでしょうか?
    メーカのHPでは詳しく記載は無いですね。
    GSM+W-CDMAであれば中華端末でもありますね。
    W-CDMA+W-CDMAなら日本でも需要があると思います。

    [返信]

    管理人 返信:

    2G GSMはクアドバンド(=850, 900, 1800, 1900 MHz)で、3Gももちろん対応、と言うところまでは判っていますが、3Gの周波数さえわからず、同時スタンバイはどの通信方式で出来るかも、まだわかりませんね。

    発売日近くまでわからないかもしれませんね。
    同時着信も、買って、使ってみないと、判らないかもしれませんね。

    [返信]

  • ak

    MediaTek MT6577自体はモデムは内蔵しているのかちょっと分からないですね。
    ただアジアでの販売を考えるとW-CDMA 2,100MHzと850MHzくらいは対応しそうですね。
    同時待ち受けがW-CDMA+W-CDMAかはチップセットの仕様だけでは分かりませんでした。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>