AT&TプリペイドAio Wirelessが、2013年9月中旬から全米で加入可能に


- Old Counter



AT&Tは、今年(2013年)5月から試験的にフロリダ数都市、ヒューストン、アトランタなどで開始していた「通話し放題」中心の同社「第2のプリペイド」サービス月極めプラン、Aio Wirelessを、2013年9月中旬から全米規模で展開することを、本日発表しました。
【Aio Wireless】Aio Wireless™ Available Soon for All U.S. Customers – 2013年8月29日

AT&Tは既にGoPhoneプリペイド携帯(SIM)サービスを展開していますが、GoPhoneとAioの違いは、
● GoPhoneはデータ通信の速度制限が無いこと(ただし、バイト数制限に達すると、追加料金を払わない限り、データ通信は停止する。)、
● Aioは全てのプランが通話し放題、
● Aioのデータ通信のピーク速度は、GoPhoneよりは抑えられている(3G/HSPA+通信で最高4Mbps、LTE通信で最高8Mbps)の代わりに、月の高速バイト数使用制限量以降も256Kbps以下の低速度で無制限に使い放題、
となっており、
▲ 電話し放題が重要で、かつ、低速度でも良いからデータ通信使い放題を望む人は、Aio
▲ 通話はあまり興味が無くて、データ通信のパーフォーマンス(速度)を望む人は、GoPhone
の選択が薦められます。

両プリペイド・ブランドの詳しいプラン比較は、
AT&TプリペイドAio WirelessがLTE接続を許可 – 2013年6月21日
を参照してください。

また、Aioにはタブレット用データ専用プランも提供されています。
● $15/30日 データ通信は250MBまで3G/HSPA+(最高速度4Mbps)またはLTE(最高速度8Mbps)、その後は2G速度に速度制限して使い放題。
 - 高速データ通信追加オプション:1GBごとに$10

Aio SIMは、Aioディーラー・ショップおよびオンラインで入手できます。

全米展開を記念して、2013年9月29日までにAio SIMをアクティベートすると、3ヶ月目の料金が無料になります。

リンク:Aio Wirelessホームページ(現在は、限定サービス地域のZIPコードの入力が必要。)
【Aio Wireless】トップページ